頭皮の臭いはヘアコロンでシャットアウトします。

元から正したい場合はホホバオイルで頭皮クレンジングする方法もあります。

いろいろな方法を試してみたいですね。

ヘアコロンで頭皮の臭いをごまかせる?

頭皮の臭いも、自分で分かるようになればかなり進行しているといってもいいでしょう。

実際には整髪剤や、コロンなどで、臭いを誤魔化している人が多いのが現状ではないでしょうか。

実際に日々の生活の中で、このときだけは頭皮の臭いを気にしなくてはいけない。

逆に考えたら、他の場面では臭いなんかどうでもいい、なんて思っている人も多いのではないでしょうか。


このときだけは、というシーンはやはり、恋人といるときということになるでしょう。

他には、重要な会議の席などがあげられます。

そういった恋人といるとき、あるいは会議のときなどはせいぜい数時間程度でしょう。

そういった即効性のもので、持続時間が長めになるというと、一番身近な臭い消しとしてコロンが一番無難ではないでしょうか。

もっとも、コロンは消臭効果があるわけではありません

しかし、頭皮の臭いよりもより強い匂いで、頭皮臭さを相殺してくれる働きがあるのです。

ですから、今すぐなんとかしたい、なんてイレギュラーな場面で、かなりの効果を発揮してくれると思います。

もっとも、頭皮とうよりも髪の毛にかけるタイプのものなので、頭皮に直接作用するものではないということを覚えておかなくてはいけませんし、若い人などは香水代わりに利用している人も多いでしょう。

いずれにしても、コロンは一過性のものですから、時間とともに効果は薄れてきますので、その点は気をつけましょう。

いろいろな香りが楽しめるコロンなのですが、頭皮の臭いを誤魔化すのであれば、石けんの匂いがいいかもしれません。

ホホバオイルで頭皮クレンジングを!

オイルでも、オリーブオイルやココナッツオイルが頭皮の臭いを抑える効果があるとされてきましたが、今はホホバオイルにも注目が集まっています

ホホバとは多年草の植物のことです。

原産が砂漠ということで、日本には存在していないので、ほぼ全量輸入に頼っているオイルでもあるのです。

このホホバオイルの素晴らしいところは、人の皮脂構造にものすごく近いということなのです。

一番近いといってもいいかもしれません。


そうなると、乾燥肌やとアトピー肌、油症の人などの全ての人について、美容液や保湿液としても理想的なものであるのは間違いありません。

さて、そんな期待のホホバオイルなのですが、使用方法としてはお風呂に入る前に使用します。

数滴オイルをとって、まんべんなく頭皮に塗りつけていくのです。

このとき、べたべたしないようにごく薄くつけるのがポイントですよ。

さらに、オイルをつけたら指の腹をつかって優しくクレンジングです。

ここで、30分ほど温めてあとは、普通のシャンプーをして、ホホバオイルは流されていまいそうです。

しかし、オイルなのでしっかりと皮脂の分泌を促しながらも、抑えているといったある意味難しい使用方法になっていますので気をつけましょう。

もっとも、洗い流してしまって気になる人は、シャンプー後のクレンジングをしてもいいでしょう。

決まった方法というのはありません。

このクレンジングは週一くらいでも大丈夫です、あまり心配しないようにします。

緑茶シャンプーって頭皮の臭いを消せるか?

気になる頭皮の臭いは梅雨や、梅雨明けの本格的な夏場が一番強くなるでしょう。

あの手この手の頭皮の臭い対策をしている人も多いと思いますが、どれも今ひとつ効果が薄いと感じていれば、緑茶シャンプーはどうでしょうか。

もともと、お茶っ葉にはカテキンという消臭や、殺菌効果のある成分が豊富に入っています。

この緑茶シャンプーは商品化されているので、頭皮の臭い対策としては市販品を利用したらいいかと思います。

ただ、この緑茶シャンプーは自分でも手軽に作れるものです。


もっとも、シャンプーを作るのではなく、煮だした緑茶を頭にかけて頭皮マッサージをするだけという簡単なものです。

煮出し直後では熱いので、十分に冷まして常温程度でするのがいいでしょう。

その後に洗い流すか、そこからシャンプーをしても大丈夫です。

使用感はさっぱりすっきりといった感じです。

梅雨から夏場にかけて、後頭部のべたつきを感じた場合は、自分で気がつかないほどに悪臭を放っているかもしれません。

そのときは是非、緑茶シャンプーを試してみましょう。

緑茶でもいいし、市販の緑茶シャンプーのどちらでもいいですよ。

仕上がりにきしきし感があるので、トリートメントなどで調整するといいでしょう。

臭いがもろにお茶の香りがしますので、そこで好みの問題になってしまいますが、フケが出にくくなるという部分で効果を実感する人が多いようです。

頭皮のべたつきを感じるようになってきたら、是非一度試してみたいシャンプーですね。

スカルプDって頭皮の臭いを消す力ある?

男性用のシャンプーとして根強い人気のスカルプDです。

メーカーでは、80万人以上の臨床データを元に研究を続けているということで、データ数の膨大さも含めて他の追随を許さない薬用シャンプーです。

基本的に、育毛シャンプーのイメージが強く、値段も普通のシャンプーと比べても高めです。

しかし、頭皮を清潔に保つことがこのスカルプDの基本コンセプトですから、頭皮を生活に保つことがすなわち、頭皮の臭いを消すといった力も十分にあるのです。

生え際が気になる人は、頭皮が脂性で、朝方はすっきりした頭皮なのに、夕方になるとおでこが脂でぎとぎとになるという人も少なくないでしょう。


抜け毛や薄毛が気になる人も、まずはこのスカルプDのような育毛シャンプーから入っていくそうです。

脂性ではないといっても、フケなどはスーツを着ていれば目立つものです。

皮脂の溜まりすぎで、頭がべたつくといった場合は、痒みも手伝ってシャンプーでごしごし洗ってしまいがちですが、それは、逆に頭皮の臭いを取るということで逆効果です。

却って皮脂の分泌を促してしまうからです。

スカルプDも皮脂を落として頭皮がかさかさになる、なんてイメージがありますが、使用感は洗った後のほうが潤います。

基本的に乾燥が頭皮にはよくないので、適度な潤いを与えて、頭皮の健康を保つということが大事になってくるのです。

薄毛対策をしている人は、これとセットで育毛剤を利用している人が多いですから、更に頭皮対策としては万全と言えるでしょう。

ネットの声

「自分に合うシャンプーコンディショナーを目指し、100円位のお試し版をいくつか購入。頭皮も毛髪もケアできるという、各所荒れやすい私に最適の謳い文句を発見。試す。匂う。臭う。きつい香水のよう。かなしい。でも頭皮と髪の状態は良好。でもにおう。」

「頭皮が臭う一番の原因は、皮脂の分泌が影響している事です。毎日シャンプーをしているにも拘らず、頭皮の臭いが出てきて気になるという方は髪の毛を洗う時に余分な皮脂が落とし切れていない事が原因です。」

「髪を濡れたままにしておくと雑菌が増えると言われています。毛穴をふさいでしまうので髪の健康によくありません。周囲の臭いも引き寄せ、頭皮や髪が臭う元になります。」

洗った髪は乾かしたほうがいいのは今では基本ですよね。

おすすめの記事