紐なしマスクまで登場!?使う場面を聞いたら納得

ついに紐なしマスクが登場! 使うシチュエーションを聞いて納得。

2020年6月現在、新型コロナウイルス感染症の事態収束が見えません。

外出する時はマスクを持ち歩くのが定着しています。

外出先でマスクを取る場所

しかし、外出先でもマスクを取らざるを得ない場所もあります。

その1つが、美容室(理容室、ヘアサロン)です。

一部の店では、マスクをしたままでも構わないとする店舗もあります。

しかし、髪を洗う時にマスクの紐が濡れてしまったり、

耳周りを切る時にはさみが紐に引っかかったり、

施術がしにくいようです。

そこで、耳にかけないで着用できる『salone de mask(サロン・で・マスク)』が開発されました。

かなりの反響が上がっています。

紐の代わりに、皮膚にやさしい医療用両面テープで顔に固定して着用するというタイプのマスクです。

顔が見える仕様のものでは、飛沫を極力防ぎながら顔全体を見ながらカットできるといいます。

また、通常のマスクをはめて着用できるカバータイプもあるとのこと。

ネットの声は

「すごい開発。耳が痛くなるからこういうのが欲しかった!」

「こんなのあるんですね!でも、くしゃみしたら飛んでいきそうで心配。」

「マスクがこういう進化をとげるとは思わなかった!」

これまでのような日常生活に戻るのは、時間がかかることでしょう。

さまざまなアイディアを駆使して、感染を防ぎながら日常生活を取り戻したいですね。

【salone de mask type-A(透けるタイプ)、type-B(カバータイプ)】

素材:不織布(シール素材:医療用両面テープ)

サイズ:縦130㎜×横120㎜

発送予定日:生産次第順次発送(2020年7月中予定)

価格:5枚組 1100円 、10枚組 1650円 、50枚組 6600円(税込み・送料別)

おすすめの記事