ヘンリー&メーガン…プライベートジェット利用で批判も…

ヘンリー王子夫妻 プライベートジェット利用で猛批判 「これは偽善」と王室作家

米ニューヨークを訪問し、久しぶりに対面で公の場に登場したヘンリー王子とメーガン妃。

米同時多発テロ跡地や国連本部への訪問、ライブ出演といった活動は、大ニュースとなって世界を駆けめぐりました。

しかし、新型コロナウイルスワクチンの公平分配や環境保全を訴えておきながら、カリフォルニアへの帰路はまたも問題のプライベートジェットを利用。

以前も批判を受けただけに、今回も複数の英メディアから強い非難が巻き起こっています。

これは偽善

まずは英大衆紙「ザ・サン」。

「エコ戦士の偽善者ハリー&メーガン」という強烈な見出しで、プライベートジェットから降り立った2人が同行スタッフと抱き合う写真を掲載。

さらに王室作家のペニー・ジュナー氏による強烈な批判も添えています。

ジュナー氏は「これは偽善です。(ニューヨークとロサンゼルス間には)一般のフライトが山ほどあります」と語り、単刀直入に2人のプライベートジェット利用を非難したのです。

スーパースター気取り

さらに

「なぜ彼ら(ヘンリー王子とメーガン妃)がスーパースターを気取らなくてはならないのか、理解できません。ハリー(ヘンリー王子の愛称)の父親も兄も一般のフライトを利用することで知られています。これは自分たちがこれまで大量に発してきた環境保全のメッセージに背くこと。自ら墓穴を掘るのと同じ行為です」

と続けて、2人のダブルスタンダードを単純明快に非難しました。

2人の偽善にワクチンが必要

またメーガン妃の天敵ピアーズ・モーガン氏は英大衆紙「デイリー・メール」にコラムを寄稿。

出演したライブイベントでロックスターのように観客を煽り、新型コロナウイルスワクチンの公平分配を訴えた王子夫妻に対し、「2人の偽善に対するワクチンが必要だ」と強烈な皮肉でプライベートジェットの利用をやめない夫妻を非難したのです。

さらに同紙は、11月に王子が再びニューヨークを訪問する予定だと報じる別記事で「きっとまたプライベートジェットをチャーターするに違いない」とチクリ。

こちらもまた強烈に王子夫妻の偽善を皮肉っています。

ネットの声

「セキュリティの都合上、プライベートジェットを使わざるを得ない背景は理解できるんだけど、ならばエコを訴えるべきではなかった。えらそうに啓蒙しながら、あなた方二人で一般人何百人分の環境負荷を出してんだって話にしかならないんだから。」

「コロナが怖い?でも一般人も同じだよ。自分達は王族だからセレブだから、一般人より生きる価値が高い?そう思っているからPJに乗るんだろ。もしかして無償提供?ホテルは一泊120万だったよね。自分達は価値ある人間、そう思ってるくせにワクチン接種の格差解消?二人がそらを主張するために、ニューヨークでは交通規制が行われ、大気は汚された。結局その格差に甘んじてる。」

「そもそもNYに行く必要があったのか、という話。
ネットフリックスのネタ探しの為に行ったんでしょうが、結局お呼びじゃないというか、場違いというか・・・こういう風に必要性のないところでいちいちPJ使うから益々嫌われるのに学ばないねー。」



おすすめの記事