令和の時代も時計はG-SHOCK…1~2万円台の人気モデルがオススメ!

G-SHOCK(ジーショック)はタフなうえにコスパも抜群!

1~2万円台のG-SHOCKを厳選してみました。

コスパに優れたG-SHOCK

タフネスウオッチの代表格として知られるG-SHOCK(ジーショック)には、多彩なバリエーションが展開されています。

実はそのすべてのモデルに共通するスペックとして、“耐衝撃性能”と“20気圧防水”の二つを備えていることをご存じでしょうか。

G-SHOCKは1万円台から購入できるモデルも豊富ですが、もちろんこれら手頃なモデルも例外ではありません。

カジュアルウオッチ市場を見渡してみても、1万円台という価格帯で、耐衝撃性能と20気圧防水性能を有している時計はなかなかありません。

それを考えると、G-SHOCKのコストパフォーマンスの高さには改めて驚かされます。

そこで、今回はタフなうえにコスパも抜群な、1~2万円台のお値打ちなG-SHOCKの人気モデルを厳選して紹介します。

GA-2100-1A1JF

八角形フォルムが特徴となったG-SHOCKの新定番。

デザインの秀逸さも必見なのですが、耐衝撃性能における最新型であるカーボンコアガード構造を採用している点に注目。

スペックの底上げが図られつつも、2万円台半ばというリーズナブルな価格を実現したいるのは特筆モノです。

タフネス性能はそのままに、現行G-SHOCKで最も薄い(11.8mm厚)というのも人気を集める理由となっています。

 

AW-591-2AJF

アルミベゼルを樹脂ケースで覆った特徴的な耐衝撃構造を採用するアナデジモデル。

デジタル感が強調された近未来的なフェイスデザインとなっています。

ワールドタイムやストップウオッチといった基本機能は押さえつつ1万円台を実現。

軽量で装着感も良好です。

 

DW-6900B-9

2020年で誕生25周年を迎えた6900系の元祖。

デビュー当時のデザインをそのまま継承し、25年経った現在も製造が続けられるロングセラーモデルです。

時計界における近年のレトロデザイン人気を受け、再注目を集めています。

1万円台前半というリーズナブルな価格は、驚くべきことに発売当時とほぼ変わっていません。

 

おすすめの記事