Googleフォトに新しい編集機能が…一方で無料の容量無制限サービスは6月まで

Googleフォトの新編集機能が登場。よさそうだけど無料&容量無制限で使えるのは6月まで。

6月以降、15GB以上が有料になるGoogleのストレージに課金するか否か…。

悩めるストレージ難民のために、Googleはここぞとばかりに新しい機能を発表しました。

Googleのプロダクトブログ(英語)によると、Google Oneの契約ユーザー限定で、これまでPixelでしか利用できなかった写真編集機能が他のAndroid端末でも使えるようになります。

様々な編集機能が

新しい写真編集機能は、友人や家族のスナップ写真をより良く見せるためのポートレートぼかし機能やポートレートライト機能、特定の色を強調するカラーポップ機能や、特定の被写体を強調するぼかし機能が追加。

これらのエフェクトを自分で適用させることも、Google Photoの自動提案で適用させることも可能です。

新しいエフェクトは、(最新デバイスで利用できる)深度センサーが搭載されていない古いスマートフォンで撮った写真や、過去撮影した写真にも対応します。

機械学習を用いて、ワンタップで明るさやコントラスト、彩度などの様々な設定を自動調整する「ダイナミックサジェスチョン」というより高度な編集機能もサポート。

また、空の色を自動提案してくれる「スカイサジェスチョン」フィルター(上記の例)も追加、まるで「息を飲むような日の出と日の入り」を演出してくれます。

動画編集機能も

Googleフォトの動画編集機能も発表していて、こちらは無料のユーザー含むすべてのGoogle フォトユーザーが対象です。

トリミング、手ぶれ補正、回転、フィルターの追加等、30を超える設定やコントロールが新しく追加されました。

しかし2021年6月以降、Google フォトに15GB以上の写真がある人は、月額250円の100GBプラン以上を契約しないといけません。

15GBまでは無料だが

今後、Googleフォトは15GBまで無料で使えますが、そもそも5GBまでしか無料で使えないAppleのiCloudやMicrosoft OneDriveと比べるとすでに3倍の容量なので、実はそれでも太っ腹とも言えます。

つまり無料の範囲で、写真を移行したくても、メジャーなサービスどころでは他の選択肢が無いのが実情です(Amazonだったら、プライム会員なら容量無制限に保存できる「プライムフォト」があります)。

Google Oneは100GB/月額250円、200GB/月額380円、Microsoft OneDriveは100GB/月額224円で、Apple iCloudだと50GB/130円、200GB/400円で、競合とあまり大差ありません。

Googleフォトの無制限ストレージが、未来永劫に無料で誰でも使えるとは思ってはいませんでしたが、これを機に全人類はクラウド上の写真のデータとどう向き合うべきか、選択と決断を迫られるわけです。

ネットの声

「GoogleフォトもiPadやiPhoneで使用してるケースが多いと思うけどアップルは極力外だしさせない方針で自社のクラウドに上げさせようとしている。自前のネットワークHDDが自由に連携出来ると良いですね。Googleフォトは無料無制限が売りだったのにGoogleも有料化は残念」

「Googleフォトで写真みたりしてるけど、仕組みがさっぱりわからない。勝手になってるし。保存先は本体じゃなくてGoogleなの?」

「15GBまでだと今まで通りに無料ということでしょうか。」

6月以降でそこから15GBまでは無料ということですね。従来の画像データは影響しません。



おすすめの記事