人と関わりを持ちたくない…心理的な要因は?

人と関わりをもちたくないという人も少なからず存在します。

現在は家に引きこもっていても、ある程度の仕事はできる世の中になっています。

しかし、社会人としてはどうかという問題もあるでしょう。

ここでは、人と関わりをもちたくない人でもできる仕事、さらには人と関わりをもてるようにするにはどうしたらいいかについても考えます。

人と関わりを持ちたくないワケ

学校でも社会人になっても、人と関わりをもちたくないという人がいます。

少数派と思う人もいるかもしれませんが、実際にはかなり多い印象です。

また、社会的な風潮もあるようですが、心理的な要因があるのは間違いありません。

そこで、人と関わりを持ちたくないワケを3つピックアップしてみました。

大勢の中にいたくない

大勢の人の中にいるだけで気後れしてしまう、大勢の中が苦手だ、という人は育ってきた家庭環境に原因がある場合も。

大げさに言えば虐待やネグレクトなどがありますが、子どもの時分に受けた傷は計り知れないものがあります。

そういった家庭環境で育つと、人を信じることができなくなり、それが大勢の中にいたくない、人と関わりをもちたくないということになるのです。

人との関わりが面倒くさい

面倒くさいというと、ものぐさなイメージとなってしまいますが、人間関係となると違ってきます。

人との関わりが面倒くさそうな人は、会話をしていてもわかるのです。

ぶっきらぼうであったり、相づちを打ったりするようなことがなく、会話がすぐに止まってしまいます。

こういった場合は、過去に親しい友人に騙されたこと、あるいは裏切られたことがあるなどが原因となる場合も少なくありません。

特効薬は、自分から進んで親しい友達を作ることですが、その前に大きな壁を作ってしまうのでなかなか難しいかもしれません。

人との関わりに疲れたときがあった

単純に人といると疲れてしまう…そのような人も少なくないでしょう。

人といることが好きな人がいるように、人といることが苦手な人もいます。

人と一緒にいるだけで緊張する…リラックスできない。

そばに人がいるだけでくたくたに疲れてしまう。

気持ちの持ちようかもしれませんが、対症療法としては人に慣れることから始めるしかなさそうです。

人と関わりを持たなくてもできる仕事

人と関わりたくない…そうであっても生きていくために仕事をしていかなくてはいけません。

人と関わりを持たなくてもできる仕事を探す必要があります。

100%関わりを持たなくてもできる仕事は存在しませんが、それでも極力自分の世界だけでできる仕事をピックアップしてみました。

フリーランス

フリーランスといってもいろいろありますが、言うなれば自営業ですから、自分で仕事をとってこなくてはいけません。

人と関わりたくない人にはハードルが高いのでは…そう思いがちですが、フリーランスならではの仕事があります。

フリーライターなどがその筆頭といってもいいでしょう。

プログラマーでもかまいません。

人とのやりとりはメールなどが主になるので、会話をすることもなく仕事ができます。

浮き沈みの激しい世界ですが、人と関わりたくない人にはうってつけの仕事といえます。

作家

ライター以上に文才があるようでしたら、作家を目指すのもいいでしょう。

文学賞をとるような実力者であれば、だまっていても仕事の話が転がり込んできます。

作家とまではいかなくても、ライター以上作家未満という人もここに含んでいいでしょう。

言うなれば物書きで食べていけるようであれば、人と関わりたくなくても十分に生活ができます。

ユーチューバー

人気のユーチューバーです。

顔出しはちょっと…という人もいると思いますが、顔は「アバター」、声は「文章読みあげ機能」を使えば問題ありません。

動画編集が好きな人であれば、ユーチューバーが向いています。

ネタ探しなどが大変ですが、題材はけっこう身近なところに転がっています。

人との関わりに慣れることも必要

人と関わりたくない…というのであれば、できるだけ一人で生きていかなくてはいけません。

しかし、それを自分の短所と思っているのであれば、少しでも改善したいという気持ちの表れです。

そこで、人との関わりに慣れることについて考えてみました。

人は一人では生きていけない

あたりまえのことですが、人は一人では生きていけません。

誰にも頼らずに生きている…という人もいるかもしれませんが、それでも、衣食住に関わるあらゆる面について人との接点があるのです。

関わりたくないということであれば、世界を縮めることもできますが、生きていくうえでも窮屈です。

性格だから難しいと思うのではなく、関わりたくないという気持ちを短所と思っているのであれば、それを打開することを考えてみましょう。

人見知りも人前に出ることで克服できる

人と関わりたくないという人の多くは人見知りと言えます。

人見知りをどう克服するのか…それは人前に出るしかありません。

習うより慣れろの精神ですね。

テレビ番組に毎日出演している芸能人でも、根は人見知りという人も少なくありません。

どうやって克服したのかというと、テレビに出ている間にいつの間にか人見知りがなくなった…ということが多いのです。

その前に、テレビに出演するという大きなハードルをクリアする必要があります。

単に人と関わりたくないという人であれば、多少なりともハードルは低いはず。

まずは人の輪の中に入るように心がけましょう。

人と関わりたくない仕事に就きたいときは

インターネットが全国津々浦々に普及し、誰もがスマホを持っている時代。

いつでもネットに接続できる環境であれば、人と関わりたくない仕事に就くことも難しくありません。

転職エージェントを利用するとそういった仕事も見つけやすくなります。

おすすめの記事