ハリポタ原作者のツイートに非難殺到、主演俳優ラドクリフさんも反論

大ヒット小説「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングさんが、トランスジェンダー嫌悪とも受け取られかねないツイッターへの投稿をめぐって非難の的になっています。

これに対して映画で主役を演じた俳優のダニエル・ラドクリフ(30)が8日、LGBTQ支援団体のブログにファンを気遣うコメントを寄せました。

過去にも反発を招く

ローリングさんは過去にもソーシャルメディアでの発言をめぐってファンの反発を招いたことがあります。

今回物議をかもしたのは、6日に投稿したツイートでした。

「『月経がある人』。確か昔はそういう人たちのための言葉があったはず」
「誰か助けて。ウンベン? ウィンパンド? ウーマッド?」

このコメントは、「ウーマン」や「ウィミン」という単語を使う代わりに「月経がある人」とした表現をあげつらったと思われます。

間もなくローリングさんの名はツイッターのトレンドに浮上。

トランスジェンダー嫌悪とみなしてローリングさんを非難する声が相次いだのです。

ラドクリフが寄稿

この発言を受け、ソーシャルメディアの公式アカウントを持たないラドクリフは、LGBTQの若者の自殺を防ぐ活動を展開している非営利団体「トレバー・プロジェクト」のブログに寄稿しました。

この中でラドクリフは、

「トランスジェンダーの女性は女性」と強調し、「それに反する発言はどんなものであれ、トランスジェンダーの人々のアイデンティティーと尊厳を消し去る。この問題に関してジョー(ローリングさん)や私よりもずっと詳しい専門家のアドバイスにも反している」

と指摘しています。

ローリングさんは謝罪のコメントは発表していないものの、6日のその後のツイートで自身の先の発言について弁明する持論を展開しています。

「もしも性別がリアルでないのなら、同性にひかれることはない」「もし性別がリアルでないのなら、世界の女性たちの生きた現実が消し去られる。私はトランスジェンダーの人を知っているし愛しているが、性別の概念を消し去れば、多くの人たちが自分の人生について意味のある論議をする能力も奪われる。真実を語ることは憎しみではない」

ハリポタファンに向けて

ラドクリフの寄稿では、ハリー・ポッターのファンに向けて

「同書に関する自分の体験が汚されたり損なわれたりしたと感じている皆さんへ」と語りかけ、「あの発言が苦痛を生じさせたことを心から残念に思う」
「あの物語の中であなたが大切にしていたものを、完全に失っていないことを願う」

としています。

ハリー・ポッターの映画でチョウ・チャン役を演じた女優のケイティ・リューングさんもツイッターにコメントを投稿。

黒人のトランスジェンダーの人々を支援する団体への募金サイトにリンクを張っています。

ローリングさんのツイッターは1450万人がフォローしています。

ハリー・ポッターの物語にも寛容なメッセージが込められていました。

しかしここ数年は、そのメッセージに反するような投稿が繰り返され、ファンを失望させているのです。

ネットの声

「この問題は難しい。自身の性別が生物学的なものと違うと感じている人もいますし、自分と同性を好きになることもありますからね。まあ、別に理解ありますよ!って発言する必要もないとは思いますが、理解できないんだからねって発言するのはより必要ないと思いますね。実害があったとかでもない限りは。」

「こういう問題は、結局心の問題なんだから、受け入れられるかどうかだって個人個人決めさせろよって思う。「私の心は体の性別と違うの!」って主張があれば、「私はそういう人たちとは関わりたくない」て意見だって尊重してくれ。お互いに意見を尊重して反発する考え方の人とは距離を取ればいいだけ、ことさら踏み込んでくる人は、どちら側の主張の人であれ鬱陶しいだけだ。」

「「性別がリアルでないのなら」云々、何が言いたいのか自分には理解できなかったけど、クリエイティブな人でも他人の性別がどうこうとか拘るんだなと思った。嫌いな人に好かれるのは不快だし嫌悪するかも知れないけどそれは性別関係無いし、好感を持っている人に好かれるのは応えられるかどうかは別として嬉しい。」

世界的に有名な人は批判もワールドワイド…日本とは桁が違うのかもしれません。

おすすめの記事