ヘルメットは燃えるゴミ?燃えないゴミ?自治体によって対応が変わるよ!

ヘルメットの捨て方は自治体で異なる場合があります。豆知識とともに解説。

ヘルメットには正しい捨て方があることをご存知でしょうか。

自治体で異なるケースを解説するとともに、リサイクルに関する豆知識なども紹介します。

うっかりルール違反を犯してしまわないよう、ヘルメットの正しい捨て方について知っておきましょう。

1. ヘルメットの捨て方気にしたことはある?

ヘルメットの捨て方はどれが正しいか、気になったことはないでしょうか。

普段は意識しなくてもいざ不要になったら、そのままゴミとして出してよいのか…。

粗大ゴミなどの手続きが必要なのか迷うかもしれません。

よい機会なので、ヘルメットの捨て方について考えてみましょう。

ヘルメットの捨て方とは?

不要になったヘルメットの処分を検討している人は、捨て方について正しく把握しておくことが大切です。

キレイな状態のヘルメットだったり、価値の高いヘルメットだったりしたときは、フリマアプリで売却するといった方法もあります。

しかし、古くなったり破損したりしてヘルメットとしての機能を十分に果たせないときは、捨てるという人がほとんどでしょう。

その場合、自治体のゴミとして出す方法と、バイク用品店で引き取ってもらうなどの方法があります。

状態がよければ、バイク用品販売店でも無料引き取りではなく買い取ってもらえる可能性もあるのです。

注意したいのは、自治体のゴミとして出すケース…。

2. ヘルメットの捨て方は自治体によって異なる場合も

ヘルメットとひと口に言っても、サイズや素材もいろいろ。

捨て方も自治体によって異なるため、正しい方法を事前に確認しておくことが大切です。

とくに引っ越してきた人などは、以前住んでいた自治体と異なる可能性があります。

ルール違反をしないように、必ず調べておきましょう。

以下、自治体による違いを紹介します。

千葉県千葉市

千葉市ではヘルメットを収集していません。

市で適切な処理ができないというのがその理由。

したがって千葉市におけるヘルメットの正しい捨て方は、購入店や各メーカー、あるいは千葉市が許可した処理業者などへ依頼することになります。

うっかり可燃ゴミや不燃ゴミなどに出さないように気をつけましょう。

東京都品川区

品川区におけるヘルメットの捨て方は「可燃ゴミ」が正解。

ただし材質により収集方法が異なると付記されています。

念のため事前に確認しておくと安心です。

東京都練馬区

練馬区では半キャップは「不燃ゴミ」、フルフェイスは「粗大ゴミ(有料)」という捨て方になっています。

粗大ゴミは申込制なので、処分を決めたら早めに問い合せましょう。

神奈川県川崎市

川崎市におけるヘルメットの捨て方は「普通ゴミ」となっています。

普通ゴミとは空き缶・ペットボトル・空きびん・使用済み乾電池・ミックスペーパー・プラスチック製容器包装・小物金属・粗大ゴミ以外のゴミを指します。

なお川崎市では、ゴミ分別アプリを配信しているので迷ったときはアプリを活用するとよいでしょう。

神奈川県横浜市

横浜市では、ヘルメットおよびヘルメット用カバー、シールドなどすべて「可燃ゴミ」に分類されています。

ただし、カバーが布製だった場合は可燃ゴミではなく「古布」になるので注意が必要です。

京都府京都市

京都市ではヘルメットは「大型ゴミ(有料)」に分類されています。

手数料については、京都市のホームページに掲載されているので確認しましょう。

なお、大型ゴミを砕いたり分解したりして可燃ゴミなどに出すといった捨て方はNGです。

3. ヘルメットの捨て方とあわせて知っておきたい豆知識

以上のようにヘルメットには正しい捨て方があり、かつ自治体によって捨て方が異なる場合があります。

ヘルメットに関するちょっとした豆知識を紹介。

寿命は3年が目安

安全基準などにもよるのですが、たとえばSGマークが付いているヘルメットの場合、寿命は3年とされています。

見た目は劣化していなくても、ヘルメットとしての機能をしっかり果たせない可能性があるのです。

3年を過ぎたら買い換えを検討しましょう。

実はリサイクルできる

捨て方について説明しましたが、実はヘルメットはリサイクルできるのをご存知でしょうか。

ただ処分するのではなく、リサイクルに出すことで環境保護に貢献できる可能性があるのです。

なおリサイクルについては「一般社団法人 日本ヘルメット工業会」が取り組んでいます。

直接依頼するというよりは、同団体に登録している販売店などにリサイクルをしたいと申し出て引き取ってもらう方法となります。

処分の方法もさまざま

ヘルメットは自治体ごとに捨て方が異なります。

事前に自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

ついつい長く使ってしまうヘルメットですが、ヘルメットにも寿命があることを認識しておくことが大切。

古くなったヘルメットは安全上のリスクがあるため、買い換えやリサイクルに出すことも検討しましょう。

おすすめの記事