ヒーターとストーブはどっちを使ってる?電気代や燃料費も気になるよね

冬になると暖房が欠かせない。暖房器具にはエアコンやヒーター、ストーブなどの種類がありますが、ヒーターとストーブの違いは何かご存じでしょうか。

またヒーターとストーブには複数の種類があり、使うのに適した場所やかかる電気代が異なります。

ここではヒーターとストーブの違いをはじめ、それぞれの特徴や電気代を探りながら、燃費のいい暖房器具はどれかご紹介します。

1. ヒーターとストーブの違いとは?

ヒーターとストーブは同じ置き型の暖房器具として混同されやすいのですが、実は別物です。

その違いは暖める方法に関係しているのです。

ヒーターは温風や放熱で暖める

ヒーターは、温風を送ったり熱を放出したりすることで間接的に暖める器具を指します。

たとえば温風で暖めるファンヒーター、オイルの熱で暖めるオイルヒーター、ハロゲンランプから放出される赤外線によって暖めるハロゲンヒーターなどがあります。

ファンヒーターは温風を出すため部屋を全体的に暖められるのですが、

ハロゲンヒーターは周囲をじんわり暖めるのに適し、部屋全体を暖かくするのには向きません。

ストーブは燃料を燃やした熱で暖める

一方ストーブは石油やガスといった燃料を燃やし、その熱で直接的に暖める器具を指しますす。

たとえば石油ストーブは灯油を燃焼させて炎を出し、その熱でまわりを暖める仕組みです。

ヒーターとストーブには上記のような違いがあるとはいえ、ヒーターのことをストーブと称する場合もあるなど、混同されるケースも少なくありません。

たとえば、いわゆる「電気ストーブ」は電気を使っており、燃料を燃やしていないのです。

そのためストーブと呼ばれながら、厳密にはヒーターの一種といえます。

2. コスパがいいのはどれ?ヒーターやストーブの電気代や燃費とは?

暖房を使うと電気代が高くなるとお悩みの人も多いでしょう。

ヒーターやストーブにもさまざまな種類があり、それによって電気代や燃費が異なってくるのです。

ここでは、コスパがいい暖房器具はどのタイプかご紹介します。

10畳用以下のヒーターやストーブを例に、1時間にかかる電気代を比較していきます。

しかし消費電力は機種によって大きく異なるうえ、とくにガスを使う器具はお使いのガスのタイプによっても電気代が変わります。

そのためあくまで目安として考えましょう。

ヒーターの電気代目安

  • セラミックファンヒーター......1時間あたり約27円
  • ガスファンヒーター......1時間あたり約11円(ガス代含む)
  • オイルヒーター......1時間あたり約32円
  • ハロゲンヒーター......1時間あたり約27円
  • カーボンヒーター......1時間あたり約21円
  • ストーブの灯油代・ガス代目安
  • 石油ストーブ......1時間あたり約18円
  • ガスストーブ......1時間あたり約40円

コスパがいい暖房器具は?

電気代と燃料代が安くて部屋を効率的に暖められるのは、ガスファンヒーターでしょう。

また燃料代が安く、部屋全体を効率よく暖めてくれる石油ストーブもおすすめです。

3. 暖房に欠かせないヒーターやストーブのおすすめ3選

コスパがいいと紹介したガスファンヒーターと石油ストーブ、そして速暖性に優れたセラミックファンヒーターから、おすすめの暖房器具を1台ずつピックアップします。

リンナイ「A-styleシリーズ」

部屋をすばやく暖める機能や、特定の場所のみを効率的に暖める機能付きのガスファンヒーター。

空気を浄化するプラズマクラスターも搭載しています。

 

コロナ「ポータブル石油ストーブ SXシリーズ」

ポータブルかつ電源不要で使える石油ストーブ。

強力な遠赤外線を放出することでパワフルに暖めます。

気になる灯油のにおいを抑えてくれる消臭機能付き。

 

シャープ「プラズマクラスター電気暖房機 HX-L120」

加湿もできるセラミックファンヒーター。

部屋を暖めるだけでなく湿度も上げることで、体感温度を上昇させてくれます。

設定温度が低くても暖かく感じやすく、エコな運転が可能。

 

ヒーターやストーブをはじめ、エアコンやホットカーペット、こたつなど冬に役立つ暖房器具は多種多様です。

それぞれシーンによって向き・不向きがあるため、どういった使い方をしたいかを念頭に置き、ご家庭に合った暖房器具を使いましょう。

おすすめの記事