“ハッカ油”でスーッと快適に…暑いけど手放せいないマスクを快適にする方法 “注意点”も

暑い中マスクするのは大変ですが、新型コロナウイルスが終息するまでは、まだまだマスクが手放せない生活が続きますよ。

ハッカ油を活用しよう

夏のマスクを少しでも快適にしてくれるのが「ハッカ油」です。

いわゆる「ミント」ですね。これをマスクにひと吹きすることで、快適になるそうですよ。

これからの季節は快適グッズ

現在、マスクの快適グッズとしてドラッグストアに並んでいます。

製薬会社によると、原液では少し刺激が強すぎるので水で薄めて「マスクの外側」にスプレーしてくださいとしています。

スーッとした匂いがなくなると効果がなくなった合図ですが、1日に何度吹きかけても大丈夫。

これでも弱いと感じる人は、原液を1滴垂らして使用してもOKです。

マスクの外側の顎のあたりに吹きかけるのがおすすめです。

注意点も

ただ大事な注意点があります。

第一にあくまで爽快感を感じることができるだけで、「熱中症対策」ではないこと…。

人によっては肌が荒れてしまうこともあるので、異常を感じたらすぐにやめましょう。

また手作りのマスクを使っている人も多いと思います。

生地によってはシミができたり、変色の原因になることもあるそうです。

正しい使い方で、暑い夏を少しでも快適に過ごしていきましょう。

ネットの声

「確かに爽快感を感じるのと熱がこもるのは別。返って、爽快感が熱射病の症状を感じにくくするとしたら、頼りすぎは危険。あくまでもマスクをつける時の不快感を軽減する方法の1つ、として捉える事が重要。」

「100?のスプレー容器にハッカ油もしくはペパーミントの精油数滴とほんの少しのエタノール、精製水は容器のかたまで、爽快スプレーが出来ます。」

「仕事中に眠くなったら(笑)目覚まし代わりにひと吹きしている。量が多いと目が痛くなって涙が止まらなくなるので注意。マスクの臭いをごまかしたり、鼻やのどの通りをよくするためにも使う。」

冷涼感を得ることはできるのですが、万能ではなく熱中症を和らげることはできないということですね。

おすすめの記事