山の次の目標は海外移住!?ヒロシは何を目指してる??

キャンプのために海外移住!? ヒロシキャンプのゴールはどこ?

『ヒロシのソロキャンプ?自分で見つけるキャンプの流儀?』(ヒロシ・著/学研プラス・刊)が売れに売れています。

自身のキャンプ道具からキャンプ場選び、動画撮影テクなどヒロシさんのこだわりがつまっており、

進化を続けるヒロシ流キャンプの“今”がわかる一冊となっています。

休みがあればひとりキャンプ場へ向かう…。

自分の手になじむ道具をとことん探すのです。

山奥に入るためにジムニーを手に入れました。

そして、家を買う前にキャンプができる山を買ったのです。

山を買う=キャンプ好きのゴール地点のように思えるのですが、次にヒロシが向かう目標とはどこなのでしょうか。

思い通りのキャンプができる土地は日本にはない

「ずいぶん前に“売れたらやりたいこと”を紙に書き出したことがあります。その中のひとつが“島を買う”。今振り返ってみると大抵のことは実現しているんですが、島を買うことだけは今後も実現できる気がしません。
前にも言いましたが、今はキャンプ人口が増えて、思い描いているソロキャンプができる場所がほとんどない状態です。離島だと山よりも理想的なソロキャンプができそうだなぁと思っているんですが、山とは違って桁違いに高いんですよ、島は。
じつは西日本に手の届く島を見つけたんですが、東京からまぁまぁ近い自分の山でさえ行く機会が限られているのに、西日本の島だと年に何回行けるんだか。それだったら沖縄の無人島に通うほうがいいと思いませんか?」

“島を手に入れる”のハードルが高く、諦めムードであれば、やはり山の購入がゴールなのでしょうか。

オリジナルキャンプブランドの成功

「静かにキャンプをしたいだけなのに、結局、日本だといつの間にかヒロシがキャンプしていることがバレてしまいます。直接話しかけてこなくても、勝手に写真を撮られることもあるし。仕事で海外に行くことが多いんですが、海外だと僕のことを探しだす人はいないし、キャンプ場にも人が少ない。
海外だと理想のキャンプができるなぁ……だったら海外移住もありかなぁって漠然と考えています。どこの地域、国がいいかなんて全くわかりませんがね。
それよりも身近な目標は、オリジナルキャンプブランド“No.164”の成功でしょうか。
第1弾は鉄板なんですが、僕はデザイナーでもなんでもないので自分がカッコイイと思ったサイズと厚みの鉄板を作りました。そのうち焚き火台とかいろいろな道具を作りたいなぁと思っているんですが、工場を探して値段の交渉をするのは僕。袋は海外の工場で作ったんですが、指示通りに見本ができてこなくて、その文句を言うのも僕。それに、予約をもらってある程度数がまとまったら一気に製作して発送するわけですが、いつから発売して、いつを区切りにすれば初めに予約してくれた人が納得するだろうか……なんてことも考えるわけですよ。
仕事ではあるけれど、もはや芸人、芸能事務所社長の仕事範疇じゃないですよね……動画の編集もあるし、山の草刈りにも行かなくちゃだし」(ヒロシ)

たかがキャンプだけれど、ヒロシはその“たかがキャンプ”に真剣に取り組んでいます。

理想のキャンプをめざし、今後もヒロシは納得いくまで走り続けるのだろう。

ネットの声

「読み終わって正直な感想は“期待外れ”でした。オリジナルブランド164の購入斡旋と言い訳じみた内容の数々。メディアにぼっちキャンプを晒しておきながら「差し入れするな」とか「話しかけるな」など矛盾点が多過ぎる。それなら本もYouTubeもテレビもやめて「購入した山で大人しくぼっちキャンプしてろよ!」と言いたくなる。騒ぐだけ騒いで、宣伝するだけ宣伝して「放っておいてくれ」は虫が良すぎる。久々につまらない本を買ってしまったと後悔している。」

「一生食べていけるだけのお金を稼いだのなら(稼げるのなら)海外移住もありかもね」

「周りに誰もいないキャンプは怖い気もしますけどね。海外だと危険な動物も多そう…」

どうしても「旅猿」で見た神経質なヒロシが脳裏に焼き付いてしまいます。

キャンプの楽しみ方は人それぞれですが…。

 

おすすめの記事