ヒロミが伊代との結婚秘話を語ったよ…仕掛け人はタモリだった!?

ヒロミ 伊代との結婚秘話を語る「タモさんが原因なんだよ~」

タレント、ヒロミ(55)が1日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演し妻でタレント、松本伊代(55)との結婚秘話を語りました。

おしどり夫婦として

1993年に結婚し、芸能界きっての“おしどり夫婦”として知られています。

共演したカリスマホストのROLAND(28)から「どういう時に男っていうのは結婚を決意するんですか?」と尋ねられたのです。

ヒロミは、伊代と交際していることが週刊誌に報じられたと振り返り、「出た時には結婚をしようって何となくあったんだけど」と話していました。

タモリ対策として

交際が明るみに出たころ、ヒロミはフジテレビ「笑っていいとも!」に出演していました。

当時、自身のキャラクターは「イケイケ、詰められると弱いタイプ」だったと分析。

そのため、周囲から「付き合っているの?」などとツッコまれることに対して、「キツいな」と感じていたそうです。

「いいとも!」は生番組…。

ヒロミは司会者・タモリ(75)に触れ、「タモさんとかに『付き合ってんの?』とかさ、タモさん言いそうじゃんか、想像よ」と前置き。

自身の腕を引っ張る仕草を交えつつ、

「コーナーをやっている時にこの辺(腕のあたり)持ってさ『ねぇねぇ、付き合ってんの?』とか言いそうじゃん、言いそうだなって思って。それを考えると結婚しちゃったほうがいいなって思って」

と打ち明けました。

伊代の父親も

「タモさんが原因なんだよ~」と笑顔で続けたヒロミ。

伊代の父親に「結婚させてください」と、あいさつしに行った際を回想。

「番組とかでタモさんとかに言われたら…って言ったら、お父さんが『うん、ヒロミ君の言う通りだ』って。

えー、分かるのみたいな」と、まさかのリアクションも付け加え笑いを誘っていました。

ネットの声

「ヒロミは戻ってきてから角がいい感じに残って尖ってるような丸いようなところがいい。夫婦仲がいいのと、子供がいい感じにダメそうなのもいい。今度は消えないでね。」

「独身の頃のテレビの中での見た目や態度からのイメージと、結婚後の今のイメージ、もう全然違ってた。
女馬鹿にして、浮気三昧とか。こんなに奥さん大事にして、仕事も家事も懸命にする人だとは、全く思えなかった。
ほんと、相手が独身の時には、結婚した後どんな人になるのか、全然わからないなぁ。
ほんと、博打だね。」

「デビューしてすぐファンになり、深夜番組の収録やライブに通っていました。ウッチャンナンチャンやダウンタウンと一緒の収録が多かったけど、どんな現場でもヒロミが一番お客さんに優しかった。次に浜ちゃん。ヒロミはファンの顔を覚えてくれていて、「また来てんな~」とか言ってくれて嬉しかったなぁ。テレビで見ているだけでは伝わらない事って多いと思います!」

伊代ちゃんにはヒロミしかいないと思わせるベストカップルです。

おすすめの記事