メーガン妃とヘンリー王子 今後の振る舞いで「サセックス」の爵位を失う可能性も…英紙が報じています。

3月末日で王室の公務から退くメーガン妃とヘンリー王子。

引退後は「ロイヤル」の名称を商標で使うことを禁止されたことを受け「サセックス・ロイヤル」という言葉を使わない意向を夫妻はサイトで発表しました。

エリザベス女王に不満も

声明文の中で「王室と英政府に『ロイヤル』という言葉を海外で使用するのを禁止する権限はない」と、エリザベス女王への不満とも取れる主張をしたことで物議を醸しています。

ついには今後の展開によっては「サセックス公爵」と「公爵夫人」という爵位も失うのではとの声も挙がっているのです。

メーガン妃は先日、王室から「無意味で軽薄すぎる」と止められていた動画を自身の公式SNSで公開したと現地メディアで報じられたこともあったのです。

大衆紙の予言

英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が報じたところによると、「トーク・ラジオ」(TalkRADIO)の司会者マイク・グラハム氏が、メーガン妃とヘンリー王子に警鐘を鳴らしているということです。

グラハム氏は先日、エリザベス女王が「ロイヤル」を商標で使用禁止する決断をしたとの一報が伝えられた際に「メーガン妃は、きっと女王に対して暴言を吐くに違いない」と討論会でコメントしたことでも知られています。

その“予言”通りなのか、メーガン妃とヘンリー王子は「ロイヤル」の商標での使用を断念したものの「王室と英政府に『ロイヤル』という言葉を海外で使用するのを禁止する権限はない」と、女王への不満とも取れる文言をサイトで表明しました。

そのような成り行きに、グラハム氏は「夫妻は今後さらに商業的な活動を広げていく可能性がある」と不安視しています。

そして、「今後の2人の展開によっては爵位も失う危険性もある」と警鐘を鳴らしたというのです。

爵位剥奪も

記事によると、王室の伝記作家のイングリッド・シュワード氏は「ヘンリー王子は今も“王子”でサセックス公爵だ」と話したというのです。

しかし、グラハム氏は「メーガン妃がさらに商業的な活動を広げたら、ヘンリー王子もコマーシャルな存在になる」と反論しました。

先日、日本円にして5500万円とも1億1000万円とも言われる報酬で、金融大手「JPモルガン・チェース」のパーティーでスピーチを行ったことは波紋を呼びました。

王子であること、公爵であることを利用して稼いでいるという批判も噴出したのです。

今後、このような経済活動を広げ、個人的に大金を稼ぎまくれば“公爵”という爵位はふさわしくないという議論も英国で活発になるのは必然といえるでしょう。

カウントダウンが始まった

3月末日での“王室引退”に伴い、最後の公務のために英国へ帰国したヘンリー王子。

スコットランドの首都エディンバラで開かれる「環境保全のための旅行」をテーマにした会合に出席するために当地入りしました。

英大衆紙「ザ・サン」が掲載した写真を見ると、エディンバラ・ウェイヴァリー駅に登場したヘンリー王子は野球帽をかぶり、グレーのポロシャツに黒いダウンジャケットを重ねたジーンズ姿というカジュアルな装い。

しかし気になるのはその表情。

長旅の疲れもあるのだろうが、うつろな表情でまったく生気がないように見えたのです。

一晩ゆっくりと休んで、翌日の公務には笑顔も見せてくれるのでしょうが、“王室引退”が正式に決まり「ロイヤル」の使用も禁止された直後の帰国で気分もやや落ち込んでいる様子。

メンタルヘルスの問題を自ら打ち明けているヘンリー王子なだけに、その辺りは少々心配です。

しかし「サン」紙は、そんなヘンリー王子でも今回の帰国で「メーガン妃とともに英メディアの注目を一身に集めるのは間違いなし」と断言します。

来週は、キャサリン妃とウイリアム王子のアイルランド訪問も予定されているのですが、王室筋は、何かとお騒がせの弟夫婦がスポットライトを浴びてしまい「ケンブリッジ公爵(ウイリアム王子)夫妻のアイルランド訪問が話題にならないことが心配だ」と語っています。

何はともあれ、“王室引退”のカウントダウンが始まり、来月のメーガン妃とヘンリー王子の最後の公務に世界の注目が集まることはもはや避けられないのかもしれません。

ネットの反応

「ここまで来たら何をしても叩かれるだろうけど、同じ離脱するにしても順を踏んで、余計な恨み辛みのような発言をしなければまだマシだったと思う。普通なら、まだ王室の人間なわけだから2人揃って帰ってくれば良いものを一人で帰らせてる時点で、メーガンの思うままに操られてる気がする。キャサリン妃も叩かれたけど今は高評価。メーガンは王室に似合わない品位だし、覚悟もなかったんでしょうね。」

「まぁあれだけ色々あればニコニコとは出来ないでしょうね。嫁は「行かない!」とごねたのかもしれないし‥
でもイギリスに帰って来て自分達がどう思われているかわかるだろうから目が覚めて生き生きするかもね。」

「ただの三流女優でいればまだ良かったものを、とんだ醜態と人間性を世界中にさらけ出した嫁を選んだ王子。人種や肌の色で嫌われてるんじゃない、人としてって部分ですよ。王子もきっと同類なんでしょうね。キャサリン妃には憧れる。メーガンは引き立て役にすらなれなかった」

ひょっとしたら先々は単なる『ヘンリー夫妻』になるのかもしれませんね。実際にヘンリー王子も「ハリーと呼んで」とインタビューで応えています。

おすすめの記事