逮捕された迷惑系ユーチューバー「へずまりゅう」。

これまでどんな動画を投稿していた?

「へずまりゅう」名で活動しているユーチューバーが、動画撮影に絡み窃盗の疑いで逮捕されました。

複数のメディアが報じています。

以前から過激な動画を投稿し続けている「迷惑系ユーチューバー」として知られた人物。

どんな動画を投稿していたのでしょうか。

会計前の「魚の切り身」を店内で食べる動画

愛知県警は2020年7月11日。

このユーチューバーが5月、愛知県内のスーパーマーケットで魚の切り身を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕しました。

共同通信などの報道によると、会計前の魚の切り身を店内で食べるという動画をアップロード。

動画を発見した店の関係者が県警に相談したということです。

すでに削除済みですが、同一のものとみられる動画が他の投稿者により転載されています。

それを見ると、容疑者は切り身の入ったパックを店内で開封。

切り身を食べて空となった容器をそのままレジに持っていき、「すいません食べてしまいました、腹減ってて」と店員に話しながら会計を行っていたのです。


※本人のチャンネルではありません。元は削除済みです。

この動画に対しては、コメント欄やツイッターで

「やって良いことと悪いことの区別もつかないのか」
「迷惑系なんぞまかり通るわけがないだろ」

といった批判が寄せられていました。

他の投稿動画でも迷惑行為を繰り返し、物議を醸してきたのです。

6月1日には、人気ユーチューバーの「シバター」さんやその妻子とみられる人物の映像を「シバターの嫁と娘を大公開」として公開(その後削除)。妻子の姿の公開の許可は得ていない模様で、動画の中では「シバター」さんと口論になる様子も映っていた。

首里城公園のボードに落書き

また、6月25日には沖縄県の首里城公園に設置されたメッセージボードに落書きを行う動画をツイッターに投稿。

ボードには、焼失した首里城正殿の復興に向けての応援メッセ―ジが寄せられています。

こうした寄せ書きの上から落書きをしたのです。


※本人のチャンネルではありません。元は削除済みです。

立花孝志の応援演説も

一方で、「迷惑系」動画以外での登場の場面もありました。

6月29日には東京都知事選挙(7月5日投開票)の候補者だった立花孝志氏(NHKから国民を守る党党首・ホリエモン新党代表)の応援演説を行っているのです。

選挙カーに登壇すると自身について、これまでに数回アカウント停止処分を受けたことがあるなどと述べ、

「(立花氏は)こういう人でもここに立たせてくれる人なんすよ!まじやべえ」と話していました。

朝倉未来と対戦も…

ネットの声

「また逮捕。沖縄県の首里城の寄せ書きに落書きした件などたくさんの余罪があるので懲役刑を食らって娑婆に戻ってこないでほしいです。あと、へずまの取り巻きもみんな逮捕されたらいいと思います。」

「逮捕されたから何やらかしたかと思ったら想像以上にしょうもなかった。迷惑ユーチューバーなのに嫌われるの嫌でいい奴アピールするような小物なんてこんなもんか。だっせーな」

「朝倉未来との対戦は根性あるなと思ったけど、朝倉のほうも明らかに手加減してるからね。」

こんなはちゃめちゃなことしてお咎めなしだったら、これ以上変なことするユーチューバーが出てきますからね。

YouTubeの品位を落とすようなことはしてもらいたくないです。

おすすめの記事