「はじめしゃちょー」も「へずまりゅう」の被害に遭っていた!?

迷惑系ユーチューバーからコロナ拡散?はじめしゃちょーも危なかった!

愛知県岡崎市のスーパーで会計前の刺身を食べたとして窃盗容疑で逮捕され、その後コロナ感染が確認された“迷惑系ユーチューバー”「へずまりゅう」。

そのへずまりゅうと接触履歴のあった2人が、新たに感染していることがわかりました。

山口県で感染者

口県は17日、3人の感染者を発表。

うち男女2人が「へずまりゅう」と接触していたということです。

県によると、男性は10日にへずまと会食。

女性はその夜に知人と会食中、へずまと思しき男が同じテーブルに座ってきたとのことです。

この蛮行に村岡嗣政知事も

「マスクを着けずに多くの人と接触を繰り返していたようだ。何てことをしてくれたんだという思い」

と憤懣やるかたない様子でした。

はじめしゃちょーも被害に

この迷惑系ユーチューバーには、トップユーチューバーの「はじめしゃちょー」も苦しめられていたというのです。

7月15日に自身のYouTubeチャンネルを更新。

執拗な張り込みの被害があったことを告白しています。

はじめしゃちょーは「へずまりゅうと迷惑行為について。」と題した動画をアップ。

「へずまりゅうというユーチューバーがいらっしゃいまして、ていうかユーチューバーかどうか分かんないんですけど」

と切り出したのです。

なんでも、はじめしゃちょーの自宅が割り出されて突撃され、深夜23時に自宅付近で無理やり動画を撮影されたこともあったということです。

また、大声で近所を叫び回り、付近のコンビニでの待ち伏せや張り込みの行為はおよそ1週間ほど続いたとし、

「鬱になるほどのストレス」だったと告白。

へずまりゅうも動画をアップ

へずまりゅうが自身のツイッター上ではじめしゃちょーへの突撃動画をアップしたのは6月28日のこと。

それから2週間以上経過した今になって、はじめしゃちょーが迷惑被害に言及したのは、

彼の売名行為を助ける形になってしまうのを防ぐ為だと説明しました。

最後に、はじめしゃちょーは今後、彼のスタイルを真似して知名度を高めようとするユーチューバーが現れないよう、

「絶対にやってはいけないことです」

と視聴者へ向けて注意喚起しています。

こうした状況から、はじめしゃちょーにもコロナの心配が一部ファンから寄せられています。

へずまからの至近距離の突撃取材の時期は6月28日以前のこと。

少しでもタイミングがズレていれば、感染被害に遭っていた可能性も十分に考えられたのです。

ネットの声

「想像以上の迷惑者。というか人としておかしい。事前連絡なしのドッキリとかだったとしても、深夜に大声でありえない」

「こういう奴見ないから知らなかったけど、これが本当なら今のうちにみんなで訴訟していいんじゃない?それなりに名があるYouTuberに乗っかってたんだろうから、迷惑行為もそうだし、肖像権的な部分でも訴えられるはず。というか、それなりにYouTuberとして成功収めてる人たちの責任として、と言うと大袈裟かもだけど自分達で自分達の庭を守るためにも、変な優しさとかじゃなくてきっちりと示してあげるべき。」

「何よりYouTube側の運営が甘過ぎる。何でもありの動画は即刻退場にするべき?YouTuberのよりひとの様に仲間じゃないと言いつつ擁護する人がいる限り、居なくはならない。よりひともコロナ感染も大丈夫なのか…」

楽しくて有意義なちゃんねるも多いのですが、それ以上にくだらないユーチューバーが多すぎますね。

山口県連呼で山口県民がかわいそうになりました。

おすすめの記事