緊急事態宣言の発出に伴い、臨時休業していた兵庫県の「姫路シーサイドゴルフコース」が20日、他人と接触しない「1人プレー」限定で営業を再開しました。

ゴルフ場の担当者は県民のストレスや運動不足の解消のためと説明。

「極端な話、(利用者は)ウォーキング目的でもいい」と話しています。

1人プレイ限定で…

同コースは、政府が7都府県を対象に緊急事態宣言を出した翌8日から、「お客さまや従業員のため」(同担当者)と営業を停止してきました。

「屋外施設」は県の休業要請の対象から外れ、同県の多くのゴルフ場が営業を継続しました。

そのため、10人程度の社員が「緊急事態のなか、レジャーであるゴルフ場として何ができるか」などを話し合い、「1人プレー」限定で再開に踏み切ったということです。

繁忙期は1日70組がプレイ

瀬戸内海を望むフラットなコースで、春先のトップシーズンは通常1日最大70組ほどが入るということです。

もともと「1人プレー」は定番プランのひとつで手押しカートも50台ほど用意するなど、

「普段からやっているのですぐに対応が出来た」(同担当者)としています。

9ホールを1人で回り、通常時よりも1000円安い平日3000円、休日は通常6050円を5000円に設定。

「3密」を避けるためクラブハウス内のレストランやロッカールーム、浴室は閉鎖しているということです。

早速プレイする人も

営業再開初日は18人がプレー。

翌日以降の問い合わせの電話も多かったということです。

1日50人までと限定、スタートの間隔を通常より2分長い10分間と開けたたことで、懸念していたフロント業務の混雑も避けられる見通しが立ったそうです。

公式サイトでは「他のプレイヤーとは接触のないウォーキング感覚での1人プレー」と打ち出しています。

プレースタイルは「健康を促すウォーキング感覚での手引きカートによる歩行プレー」と説明。

「ゴルフとしてとらえてもらわなくてもいいと思っています」と担当者は言い切っています。

利用者からは2サムの希望もあるが、5月6日まで「1人プレー」での営業を続けるということです。

ネットの反応

「クラブハウス内のレストランやロッカールーム、浴室は閉鎖だというから良いのではないか。さっとプレーして直帰すれば問題なし。直帰できるかが問題だが、ゴルフ場の問題ではない。」

「うちのゴルフ場もやっているが平日の会員限定だ。2人以上の組も混ざっている状態だから進行上は問題がある。一人限定はいいアイデアだと思う。」

「これは評価高い。思考停止して何でもかんでもダメダメとするより、「自粛」する意味と目的は何なのか、よく考えて、できることとできないことを明確にして、できることは積極的に取り組む。みんなが自粛してるからとかいうくだらない同調圧力に負けず、一人プランで運営がんばってほしい。」

広大な土地を遊ばせておくのももったいないですからね。これは良い方法だと思います。

おすすめの記事