意外と知らない!ハイオク車にレギュラーガソリンを入れるとどうなるの?

ガソリン代を少しでも節約したいという人は多いのではないでしょうか。

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れたらどうなるのか…考えた事がある人も少なくはないはず。

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れると、いったいどうなるのでしょうか。

ハイオクとレギュラーの違いって?

そもそも、ハイオクとレギュラーは、何が違うのでしょうか。

ハイオクの正式な名称は「ハイオクタンガソリン」で、レギュラーガソリンに対してオクタン価の高いガソリンのこと。

オクタン価は、ガソリンのエンジン内での自己着火のしにくさ、つまりノッキングの起こりにくさを示す数値です。

オクタン価が高いほどノッキングが起こりにくいということになります。

ノッキングとは?

ノッキングは、ガソリンエンジンにおけるシリンダー内での「異常燃焼」のことです。

通常のガソリンエンジンは、シリンダー内の混合気をピストンで圧縮した所にスパークプラグで着火させ、爆発・燃焼を起こしてエネルギーを発生させます。

しかし何らかの原因でスパークプラグに電気が流れる前に燃焼してしまった場合、これは異常燃焼、これがすなわちノッキングです。

壊れる?壊れない?

実際にハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れると、壊れてしまうのでしょうか。

結論から言うと、動かなくなってしまったり、エンジンが壊れてしまうことはありません。

現代のほとんどの車には「ノッキングセンサー」と呼ばれるノッキングを防止する機能がエンジンに搭載されています。

エンジン内でノッキングが発生するとその周波数を捉えてECUに送り、スパークプラグの点火タイミングを遅らせてくれるというのが、簡単なノッキングセンサーの仕組みです。

それでも、レギュラーガソリンを入れることによって本来よりも低圧縮の状態で爆発してしまいます。

すると、十分なパワーを発揮できないことに加え、何度もレギュラーガソリンを給油しているとセンサー類に悪影響を及ぼす可能性があります。

やはり普通にハイオクを入れるに越したことはないでしょう。

輸入車の多くがハイオク仕様なのはどうして?

輸入車に比較的ハイオク仕様が多い理由は、スタンドで購入できるガソリンのオクタン価が国によって違うためです。

例えばヨーロッパで販売されているガソリンは3種類。

レギュラー、ミディアム、プレミアムという区分となっています。

ヨーロッパにおいてはオクタン価95のミディアムが基準となっているのに対し、日本のレギュラーのオクタン価89以上と差があるのです。

そのため、日本に輸入されると自動的にハイオク指定となるのです。

レギュラー仕様にハイオクを入れるとどうなる?

反対にレギュラー仕様の車にハイオクガソリンを入れるとどうでしょうか。

壊れることこそありませんが、あまり変化はありません。

ハイオクガソリンにはレギュラーガソリンよりも高性能のエンジン洗浄剤が添加されています。

そのため、エンジン内部のクリーニング効果が期待できます。

長い目で見れば効果があると言えるかもしれませんが、たまに入れるくらいでは、その効果を実感するのは難しいでしょう。

ハイオク車にはハイオク

仕組みがわかると、やはりハイオクを指定されている車には、ハイオクガソリンを入れるべきということがわかったと思います。

愛車の性能を長く維持するためにも、メーカーが指定する通りのガソリンを使用するのが安全と言えるでしょう。

ネットの声

「知っている方もいると思うが、車が軽だから軽油を入れたという実際にあった話。」

「車種によってレギュラーのマップしか持っていないもの、ハイオクのマップしか持ってないもの。両方のマップを持っているものがあります。指定されている燃料を入れた方が間違いはないと思います。」

「過去に車で通勤してた時、燃費がいいからと妻のパッソで通勤してみたけど、レギュラーで通勤した時、ハイオクで通勤した時の燃費を計算してみたらハイオクの方が良かった。単価が違うので、100円あたりどれぐらい走ったかで計算してたら、ハイオクの方が1割弱良かった。燃費も加速時の反応も良くて自分が給油する時にはハイオクを入れてた。走り方や経路によっても異なるとは思うが実体験からレギュラー車にハイオクは有りと思う。」

実体験としてハイオク車にレギュラーガソリン入れるとノッキングが激しくて乗るのも不安になりました。

おすすめの記事