バイクのライディングの基本は平常心で走ること。長時間乗って疲れなければそれが自分にとって最適なライディングポジション。少しくらい癖があってもかまわない

ライディングポジションの基本

ライディングポジションは、すべての操作がストレスなくでき、長時間ライディングしても疲れなければ、少しくらい癖があってもかまわない。

ただし、極端な前乗りや後ろ乗りはバイクのバランスから考えて改善するほうが望ましい。峠道でGPライダーなどを真似て、無理な姿勢で乗っているバイク乗りがいるが、ポジションを真似ても速く走れるわけではない。

グリップの握り方に関しても同じことが言える。クラッチ/ブレーキ・レバーにどの指をかけるかが議論されたりするが、(こうでなければならない)という決まりはない。

肝心なのは、無理なくリラックスした状態が持続でき、円滑な操作ができることだ。熟練者は、親指と人差し指でループを付くってグリップを握り、他の指をクラッチ/ブレーキ・レバーにかけることが多い。

BMWのグリップはこの握り方に適した形状になっている。

もちろん、スタンダードというわけではないが、余裕のあるライディングに適している握り方と言える。

人差し指と中指をクラッチ/ブレーキ・レバーにかけて、他の指でグリップを握るのもアリだ。

こちらのほうが好みだという人も少なくない。

信号の多い市街地(クラッチ操作が多くなる)で左手が疲れたら薬指を加えたらいい。

加速について

教習所でも教わったように加速はアクセルを吹かせば誰にでもできる。

しかし、ブレーキングは難しい。難しい技術にこそライディングの神髄がある。

ブレーキングについていろいろ書いてみる。

一般道ではフロントブレーキはあまり使わないほうがいい7割から8割の比重でリアブレーキを多用する
これは、バイクの挙動を小さくするコツでもあるのだけど、リスクを少なくするためでもある。

もちろん、ワインディングロードではフロントブレーキを使う。しかし、ブレーキングの順番はリアブレーキが先で、次にフロントブレーキをかける

GPライダーを真似ているのか、フロントブレーキしか使わないというバイク乗りもいるようだ。
しかし、やはりそれはリスキーなライディングといえる。レースだから許される走り方であって、サーキットでのテクニックを一般道にまで持ち込むのは、GPマシンで一般道を走ろうとするのと同じで、愚の骨頂と言える。

そして、テクニックのあるバイク乗りが必ずしも安全だとは限らない。
知識ばかりで頭でっかちになるのも困りものなのだ。そういうバイク乗りが多すぎる。

ここで言っておきたいのは、バイクライディングとは、経験と精神と知識の複合ということだ。改めて言うまでもなく経験は本人が積むしかない。

知識は人から受け売りをすることができる。

ライディングテクニックを解説した本はたくさんある。中には、峠を攻める走り屋のためにかかれたものもある。

そういった類いの本ばかりだといったほうが正しいかもしれない「これ一冊でライディングのすべてがわかる」と謳ってはばからないものもある。

人間は競争好き

人間はよっぽど競争好きにできている。

この投稿をInstagramで見る

北海道 礼文島 礼文島の丘 ・ #北海道キャンプツーリング ・ 8/9 ・ ・ 🔸今日の礼文島は、強風でしたが、3日ぶりにまあまあ晴れました😃 🔸澄海岬に行く途中の丘です🍀 🔸この丘に、礼文島縦断8時間コースの入口があります🌿 🔸かつて歩いた道を懐かしく思い出しました😌 ・ ・ ・ #北海道キャンプツーリング2019 #北海道ツーリング #北海道キャンプ #北海道が好きだ #バイクが好きだ #バイクのある風景 #バイクのある景色 #バイクのある人生 #バイクのある生活 #礼文島#礼文島の丘#8時間コース #ハーレーダビッドソン #ハーレーファットボーイ #ソフテイルファットボーイ #ソフテイル#ファットボーイ #harleydavidson#harleyfatboy #softailfatboy#softail#fatboy #flstf

Asahiさん(@asasinasahi)がシェアした投稿 -

義務教育からはじまって(あるいはそれ以前から)、会社勤めから定年で終えるまで、競争原理に基づいた社会で生きることを強いられる。バイクにまでそれを持ち込まなくてもいいと思っても、やはり前に人がいれば抜きたくなる。

明らかに大きな差があればあきらめもつくのだが、ちょっとがんばればなんとかなりそうだと思ったら、がんばってしまうのだ。

もっとも、人よりも大きなバイクに乗ったところで、あるいは人よりもほんのわずか速く走ったところで、競争に勝ったことにはならない。

スピードを出すなと言っているわけではない。一般道を人よりも速く走ったくらいのことで優越感に浸るのは、よっぽどのおっちょこちょいと言える。

バイクは人からいとも簡単に理性を奪うような性質を持っている。決してスピード狂ではないのに、スピード違反でつかまってしまう。スピードを出さないように…というのはバイクに乗っていると無理かもしれない。

抑えるには理性しかない。

それを若者に求めるのは無理だろう。

しかし、いくつかの(多くの)経験をした30代を過ぎたバイク乗りが無茶をするのはいただけない。

日常のメンテナンス

極上のライディングをするためにはバイクのメンテナンスが欠かせない。バイクのエンジンをかける前にやっておきたいことがいくつかある。

現在のバイクはメンテナンスフリーといってもいいくらい手間いらずといえる。さほど手間をかけなくても何ら支障はきたさないだろう。

しかし、次のことにはチェックしておきたい。

タイヤのエアはマメにチェックする。

空気は抜けていくものだ。特に冬はエア圧が下がるので要注意。したがって、エアゲージは必需品だ。
エアゲージはトヨタ純正品が安く、狂いを生じないのでお勧めだ。

タイヤの減り具合にも注意しよう。

中央部分が先に減るわけだが、それによってタイヤ全体が変形するのでミゾが残っていても早めに交換したほうがいい。昨今のタイヤはグリップ性能がいい。そのため、高価なタイヤの必要は必ずしもない。安いグレードのタイヤで十分だ。

交換時期の目安は8,000キロ、1万キロだと長距離ツーリングは控えたほうがいい。

エンジンにはフレッシュなオイルを十分にこれを守っていればエンジンを壊す心配はない

そして、チェーンオイルを軽視しないようにしよう。マメな注油は必須だ。

以上のことは、普通のバイク乗りでも実行できる。

もちろんオイル交換はバイク屋にまかせよう。ヘッドライトも光軸の関係があるのでそうしたほうがいい。

半分の力で流す

バイクは自立できない…だから転倒することもある。立ちコケは論外として…それでもけっこう起こる

ライディングの基本として、転倒は自分の力量以上の走りをしようとしたときに起こる。そのため、ライディングの際は50%の力で流すのがいい。

本当の力はいざというときにとっておくのだ。

おすすめの記事