ヘルシーライスクッカー…糖質ダイエットの最強の味方になるかも!

糖質カットしながら最大1.5合炊き!ダイエット用炊飯器にちょうどいいね

糖質制限ダイエットにも

ここ数年ブームを巻き起こしている“糖質制限ダイエット”。

糖質の多い炭水化物などの摂取量を制限することで、血糖値の上昇を緩やかにし、体に負担をかけずダイエットできるというもの。

ですが主食ともいえる白米を我慢しなくてはいけないのは、なかなかつらいもの。

コンパクトでスタイリッシュな家電を展開するブランド・recolte(レコルト)から登場した「ヘルシーライスクッカー」(1万5400円)は、ご飯の糖質を最大1/3カットしてくれる、糖質制限ダイエットの救世主ともいえる炊飯器。

糖質をカットしながらも、ふっくらおいしくごはんを炊き上げてくれる優れモノなんです。

糖質カットの工夫

おいしく糖質カットできるその秘密は、“糖質受け皿”と“ザル釜”にあります。

炊飯時に出る糖質を含んだ水を、糖質受け皿と内釜の上下でキャッチ。

お米に糖質が再び吸収されるのを防ぎながら、おいしく炊飯します。

もちろん、糖質をカットしない通常炊飯も可能。

壺のようなくびれ形状の内釜がお米をしっかり対流させ、釜の底の熱を全体に伝えるため、ご飯をふっくらと炊き上げられます。

糖質カットご飯なら1.5合まで、通常のご飯なら3.5合まで炊飯可能。

白米以外や蒸し料理・煮込み料理にも

また、白米のほかに、お赤飯や炊き込みご飯、玄米やおかゆなどもおいしく炊けるだけでなく、蒸し料理や煮込み料理もほったからかしで調理できます。

“蒸し料理モード”を使えば、豚バラのブロック肉は余分な脂を落としながら、しっとりやわらかく調理可能。

煮物は具材に味をしみ込ませながらも煮崩れさせず、お店のような仕上がりに!

付属のレシピブックを参考にすれば、バラエティに富んだ27品が簡単に作れるようになりますよ。

炊飯器といえば生活感を醸し出しがちなイメージがあるものの、無駄のないシンプルなデザインで、キッチンの景観を乱さないのもうれしいポイント。

コンパクトサイズなので、ひとり暮らしの住まいでも場所を取りません。

糖質制限ダイエット中の人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事