東野がプペルを観た感想…「ずっと説教されてるような」

東野幸治 映画館で観た「えんとつ町のプペル」感想は…「ずっと説教されてるような感じだった」

お笑いタレントの東野幸治が2月7日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演。

映画「えんとつ町のプペル」の感想をめぐって、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣とのやりとりを明かす場面がありました。

本音の部分をYouTubeで

「プペル」を映画館で観たという東野は「フィクションなんですけど、主人公が夢を追いかけたり、星空を見たいっていうのが西野にしか見えないというか。スタッフロールまで誰も立たない感じで」と称賛。

そして、この番組収録後に西野とのYouTubeの撮影があることを明かし「たぶん、映画の感想が腑に落ちんかったんかなと…」と本音の部分を赤裸々に語り始めたのです。

なお、そのときの対談は2月3日に東野のYouTubeチャンネルにアップロードされている。

西野信者が怖い

東野は

「(映画館では)コロナ禍やからマスクはもちろんするけど、西野信者にバレたら『出ていけ、夢のないヤツは!』とか言われそうやから、とにかく隠れて見ていてね。ずっと説教されてるような感じだったんですよ『夢持たないヤツはダメ』とか『お前はアカン!』って言われてるような気がして。そういう風な感想を言ったら、エラい本人が怒って」

とニヤリ。

スタッフロールに感動

「ちゃんとお金払って、見に行ってるわけですから。一番感動したのがスタッフロールって言ったら、それも怒ってましたけどね」と笑わせた。

ネットの声

「「感動させよう」と誘導させる感じが強い展開の映画でした。自然な流れで結果として「感動する」というのがベストなことなのに・・東野さんも感じてたような「説教臭い」部分を感じ取って「うさん臭い」と思う人と・・・そういう部分を人生を迷える信者の人たちは「自分を導いてくれている」とありがたく感じるかの差はあるかと・・」

「要点つくコメントするね。こういうの強制されるというか、そうじゃないと駄目だみたいな雰囲気の世の中、疲れるなぁ。あと、この映画見たタモリさんのコメント聞きたくなった。同じようなこと言うんじゃない?」

「yahoo映画で星5つけてる人が他にどんな映画をレビューしてるか確認してみて下さい。ほとんどの人はプペルしかレビューしてません。星の分布も5か1かに偏ってます。幸福の科学の映画の分布と同じ型です。」

東野らしい容赦のないコメントでした。



おすすめの記事