自分だけの「ヒロシ山」を手に入れたのですが、やりたいことがありすぎて悠々自適どころじゃない…。

『ヒロシのソロキャンプ?自分で見つけるキャンプの流儀?』(ヒロシ・著/学研プラス・刊)が売れに売れています。

自身のキャンプ道具からキャンプ場選び、動画撮影テクなどヒロシのこだわりがつまっており、進化を続けるヒロシ流キャンプの“今”がわかる一冊。

完ソロは難しい

キャンプ場にほかに利用者がいない状況を意味する「完ソロ」という言葉があります。

とくに関東では、休日はもちろん平日であっても完ソロとなることはまれ。

どこに行っても人の眼が気になるソロキャンプ好き芸人・ヒロシが考えたのが「山の購入」です。

本当は無人島を買いたかった…そうですが(価格や維持費の面で断念)

キャンプのために山を買うなんて、お金持ちにだけ許されるパワープレイに思えます。

しかし、ヒロシによると「家を建てるより安い」とのこと。

ただし、維持・管理をするにはそれなりの覚悟が必要だとも言うのです。

「ヒロシ山」でやりたいことは無限大だが…

「山があればいつでもキャンプができると思うでしょう。僕もそう思っていました。でも、キャンプをするためにはただ山に行けばいいわけではなく、それなりに山の手入れが必要なんです。
今の時期なんか、少し放っておくと草が伸び放題だから、まずは草刈り。石を運んだりもするし。
山の開拓をしながらテントで寝るのって結構大変で、キャンプ場でのキャンプとはまったく別物。純粋にキャンプを楽しむならキャンプ場のほうが断然楽で便利ですよ」

そうはいっても自分の山だから、自分が思い描いたとおりに開拓できます。

直火禁止のキャンプ場が増えているけれど、自分の山なら直火をするのも自由だし、枝を切っても文句を言われることはないのです。

やりたいことがたくさん

「山ではテントの中に開拓用の道具をいれて保管しているんですが、テントよりトレーラーハウスがいいんじゃないか、バイオトイレってどうなんだろう、とかね。知りたいことが次から次へと生まれてくるわけです。そのわりに山に行く時間が少なくて対応できていません。
キャンプにしても、僕は焚き火で米を炊くのなんて朝飯前なんだけど、焚き火でパンを焼いている外国人の動画を見て憧れています。パンを焼くのって結構面倒なことだけれど、米と同じくらいさらりとパンを焼きたいと思っていて。何度か試してみたけれど、案の定うまくできない。何をどうしたらいいんでしょうかね?
鉄砲にも興味があるけれど、免許を取って狩猟に出たところで、はたして僕は仕留めたイノシシや鹿をナイフ一本で解体できるのだろうか? 魚を釣ってさばくのが精一杯なんじゃないのかなぁ……とか。
僕は時間ができたら山に出かけているんですが、キャンプでも開拓でもやりたいことがいっぱいあって、追いついていないんですよ」

おすすめの記事