突如浮上した「グッとラック!」3月終了説…視聴率の問題か小林麻耶の呪い説も

TBS「グッとラック!」3月終了説…志らくに“MC失格”の烙印

立川志らく(57)がMCをつとめる「グッとラック!」(TBS系)が来年3月で終了することが極秘で決定したと発売中の「FLASH」が報じています。

同誌によると、「グッとラック!」は昨年9月のスタート以来、視聴率は低迷。今年9月にロンドンブーツの田村淳(46)をメインコメンテーターに据えてテコ入れするも回復の兆しは見えず、

小林麻耶(41)の降板騒動がトドメを刺したというのですが…。

TBS広報は沈黙

TBSに確認すると「制作過程についてはお答えしていません」(広報担当)との回答で、否定も肯定もせず…。

しかしながら、3月には志らくの妻と弟子の不倫が報じられ「私は妻のことを信じておりますので……離婚することも1億%ございません」と反論したものの、

舌鋒は鋭さに欠け、志らくの「母親がいないのは不幸」発言など、主婦層に反感を買う炎上も度々あったのです。

様々な問題が発覚

さらにリポーターの降板騒動や、スタッフのいじめで番組を降板したと小林麻耶に暴露されるなど、報じられるのは不協和音ばかりでした。

4月に元2ちゃんねる管理人のひろゆき(44)、10月にユーチューバーのフワちゃん(27)をコメンテーターに起用するなど、

田村以外にも異色のキャラクターを起用したものの視聴者からは迷走としか受け取られていないようです。

「失敗例の見本になってしまっている」

3月終了説について、同志社女子大学教授(メディア論)の影山貴彦氏がこう言っています。

「コメンテーターを新規発掘しようという意図は感じられるけれど、人気指標が数値化され、稟議が通りやすい“ネット人気”に頼ってしまう安易さも透けて見え、ネット人気とワイドショーの相性の悪さも証明し、ある意味、失敗例の見本になってしまっている。打ち切りが事実なら、志らくさんのタレント生命のためにもっと早くに決断してもよかったのではと思います。TBSとしては三顧の礼で迎え入れた志らくさんだけに番組の延命に必死でしょうが、良からぬレッテルが貼られる前に“なかったことにする”のも戦略のひとつ。今回、結果的に得したのは田村淳さんでは。急きょテコ入れに加わっただけに、相当のギャランティーも提示されたでしょうし、短期間の出演で番組のイメージもなく無傷で終えられる。今後情報番組のMCも視野に入れているとすれば、知的な印象を植え付けることもできた。次の準備になっていると思います」

新番組は昔の「はなまるマーケット」スタイルに戻るということです。

最終回、どうオチをつけるのでしょうか。

ネットの声

「100歩譲って昼間や夜ならなんとか耐えられるが、朝から見たくないし、しゃべり方もなんかイライラする。
さらにフワちゃんが決定的なダメ押し。なんでフワちゃんがもてはやされてるのか全くわからない。どの時間帯で見ても不快感しかない。Youtubeでおふざけするのは見たい人だけ見ればいいので勝手にすればいいと思うが、地上波で出すのは勘弁してほしい。」

「「グッとラック!」が始まってから良い評判は聞いたことがない。志らくさんも自分が談志師匠と勘違いしている所がそもそもの間違いだったと思う。」

「一度テレビで志らくの落語を見たが1度も笑わないうちに終わってしまったことがある。専門知識も実社会での実務経験も皆無で滑舌の悪い「貧乏神」のような風貌の冴えないその程度の技量の落語家に朝の帯番組の司会をさせること自体が最初から視聴率を諦めていたとしか思えない。TBSは何を意図していたのか。志らくは「MC失格」どころか「TV出演失格」だ。」

志らくだけではなく番組全体の問題かもしれません。小林麻耶の件は関係ないでしょう。

おすすめの記事