池谷幸雄氏、「どちらが好き?」質問に「僕は、お相手の方を愛してますって言いました」

東出の沈黙には「相手の事と奥さんの事と…」

22日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」では、女優の唐田えりかとの不倫を発端に、妻で女優の杏と別居中と報じられた俳優の東出昌大。

17日、都内でドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」(豊島圭介監督、20日公開)の公開直前トークイベントに出席し、一連の騒動について謝罪したことを報じました。

どっちが好きか

東出はこのほど杏と対面したことを明かしました。

自らの過ちを改めてざんげしたといいます。

夫婦間の今後については明言しなかったのですが、東出は時間をかけて関係修復を目指していくとみられます。

東出は「このたびの件におきまして、最も謝罪しなければいけないのは、妻に対してだと思っております」と無数のフラッシュを浴びながら7秒間頭を下げました。

報道陣からは

「離婚か?復縁か?」
「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」

など核心を突いた質問が飛んだのですが、いずれも深く沈黙したのち

「私の心の内を話し、それを妻がテレビを見て(知る)ということは必ず傷つけてしまう。お答えできません」

と具体的な言及は避けたのです。

番組冒頭の東京五輪特集を解説した1992年バルセロナ五輪の体操で銀メダルを獲得した池谷幸雄氏は、出番を終えた後もスタジオの隅でなぜか待機…。

池谷の場合

その後、東出の不倫騒動の話題になると、MCで「爆笑問題」の田中裕二から

「池谷くん、以前さ、奥さんとどっちが好きかって同じ様な状況で聞かれてたよね?」

と突然、質問が飛んだのです。

1997年に不倫が報じられた池谷氏は

「あれ? そのタメに残されてました!?」

と苦笑すると、当時の質問に

「僕は、お相手の方を愛してますって言いました」

と返答し、スタジオは騒然。

理由について

「なぜかというと、もう離婚をするって心の中で決めてたんです。離婚する状態の中で、先に週刊誌に撮られてしまったわけですね」

と説明したのです。

東出が沈黙した事については

「いろんな事を考えたんだと思う。相手の事と奥さんの事と。奥さんと別れるって事が決まってもいないし、自分の中で、たぶん」

と語ったのです。

さんまからは

17日の会見で東出は妻の杏が好きか、唐田えりかが好きかと質問され、「妻を傷つけることになるので申し上げられません」と応えるまで12秒の沈黙。

池谷は「いろいろなことを考えています。奥さんと別れることが自分の中でまだ決まってもいないし」と推測しました。

「僕はお相手を愛していますと言いました。さんまさんに会って、ばかだな、おまえ、と言われました。なぜかというと離婚すると心の中で決めていた。離婚する状態で週刊誌に撮られてしまったので」。

心境の違いで発する言葉が異なると述べたのです。

さらに「会見してから別れるまでに1年半かかってます。そういうことになるんで」と振り返っていました。

ネットの声

「そういう人もいる。不倫の本気度がそのくらい高ければ正直に答えるだろうけど、東出は何がしたいのか分からない、唐田と遊ぶだけ遊んどいて家庭を修復したいとか、私には理解できないけどね。」

「失うものがない人はそれでいいと思う。東出は仕事を失いたくないからそれは言えないんだと思う。」

「経済的なことを考えたら離婚はしたくないが、気持ちは浮気相手にあるでしょうね。今回が離婚しなくても、この人ならまた浮気するよ。」

本音を言いたいが、それをすると全てを失ってしまう…。逡巡が目に見えてました。そうでなくても全てを失いそうですけどね。

おすすめの記事