平均寿命100歳は超えることがあっても150歳を超えることは不可能

人間が150歳を超えることは不可能。

50万人調査の研究で判明。

人間の寿命は100年よりもさらに長く、120歳から150歳までは生きることが可能かもしれません。

そんな結論を出した研究論文が5月25日、科学雑誌『Nature Communications』に発表されました。

80歳は40歳に比べ、回復に3倍要す

シンガポールのバイオテクノロジー会社『Gero』の研究チームは、米国、英国、ロシアに住む50万人以上の被験者を対象に、血球数の変化とウェアラブル端末による1日あたりの歩数を調査したのです。

人は病気や怪我などの身体的ストレスを受けると、血球数と歩数がともに変動し、通常状態へ回復するのに時間を要する。この回復力は加齢とともに低下し、80歳の人は40歳の人と比べ、回復するのに平均3倍の時間を要するというのです。

研究チームは数理モデルの手法を用いたシミュレーションを行ったところ、120年~150年で、その回復力が完全に失われ、つまり死に至るという結論に達しました。

また、この「絶対的な限界」は超えることが出来ないというのです。

研究論文によると、この回復力は一般的に30代半ばから40代半ばに急激に低下し、回復に時間が要するようになるとのこと。

もし将来的にその回復力をさらに伸ばす方法を開発できれば、人間はさらに長く、そして健康的に生き続けることが可能になるかもしれないと論文著者らは述べています。

「人生100年時代」では収まらないライフプラン

人間の寿命に関する研究はこれが初めてではない。2016年にはアルバートアインシュタイン医科大学の遺伝学者であるヤン・ヴィジ氏ら研究チームが『Nature』にて研究論文を発表したのです。

この研究では、平均寿命データの傾向を統計的に分析し、人間の寿命は125歳を超える可能性は低いと結論付けました。

世界でも有数の長寿国である日本では「人生100年時代」という言葉を見聞きするようになって久しい。

以前より寿命がはるかに長くなるにつれて、ライフプランの変更を余儀なくされています。

そしてそれは100年という年数では収まらない時代が来るのかもしれません。

ネットの声

ただでさえ定年や年金受給の年齢が先延ばしになっていたり若者の負担が大きくなっている現状の社会では、寿命が延びても良いことよりも悪いことの方が多い気がする。」

「10?20代の臓器も何もかもが健康で自分の意思で動ける体で、かつ、充分な収入が約束されてるなら、寿命が120年でも150年でもいいが、現実はその逆。70年も生きりゃ上出来じゃないかと思う」

「でもさあ、最近の著名人が亡くなった例を見ても、そういう方たちは、十分経済的には豊かなはずなので医療にも十分なアクセスが出来たはずだけど、多くの方は80歳前後で亡くなる方が多い。で、すべての長寿の方を見ると、やっぱり115歳くらが限度で120は超えられない壁になっている。80歳前後の壁と110歳くらいの壁って2つの大きな壁が長寿の前には立ちはだかっているような気がするけどなあ。」



おすすめの記事