OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都市が、2015年に市営の住吉山墓地(右京区御室)で「無縁墓」を撤去した際、使用者がいる1区画を誤って撤去したことが10日、分かりました。

撤去から4年以上たった昨年8月、使用者の滋賀県在住の70代の女性から「7、8年ぶりに墓参りに行ったら更地になっていた」と市に連絡があったというのです。

市は約60万円かけて新たな墓を建てることで賠償するそうです。

利用者がわからないお墓は撤去

京都市は、市内に8カ所ある市営墓地で、使用者が分からず、放置された墓を無縁墓として定期的に撤去しています。

直近では15年に210区画を撤去したということです。

無縁墓は、使用者の氏名や区画番号が記載された台帳や地図、墓の現状などを確かめて抽出しています。

女性は、当然管理料を支払っていました。

市は誤認の理由について「平成初期に地図を作り替えた際に、女性の墓とは違う墓の区画番号を記載してしまった可能性がある」と説明しています。

市は万が一、使用者がいた場合に備えて、墓地埋葬法に基づき、官報に公告したり、現地に立て札を掲示したりして使用者に名乗り出るよう告知しています。

しかし、女性は体調不良で何年も墓参りしておらず、気づいていなかったというのです。

市は撤去後も墓石の主要部分や遺骨は保管していたということですが、女性は先祖代々の墓が突如姿を消したことにショックを受けています。

15年の撤去時、京都市は別の男性の墓も誤って撤去したことが16年に判明しています。

市医務衛生課は「大変申し訳ない。今後は同様の事態が起こらないようにしたい」とし、紙の台帳や地図を来年度にデータ化する方針ということです。

お墓の種類ってどんなのがある?

現在は時代と共にお墓のありかたも変わってきています。

今回のお墓撤去の件もありますが、お墓の管理は年々難しくなっているのが実情のようですよ。

一般墓

最も多いお墓の形式は一般墓と言われるものです。

墓石を建てて代々引き継いでいくタイプのもので、跡継ぎがいてかつ近くに住んでいれば、後代で新たにお墓を買う必要がありません。

購入時の費用相場としては150-200万程度です。土地代も含まれるのでけっこうかかりますね。

一回の出資としては高額になりますが、合祀墓などとは異なり、人数を多く納骨すればするほどコストパフォーマンスは良くなります。

永代供養墓

永代供養墓とは、遺族の代わりに墓地管理者であるお寺が供養をしてくれるお墓です。

お墓の供養やお世話を委託できるので、跡継ぎが不要です。

永代供養墓には、合祀墓、納骨堂、樹木葬などがあります。

合祀墓

他の遺骨と一緒くたに埋葬されるお墓です。

石塔のようなものの下や、墓石でできた小屋のようなものの中に遺骨を入れていきます。

費用は安価に抑えることができ、相場は5-30万円/1人程度です。

納骨堂

お墓というと地面の上に墓石を置いたものが思い浮かびますが、そうではないものもあります。

納骨堂はその1つで、寺院の敷地内あるいは全く別の場所に建てられます。

遺骨を納めることだけを目的にした建設物のことです。

納骨の形式は、建物の壁やパテーションを棚にしてそこに骨壺を納める棚式や、棚ではなく扉のついたロッカーのようなところに納骨するロッカー式などがあります。

他にお参りしない場合は、遺骨は奥の倉庫の納められていて、お参りの際に機械で奥からお参りスペースまで遺骨を運んでくる機械式などがあります。

樹木葬

もう1つの墓石を持たない埋葬方法は「樹木葬」です。

樹木葬は市区町村の許可を得た墓地内に1本のシンボルツリーを植え、その周囲に遺骨を埋葬する方法です。

市区町村に許可を得た場所と言っても、一般の霊園と変わらない場所である場合も、自然の環境がそのまま残っている里山の場合もあります。

さらには埋葬方法も、遺骨をそのまま土葬するものと、骨壺のまま埋葬する方法があります。

散骨

一定数の人が選んでいるのが散骨です。

無宗教の人に多いとのことですが、それとは関係なく散骨を選ぶ人も少なくありません。

一般的に船をチャーターして海に散骨することが多いようです。

ネットの反応

「うちでも墓をどうするか検討中です。しかしこんな酷いことをされるとなると、つくらない方向で検討かな。子供たちがずっと墓参りをしてくれるかもわからない時代ですし。」

「勝手に墓じまいかぁ?まぁ此れから中々墓参りも難しくなるし、次の世代が次いでくれるのかな?考えないといけない時期に来てるのは確かですね。市役所は仕事をきちんとしてください。」

「さすが、お役所仕事!7~8年間体調不良でお墓参りに行けず、体調復活してお墓参りに行ったら更地でしょう。墓地所有者はビックリですよ。市役所も間違いに気付かないで何の確認もしないのはおかしいでしょう。最低でも墓地所有者に連絡すべきだったのでは…。遺骨の一部が残っているらしいですが、今後二度と起きてはいけないことだと思います。」

墓じまいをする人も少なくないご時世ですが…この人にとっては先祖代々の墓ですから墓石立てて弁償というのも失礼ですよね。

おすすめの記事