花田優一が、7月17日公開の自身のYouTubeチャンネルで「YouTubeやめます!!!」と宣言。

いったい何が起こった?

YouTubeやってたの??

YouTubeに向いてない??

花田は「そもそもYouTubeでラジオをするのが正しいのかという話になってきて」と明かし、

「僕はYouTubeという媒体に向いていないんじゃないか」と告白。

音楽好きの花田ですが、YouTubeのラジオでは自由に音楽を流せず、

「もしかしたらポッドキャストは著作権の部分でもちょっと緩和できるんじゃないか」

と、ポッドキャストへの移行を考えているというのです。

自身の音楽遍歴を

その話から花田は自身の音楽遍歴を語りだしたのです。

父の元貴乃花親方が、自宅で360枚CDが入るラジカセで音楽を流しながら体を鍛えていたそうで、

J-POPだけでなく、マイケル・ジャクソンなどの洋楽のほかジャズ、フラメンコなどを聞いていたというのです。

それを一緒に聞いてきた花田は「音楽に揉まれて生きてきた」と回想。

靴職人としてイタリアで修業していた時期は

「自分の金で生活するために、どれだけ早く見習いという期間を終えるか考えて『友達はいらない』と思っていた」そうです。

そのため、不安にもなったそうですが「ふと頼ったのは曲でした」と音楽に励まされたことを語っていました。

すでにユーチューバーだった!?

花田は2019年11月1日にYouTubeをスタートして、ほぼ週1ペースで更新。

5月15日には『大ッ嫌いな親父へ』と題して、

「世間では父と仲が悪いとかそんなこと言われたりもするんだけど、そうじゃなくて。僕はとにかく憧れだったんですよ。世界一の憧れ」

と敬意を語ったのです。

その回は過去最高の1万回近い視聴を記録。

ほかに、靴制作の様子などを公開してきたのですが、チャンネル登録者は652人(7月22日時点)となっています。

YouTubeをやめると宣言した花田。

今後はどんな方向に進んでいくのだろうか…。

ネットの声

「靴もTVも止めてとりあえずフリーターで世間を知る事かな。
さっきスタンドでガソリン入れてきたが、汗だくで車拭いてたアルバイトの彼の方がずっと立派に見えたよ。」

「メディアに露出できるのは君の才能じゃない。お父さんが凄かったから。ただそれだけだ。」

「久しぶりに、この人記事を見た。YouTubeやめますの前にYouTubeをやってることを知らなかった。
「どれだけ早く見習い期間を終えるか考えていた」って書いてあるけど職人さんて見習いでも厳しい修行をしながら良い物を作ろうとか一人前になるなる為に必死で努力するものなんじゃないのかな、だから腕のある職人さんは仕事があるんだと思う。
すくなくとも自分は、こうゆう考えの職人に仕事を頼みたいとは思わない。
まずテレビにでたりYouTubeをやったりする前に誰にも文句を言わせないぐらいの靴職人になるべきでは。。
この状態で職人を語るのは本物の職人さんに失礼だと思う。」

久しぶりの話題でしたが、ある程度の知名度があるのに、登録者が600人程度というところにこの人の人気度がわかります。

おすすめの記事