橋下徹氏…コメンテーター卒業…橋下→松井→吉村Lラインができてる??

橋下徹氏 コメンテーター卒業示唆「しゃべり尽くしてもうネタがない」松井氏へ世代交代?

元大阪府知事、大阪市長で弁護士の橋下徹氏(51)が7日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)に生出演。

将来のコメンテーター“卒業”を示唆しました。

大坂の松井市長が政界引退を表明

番組では大阪都構想が否決され、大阪市の松井一郎市長(56)が任期満了の23年での政界引退を表明。

大阪府の吉村洋文知事(45)は、任期満了後の進退について明言していません。

そのような中、番組が行った街頭インタビューで、「松井さんが辞めてコメンターターになったら、橋下さんの仕事が減るんちゃいます?」という声が上がったというのです。

橋下氏も引退??

それを聞いた橋下氏は「2人セットで出るので大丈夫です」とジョークを飛ばしつつ、

「僕は終わりになると思います」と、近い将来にコメンテーターの座を退く意向を明かしたのです。

「維新(大阪維新の会)というのは世代交代だから、

僕の後(の府政)は松井さん、吉村さんになり、コメンテーターになるのも僕の後は松井さん、吉村さんになると思う」と語ったのです。

橋下氏の発言は、自身の大阪府知事、大阪市長時代の経験がベースになっている部分も多いといっていいでしょう。

「知事、市長をやってた時の話をしゃべり尽くして、もうネタがないんですよ。松井さんはいっぱい持ってるから、松井さんと吉村さんに代わっていくと思います」と話していました。

吉村氏がさらに上を行く?

すると、元衆院議員でタレントの東国原英夫(63)は「松井さんはコメンテーターとして全然成立すると思う。市長もやった。府議会議員もやった。府知事もやった」とコメントしました。

一方で、「でも吉村さんはそれ以上よ。国会議員もやってる、府知事もやってる、市長もやってる、弁護士もやる、イケメンである」とアピールポイントを列挙。

「松井さんは橋下さんじゃなくて、吉村さんがライバルになると思う」と、コメンテーターの座をめぐる争いの勃発を予想したのです。

東国原の推測に、橋下氏は「それで松井さんは、吉村さんに『辞めるな、辞めるな』と、『もっと知事やれと(言っている)?』」と笑っていました。

ネットの声

「松井氏と吉村氏が去った大阪は、一体どんな大阪になるのでしょうね。
維新の政策を否定した大阪市民が選んだ事だから、どんな未来になっても後悔はしないで欲しいけど。」

「松井氏は政治家やめたらただの大阪のおっさんの飲み屋のダベりになりそうですけどね。
それはそれで面白いかもしれないけど。」

「橋下さんはTVに出るより講演会が1番美味しいことを知っている。つまり、TVは松井さんに任せてコロナ騒動が収束すれば
自分は講演会を優先して稼げばいいと思っただけ。頭の良い人は、常に前を向いて切り替える頭がある。
橋下さんにとってアンチが考えて守ろうとする領域などちっぽけなものかもしれない。」

橋下さんくらいになれば何をしても稼げるでしょう。

おすすめの記事