共演者のエマ・ワトソンの初恋のお相手で、「ハリー・ポッター」シリーズで、カッコいいドラコ・マルフォイ役を演じたトム・フェルトン(32)。

その変わり果てた姿が話題となっていたのですが、ついにインスタグラムで自虐写真を…

それが悲しすぎると話題になっているのです。

ハリポタのその後

長期に渡る大作シリーズの出演後は、役どころのイメージが強すぎて役者で成功していくのは至難の業と言われています。

10年間続いた同シリーズで主役を演じたダニエル・ラドクリフやルパート・グリント“脱ハリポタ”が難しいまま8年の月日が経過しているのです。

テレビシリーズや映画にも出演しているものの、俳優としても歌手としてもいま一つのトム・フェルトンもその1人といっていいでしょう。

さらにトムの場合はクールなイケメンぶりが人気でした。

そのため、著しい外見の変化には驚きと悲しみの声があがっていたほどなのです。

そんな人々の声を逆手に取ってか、530万人のフォロワーを誇る自身のインスタグラムについに…

「Agings a bitch」(年を取ったクソ野郎)というキャプション付きでトムが投稿したのです。


額に飾られたドラコの写真を前に写るトム・フェルトン。

後退した生え際をまるでケアせずにヘアを後ろにまとめ、白地にグレーの水玉のTシャツの上から同じような魔法使いのマントを着が自身の姿なのです。

これについて1日で120万件以上のいいね!がクリックされています。

「そんなことないよ!」
「トムはいまだってクール」
「十分素敵」

といった励ましのコメントが寄せられています。

その一方で、

「自虐がシャレになってない」
「時は残酷」
「こんなに変わっちゃうなんて悲しすぎる」
「一世を風靡した者の末路なの?」

といった残念な声も寄せられています。

エマの初恋の相手

トムといえば、エマの初恋の相手でした。

8月にはパジャマ姿でエマがトムからギターのレッスンを受けている写真も投稿しています。

交際説が流れてファンを喜ばせたのですが、単なる友達だった様子。

エマは先日インタビューで、“セルフ・パートナー(あえて独り身)”を主張しています。

「恋人はいるの?」「結婚したい?」などといったような、答えたくない質問を牽制したものですが、謎の男性とキスをしているところをパパラッチされています。

その恋の行方に注目が集まっているのです。

トムの投稿で盛り上がった!?

トムの「ファンサービス」は大ウケでした。

米俳優ギャレット・ディラハント

「ちょっと待って……それ君なのぉ!?」

と驚き、

英ポップロックバンド「マクフライ」のトム・フレッチャー

「僕にとって君はずっと美しいよ」

と優しいコメントを残すなど、反応はさまざまなのです。

しかし、全員共通してフェルトンの身体を張った投稿を評価していますよ。

さらにこの投稿を盛り上げたのが、同シリーズでネビル・ロングボトム役を演じたマシュー・ルイスのコメントです。

「お前、一緒にするなよ!」

と俺は違うんだとばかりに反論しているのです。

ネビルといえば作中では心優しいけれど臆病で、マルフォイからあざけりの対象となっていたキャラクターでした。

マシューは年齢を重ねるにつれてたくましくなっています。

今ではムッキムキのイケメンに変貌

シリーズは2001年から2011年まで公開され、現在はトム32歳マシュー30歳となっています。

もともとの役柄がずいぶん違うだけに時の洗礼を受けたマルフォイと恩恵を受けたネビルといった雰囲気になってしまっています。

もちろんこれは、作中とは違い現実で仲良しの2人だからできることですね。

シリーズ終了後も同作の共演者としばしば合い、交流を続けているトム。

特にマシューとは仲がいいようで、以前にはトムがマシューの肩に腕を回しながらスリザリンのマークが入った上着のようなものを押し付けるという2ショットが投稿されていました。

不本意な2ショットとでもいうように「感情がゼロ」の目でトムを見るマシューは

「お前のスリザリンをどけろよ、いまいましい猿め」

と強烈なコメントを添えています。

やはりファンを大いに楽しませたこの投稿、こんな演出も仲が良くなければとてもできませんよね。

ネットの反応

「「オフィーリア」や「復活」などのトム・フェルトンは演技力バッチリなのに出番が少なくて不満!いい俳優さんになってるよ。ハリポタの大ファン!ってことはないけれどキャストの皆さんはめっちゃいい俳優・女優ばかり。」

「マルフォイは、役だとわかっていても、性格悪くて嫌いだった。それもあって、今の方がいいんじゃないかな?」

「将来ハゲるなとは思ったし年齢より老けてるけどカッコイイんじゃない?」

美少女や美少年がそのまま美形にならないのはよくあることです。ホームアローンのマコーレー・カルキンなんかひどいってものではなかったですから…。

おすすめの記事