ホンダがGMと協業…単独ではリスクが高い

単独ではリスクが高いと判断。ホンダもついに他社と「協業」決定

何かと話題のホンダだけど、なんと「協業」の表現がついに同社の辞書に載りました。

また、年内にはF1から徹底することは既に発表していますし、アメリカでは、新型シビックが大好評など、各方面で報道されています。

一匹狼のイメージが強い

絶対協業しないとずっと宣言してきたホンダが、ついにアライアンスを検討していると耳にしても、驚きはありませんでした。

むしろ時間の問題というのが大方の見方だったからです。

三部敏宏社長は7月20日に「電動化を加速する」と言って、他社との協業を積極的に考えていることを明らかにしていました。

従来のホンダは、自前主義が強かったのですが、「ホンダ単独で進めるというのはリスクが高いと思っている」との考えを示したのです。

国内外の多くのカーメーカーが、既に電気自動車(EV)を発売しているにもかかわらず、ホンダは2020年にやっと「ホンダe」という自社初のEVを出しました。

同社が電動化の道を真剣に歩むのであれば、「他社と協業しなければ、自社だけでは開発や生産の能力が足りない」と、多くのメディアが伝えていたのです。

三部氏は今年4月に、2040年までに先進国で販売する全てのクルマを、EVか水素を燃料とする燃料電池車(FCV)などのゼロエミッション車とする方針を発表しました。

ホンダは昨年、米ゼネラル・モーターズ(GM)と戦略提携を明らかにしています。

今年4月にはGMが開発したEVプラットフォームをベースに、ホンダ向けの2台のEV車を共同開発するとの具体策も公表していました。

GMとの具体的な関係はこれから

GMとの今後の関係について三部氏は、現在は「もう少し範囲を広げて包括的に話をしている最中」だとし、パワーユニットやプラットフォームも含めて一緒になってうまくいくものがあればという観点から「聖域なくすべての領域で話を進めている」と述べ低mあす。

実は、F1から徹底すると数ヶ月前に発表した理由も、電動化に真剣に進まなければならない現実から来ているそう。

連勝を記録し、久しぶりにドライバーとマニュファクチュラーズの両ランキングの首位を保持しているF1レース。

エンジン技術を得意としてきたホンダですが、連勝できる優れたエンジンを開発してきたエンジニアたちは健在で、電動車のパワーユニットでも「競争力は十分にある」と報道されています。

欧州連合(EU)が14日に公表した政策提言では、2035年までに内燃エンジン車の新車販売禁止が打ち出されました。

三部社長は「いずれそのような形になっていく」と想定していたとし、驚きはないと述べています。

米で高評価の新型シビック

しかし、ホンダとしては、ラインアップが電動化されるその年までは、ガソリン車やハイブリッド系の車両をできる限り出して成功させたいようです。

アメリカでは、登場したばかりの人気No1の乗用車「新型シビック」が、絶賛されています。

有力誌「カー&ドライバー」は、今年の夏に導入される新シビックは、期待していた以上に優れていると高く評しているのです。

「ライバル車よりも、走りは楽しいし、外観デザインや室内のスタイリングもドラマチックで格好いい」と評判は上々です。

NA(内燃エンジン)の2.0リッターを搭載するメインモデルは、トヨタ・カローラ、マツダ3、スバルXV、VWゴルフという有力ライバル車を抑え、テストコースで一番速いラップタイムを出しました。

オプションとして選べるスポーツ・サスペンションのおかげで、コーナリング性能もクラストップだと、カー&ドライバーは言っています。

また、180PSを叩き出すトップグレード仕様の1.5リッター・ターボも、セグメントでは最速だと同誌は伝えています。

もちろん、ハイブリッド仕様も用意されていますが、その走りや燃費もトップクラスだそう。

安全性もクラス一だし、アップル・カープレーやアンドロイド・オートが使えるコネクティビティも優秀だと同誌。

ホンダにとって、この新型シビックの登場はタイムリーといっていいでしょう。

というのも、2018年の32万台の販売台数に対して、2020年は26万台と、徐々にアピール度が縮小する傾向にあるので、この格好良くて、性能が優れている新シビックはホンダのラインアップにとって、最高の救いかもしれません。

日本では、新型シビックの登場は今年8月。

果たして母国ではその反応はどうでしょうか。

それよりも、多くのユーザーが気にしているのは、昨年までEV車もなかったホンダのラインアップがどう変わっていくかでしょう。

ネットの声

「走行用モーターで日立と合弁会社を作っているし、自前主義なんて昔の話。ホンダの良いところは切り替えが早いこと。社内の抵抗勢力をうまく抑えて、電動化がうまくいくことを期待したい。」

「市場を確保する為に、仕事をシェアするのは良い事だけれど、資本だけは受け入れてはいけない。日本の資本主義は、従業員を幸せにするものだが、欧米のそれは経営者・株主のみを幸せにするものだからだ。GMと組むなら最先端技術・特許の流出対策を、事前に十分にとる必要がある。」

「何年か前に四輪車じゃ無いけどヤマハと提携をしたことに時代を感じた。それに比べたら四輪車の提携は仕方がないと思う。各国が自国の会社を優遇するから単独ではリスクが大きい。個人的には日本生産は日本向けのライン以外はほぼ撤退すらあり得ると思うけど。」

おすすめの記事