適用外もあるよ!任意保険に加入していても安心とは限らない

自動車の任意保険に加入していれば安心とは限らない! 覚えておきたい「適用外」の項目とは

万一の自動車事故に際し、自動車賠償責任保険に加え、任意の自動車損害保険に加入していれば補償が得られると考えるのが普通。

しかし、保険金がおりない事例もあることを知っておく必要があります。

インターネット保険は条件などしっかり事前確認することが大事

まず、飲酒や麻薬を服用しているときの事故には保険金がおりません。

また、無免許運転での事故も同様です。

そもそも違法行為ですから、当然と言えばそうでしょう。

一方で、被害者に対する補償は行われます。

ただし、対人や対物補償は他人に対して支払われる保険金なので、父母・子ども・配偶者は対象外となります。

また、故意に起こした事故でも支払われません。

さらに、地震・噴火・津波・戦争・内乱・暴動などは免責事項として扱われており、やはり保険金の支払いはありません。

一方、台風・洪水・高潮などでの車両保険の適用は行われますが、翌年には等級がひとつ下がることになります。

最後に、事故後60日以内に保険会社などへ報告していないと適用外になります。

めったにないかもしれませんが、事故後にまずは保険会社や代理店へ一報することが肝心です。

ほとんどの事例は事前にある程度想像できる免責事項かもしれませんが、身内が相手だと対象外になる点は気づかないかも。

契約書に目を通したり、代理店に相談したりするなど、一度は念の為賠償内容を確認しておくといいでしょう。

自動車損害保険の見直しをするならいつがいい?

年間契約の途中で条件を見直すことはできます。

ただ、満期日の何カ月も前に解約し、別の保険契約をする際には、これまでの契約の解約金が必ずしも月割り日数通りに戻らない場合もあります。

これは、短期率という考えのもと、解約月に対する変換利率が定められており、たとえば半年後の6カ月までで解約する場合には、70%の短期率によって解約金は総額の30%と計算されます。

半額は戻るだろうと勘違いして、割安な損害保険へ移行しようとしても、自分の想定の20%分は損をすることになるのです。

場合によっては、割安の保険代に替わっても、損を出してしまうかもしれません。

保険の仕組みを理解したうえで、得な保険料を検討すべきでしょう。

ネット保険は??

ネット保険は全般に割安になるという宣伝を耳にすることが多いのではないでしょうか。

これは、代理店という中間の経費を省いているためで、その分が安上がりになるのであって、保険内容が乏しくなるという意味ではありません。

それでも、補償内容は自分で精査する必要があり、自ら学ぶ(調べる)ことが、割安で補償を受ける条件になるのです。

もちろん、電話相談やインターネットで検索することは可能なので、手間を惜しまなければ割引を得られる選択肢があるということです。

一方、個別に相談できるのが代理店という専門家と付き合う利点にもなります。

家族や友人なども運転する機会がある、あるいは業務でも利用することがあるなどで、人数の制限や年齢条件、またクルマ利用の条件などによって保険料が増えたり安くなったりします。

細かく相談したい場合は代理店を通すことで安心して加入や更新できるでしょう。

ネットの声

「保険に限らず約款を読まない人は多いでしょう。せめて保険証書の説明書き等は読むべきです。後、女性に多いですが、クルマ、電気製品等の取扱説明書を読まない人も多いですね。うちの奥さんも全く読みません。いつも後から私に重要なところだけ口で説明しろと言っています。」

「ネット保険会社でも、たちが悪い保険会社がある。〇〇i損保側100%加害者側事故の場合。対応しない。相手からの連絡も、無視。とにかく、不利だとみれば、対応はしない。修理も、自社契約修理会社でないと対応しない。裏では、社内で、対応マニュアルがあるらしい。被害側を徹底的に困らせる。救済の為の保険会社ではない、保険会社が、存在する。」

「確かにネット系は多少安いけど、万が一の時は大手三社の方がきっちり支払いしてくれます。特に輸入車ユーザーの方はマイカー共済の車両保険はもめる原因になるのでやめといた方がいいと思います。」

状況にもよりますが、手厚い補償は大手ですね。



おすすめの記事