「ひとりキャンプにハマったキッカケはストレスからの解放」ちょいディープな趣味の始め方

「なんだか、毎日ものたりない」。そんなモヤモヤを感じているなら、夢中になれる趣味を探してみるのはいかが?

趣味の世界にどっぷりハマって、充実感を手に入れた人のちょっぴりディープなお話をご紹介。

人目を気にせず孤独を楽しむ

哀愁漂う自虐ネタで、かつて大ブレイクしたお笑い芸人のヒロシ。

今、ひとりキャンプYouTuberとして、再び注目を集めているんです。

都会の生活に疲れている、あなた。

ヒロシ流キャンプで癒やされてみては……?

「ヒロシちゃんねる」はチャンネル登録者数58万人超えを達成しています。

ヒロシ「ひとりキャンプにハマったキッカケは“ストレスからの解放”」

今、キャンプYouTuberとしてバズりまくっているんです!

「ひとりキャンプ」はこんな人にオススメ
□便利疲れしている人
□自然に癒やされたい人
□人目を気にせず休みたい人

ひとりで過ごす時間って意外に心地いいと思います

ヒロシがソロキャンプを始めたのは、7~8年前。

いわゆる大人数で行くキャンプに嫌気がさしていた頃、ふとひとりで行ってみたんです。

そしたら、家で荷造りする準備段階からすでに楽しい!

キャンプ場をどこにしようか、なにを持って行こうか、どんなものを食べようか、それらを考えるときにストレスが全くない。

それからは完全にひとりで行くようになりました。

今は自分で山を買って、そこをどう整地していくかが目下の楽しみ。

広がりが無限大だから、この先も飽きることがないです。

と話しています。

しかもこの話は、どんな趣味にも共通するそう。

「まずは何事も、ひとりで始めてみることが大事。海外旅行でもなんでも、単身で行ってみるといいんです。そしたら、プライベートでまで大勢の人に気を使うのが馬鹿馬鹿しくなるはず。人目を気にして、SNSにアップする写真を撮るために必死になって……。そんな現代生活に疲れている人こそ、大自然の中でひとりになってみたら、毎日が少し変わると思います」

ヒロシQ&A

Q:ひとりキャンプにハマったキッカケはなんですか?

A:人に合わせるストレスからの解放
複数で行くキャンプって人に合わせなきゃいけないことだらけで、非常に理不尽なんです。キャンプに行ってまで、ストレスを感じたくない。そう思って、ひとりで行ってみたら驚くほど快適だったのが始まりです。

Q:女子でもひとりキャンプって楽しめますか?

A:デイキャンプから始めるのが安全
僕も初めてひとりキャンプに行ったときは、正直ビビりました。キャンプ=泊まるのが絶対ではないので、デイ(日帰り)キャンプにとにかく一回行ってみる。徐々にステップアップしていけばいいんです。

ヒロシ流 ひとりキャンプを楽しむ3つの極意

POINT1 荷物は最低限&グッズに無駄なお金をかけない!

形から入りたがる人がいますが、これは完全にNG。家にあるフライパンや鍋を持って行って、外で食事をするだけでもいいんです。

道具にお金をかけるのはハマってからでいい。形から入ろうとする時点で、人の目を気にしている証拠。

POINT2 タイムスケジュールを細かく組んではダメ!

細かく予定を立てるのではなく、自分のさじ加減でやりたいことをやるだけ。

あれもこれもと忙せわしなくしていたら、せっかく自然の中に来た意味がないと思いませんか?

POINT3 失敗しながら楽しむべし!

趣味なんだから、失敗しながら楽しめばいいんです。

失敗も含めて楽しんでこそ、趣味。自分に合わなかったら無理して続ける必要もないし、とにかくストレスを抱えないことが重要です。

ネットの反応

「そうだ、キャンプに行こう!てなんかのキャッチコピーみたいだけど、まさに、このコロナから離れて自然の広い中で家族とキャンプするのはいいかも知れないね、ストーブ持ち込み、寒いけど温かい美味しいもの食べていいね。」

「職場、妻、子供、自宅・・・色んなことに疲れている自分がいる。自分だけの時間を誰も気にせずに過ごせたら幸せだろうなと思う。慣れないことだらけで、やってみたらまた違うかもしれないが、何やら非常に興味を惹かれ、魅力を感じてしまう。私のように感じている方は他にもおられますか?」

「どんなことでも、何かにハマって極められる人はすごいなって思う。
私は集中力がないのか、探究心が薄いのか、何か一つのことに熱中っていうのができないから…」

動画をちょくちょく見ますが、自然やキャンプ場に対するリスペクトが感じられて見ているほうも気持ちがいいですよ。



おすすめの記事