唯一無二の女優…片桐はいりの人気の理由とは

片桐はいり58歳、人気の理由 世に出るきっかけは“ギャラ40万円”のCMだった

女優活動39年。

片桐はいり(58)初の主演連ドラ「東京放置食堂」(テレ東)が9月15日にスタートすることが決定。

裁判官を退官後、伊豆大島に渡り、居酒屋を手伝いながら人々と交流する人情ドラマです。

孤独のグルメに続けるか

「グルメネタと斬新なキャスティングでお馴染みのテレ東の深夜ドラマ。7月クールの『ひねくれ女のボッチ飯』も飯豊まりえがテレ東初主演。片桐も同作にコンビニ店員役で出演していたが、今回主演に“出世”した。グルメ要素がふんだんに盛り込まれる予定で、局には松重豊主演『孤独のグルメ』に続けとの期待もある」(放送記者)

世に出るきっかけは「ミスタードーナツ」のCM

映画好きの少女だった片桐は、成蹊大時代に劇団「ブリキの自発団」で女優活動を始めます。

舞台で注目を集めることもあったようですが、女優はあくまで思い出作り。

将来は映画会社への就職を志し、銀座の映画館でもぎりのアルバイトをしていました。

しかし21歳の時、意外な形で世に出るのです。

「当時はもたいまさこら、舞台役者をCMに起用することが流行していた。その流れで1984年、『ミスタードーナツ』のCMに片桐が抜擢。明石家さんまと2人で歌いながら店を訪れ、『期待してきたんですけど』と店員に迫る内容が話題を呼んだ」(芸能デスク)

ギャラは40万円。

これをきっかけに映画「刑事物語5」やドラマなど脇役の仕事が舞い込むようになった片桐、「実は下積みゼロ」と述懐しています。

94年には劇団を辞め、独立しました。

出れば確実に爪痕を残す脇役職人

「一人芝居『ベンチャーズの夜』で2年半かけ全国を回った。『子どもの頃から見た目では苦労した』と語る片桐だが、これで自信をつけたという」(同前)

女優としては、その個性的な風貌が武器となりました。

2013年の朝ドラ「あまちゃん」(NHK)の“あんべちゃん”に象徴されるように、“怪演女優”とも評されるその演技も相まって、出れば確実に爪痕を残す脇役職人となったのです。

「視聴者に強い印象を与えるという点でCMにも向いており、シードコンタクトレンズ、ミツカンなど『そういえばあった、あった!』と思い出させるCMをいくつも持つ。30分出っぱなしの連ドラ主演となればまた話は別だが、徹頭徹尾片桐の個性を際立たせる作りに振り切れば、意外なヒット作になる可能性がある」(ドラマ制作関係者)

私生活では独身の片桐。

前出の芸能デスクがその印象を語ります。

「インタビューでの喋りは明晰で、エッセイもうまい。初めて会った人は“怪演女優”のイメージとのギャップに驚く」

主演ドラマでは“快演女優”が見られるかもしれません。

ネットの声

「たまたま昨日、初めて「片桐はいり4倍速」を観ました!すごく面白かった!!「かもめ食堂」や「すいか」などでも存在感があります。「笑っていいとも!」の遅刻さえも、彼女の作品のように感じさせてしまう、はいりさん。新作ドラマ、楽しみにしています!」

「今でも暇があれは映画館の受付をしている程の映画好きな片桐さん。頑張ってください。」

「仕事が休みの日に偶然見た、Eテレの『時々迷々』。小学生向けの番組のはずなのに、すごくハマってしまい、とうとうワンシーズン録画した記憶があります。あの時から、はいりさんの名前があるドラマを、何となくチェックするようになってしまいました。はいりさん、大好きです。」



おすすめの記事