原付二種って何?一種とは何が違うの?免許は??

原付二種免許とは|原付一種との違い、運転できるバイク、取得方法も解説

単にバイクといってもさまざまな種類のものがあります。

そして、免許によって運転することができるバイクも異なります。

日本のバイク免許は、排気量によって分けられています。

中でも比較的気軽に乗ることができることで人気を集めているのが原付二種です。

とはいえ、原付二種とはどういったバイクなのか、そしてどんな免許が必要なのかわからないという方も多いでしょう。

そこで、今回は原付二種とはどういったバイクなのか、そしてどうやって免許を取得すればいいのかといった点についてご紹介します。

原付二種とは?

まずは原付二種とはどういったバイクのことを指すのかについてご紹介しましょう。

原付(原付一種)とはどう違う?

原付と言うと、原付一種のことをイメージする方が多いかもしれません。

原付一種とは50cc以下のバイクのことを指し、原チャリなどと呼ばれることもあります。

原付一種はサイズがコンパクトで気軽に乗ることができる一方で、時速30kmまでの速度制限などがあるというデメリットも少なくありません。

それに対して原付二種は51ccから125ccまでのバイクのことを指します。

125ccになると50ccの倍以上の排気量となりますので、それだけパワーもありますしスピードも出ます。

また、バイクの選択肢も多くなりますので人気です。

原付二種免許(小型限定普通二輪免許)で運転できるバイク

原付二種を運転するために必要な免許は小型限定普通二輪免許です。

こちらの免許では125ccまでのバイクを運転することができます。

いきなり排気量125ccのバイクと言われてもあまりピンと来ないという方も多いかもしれません。

125ccクラスのバイクは気軽に乗れて、適度なパワーもあることから人気が高く、多くのメーカーがさまざまなバイクをラインナップしています。

それだけに選択肢が多いのが魅力です。

もちろん、50ccと同様のスクーターなどもありますが、スポーティな走行を楽しむことのできるスポーツタイプや、ワイルドなアメリカンスタイルのモデルもあります。

パワーのみでなくデザイン面の選択肢も豊富になりますので、単なる移動手段として利用するのではなくバイクに乗ることを楽しみたいという方にもおすすめです。

原付二種バイクのメリット・デメリット

原付二種バイクのメリットはやはりコンパクトで軽量ながらある程度のパワーがあるので、快適な走行を楽しめるという点でしょう。

原付一種のように時速30kmまでといった速度制限もありませんし、二段階右折の必要もありません。

そのため、日常の足としてもより快適に利用することができるのです。

また、先ほども触れましたがバイクの選択肢が多くなるという点もメリットです。

バイク好きな方にとっては大きなポイントとなるでしょう。

また、125ccまでのバイクであれば車両重量税が非課税で、自賠責保険も原付一種と同じで安価なので維持費があまりかからないという点もメリットです。

さらに、詳しくは後述しますが短期間で免許を取得できるという点も原付二種の魅力となっています。

最短の場合2~3日程度でも免許の取得が可能なので、すぐに免許が欲しいという方にもおすすめです。

デメリットは高速道路の走行ができないという点です。

125ccでもある程度のスピードは出ますが高速道路には乗ることができませんので、長距離の移動の際には少し不便に感じられるかもしれません。

また、250~400ccクラスのバイクと比較するとパワー不足を感じてしまう可能性もあり、人によっては不満を感じてしまうことがあるようです。

原付二種免許はどうやって取得する?期間、費用は?

原付二種の特徴やメリット・デメリットを押さえたら、続いては免許取得の方法や費用などについてご紹介します。

これから原付二種の免許取得を考えている方は参考にしてみてください。

小型限定普通二輪免許とAT限定小型限定普通二輪免許

先ほどもご紹介しました通り、原付二種のバイクに乗るためには小型限定普通二輪免許が必要です。

この小型限定普通二輪免許にはAT限定もあります。原付二種にはスクーターなどのAT車も多いので、こちらにしか乗らないのであればAT限定でも問題ありません。

しかし、やはりMTの方がバイクの選択肢もかなり広くなるので、いろんなバイクに乗ってみたいという方はAT限定ではなく小型限定普通二輪免許がおすすめです。

ただ、AT限定の方が取得のための費用も安く、簡単であるというメリットもあります。

免許取得の方法

小型限定普通二輪免許は一発試験でも取得することが可能です。

しかし、バイクに乗った経験がないという方がいきなり一発試験で合格するのは至難の業です。

そのため、教習所に通うのが一般的です。

原付二種は人気が高いこともあって、小型限定普通二輪免許のプランを用意している教習所も多いので選択肢は豊富です。

免許取得までにかかる期間は?

免許取得までにかかる期間は通常3~5日程度です。

自動車免許は普通自動二輪と比較するとかなり短期間で取得することができます。

そのため、できるだけ早く免許が必要だという方も余裕を持って取得することができるでしょう。

自動車免許所持者なら最短2日で取得可能?

普通自動車免許などを所持している場合は、学科教習などが免除になるのでより短期間で取得が可能となっています。

現在では1日で受けることのできる教習時間が延長されたこともあって自動車免許所持者がAT小型限定二輪免許を取得する場合、最短なら2日で卒業できるようになりました。

そして、翌日には試験場で免許を取得することが可能です。

仕事などが忙しく、ゆっくりと教習所に通うことができないという方であっても小型限定自動二輪であれば比較的簡単に取得できます。

取得にかかる費用は?

小型限定自動二輪免許取得にかかる費用の相場は10万円前後となっています。

すでに普通自動車免許などを所持している場合は一部教習が免除になる分だけ安く、7万円前後が相場です。

ただ、費用は教習所によって異なっていますので、さまざまな教習所のプランを比較してみましょう。

教習所によっては自動車免許とのセットプランなどが用意されており、

よりお得な料金で免許の取得が可能となるケースもありますので、同時に他の免許の取得を考えている方はチェックしてみましょう。

その他にも学割などさまざまな割引が利用できる教習所も少なくないので、基本料金のみでなく、

割引なども確認しておくことによって小型限定自動二輪免許取得にかかる費用を抑えることができます。

維持費の面でも有利

原付二種は気軽に乗ることができるのみでなく、維持費などあらゆる面で多くのメリットがあります。

単なる移動手段として魅力的なのはもちろんですが、バイクにのる楽しさもしっかりと味わうことができます。

免許の取得も普通自動二輪などと比較すると簡単で、最短2日程度での取得も可能となっているので、バイクに乗ってみたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

原付二種に乗れるようになれば、行動範囲も大きく変化します。

毎日の生活をより豊かで楽しいものにすることができるかもしれません。

おすすめの記事