台風19号は東日本に多くの爪痕を残しました。多くの人が避難勧告によって避難場所で眠れぬ夜を過ごしたのです。しかし、そのような中、ホームレスの人はどのような扱いを受けたのでしょうか

避難所の利用を断られる…

首都圏でも台風19号の暴風雨が強かった10月12日午後、台東区の自主避難所を利用しようとした路上生活者が、避難所の利用を断られたのです。

台風は12日夜に東京にもっとも大きな影響を与えると予想されていました。


そのため、複数の路上生活者・労働者支援団体などが、台東区でも見回りを行なっていたのです。

一般社団法人あじいるによると、最初は避難所が路上生活者を断っていることを知りませんでした

そのため、ボランティアらが上野駅周辺にいる路上生活者に、避難所の場所を示すビラなどを配布し、避難を呼びかけていたのです。

しかし、実際に路上生活者が避難所に行くと、利用を断られる羽目に…。

片道30分の雨の中をまた帰ってきたのだというのです。

すぐに、ボランティアが台東区役所に確認

すると「区内に住所がない」などを理由に、路上生活者の自主避難所利用を断っていたということが判明したのです。

それらがTwitterやFacebookで投稿され、SNS投稿を見た人々が、台東区役所の災害対策本部に抗議の電話をしました。

しかし、「住所がないと利用できない」「区民が優先」の一点張りだったというのです。

私たちも人間だ!

避難場所のすぐ外で野宿を強いられた男性はこう語ります。

「最近は路上生活者だって、教会や支援施設で風呂も入っているし、綺麗にしている。でももし風呂に入っていなくったって、私たちも人間だ」

「職業が何か、金を持っているかで判断するものじゃない。まあでもそういう考え方は行政だけじゃなくて、世間全体でも同じですね」

今回の件で台東区役所への批判が高まる中、男性はさらにホームレスに対して排除の動きが強まらないか、心配しているということです。

男性は滞在先を転々としていて、たまに上野公園で野宿をしているということが、長期にわたって同公園で野宿をする人への影響を心配しています。

「この公園に5年も10年も住んでいる人がいるんですね。上野公園は路上生活者にとって比較的やさしい場所ですけど、今回問題になったから全面的に路上生活者を追い出すとなってしまえば、また一から寝る場所を探さないといけなくなる。彼らはここにしか住むところがないんです」

住所がない…避難所は区民のための施設

路上生活者の自主避難所利用を拒否した理由として、台東区役所の広報課担当者はBuzzFeed Newsに12日、「住所がない」「避難所は区民の方への施設」ということを挙げています。

「住所不定者の方が来るという観点がなく、援助の対象から漏れてしまいました」と説明。

また、路上生活者が避難所を利用できないという判断は、「区の決定」で「災害対策本部の事務局が判断した」とも話しています。

しかし、広報担当者によると、外国人観光客や国内の遠方から来た帰宅困難者向けに解放された施設には、名前や住所を記入する「避難者カード」は入り口に設置していなかったのです。


つまり、住所を確認して利用の可否を判断されたのは、路上生活者だけだったということです。

路上生活者は、東京文化会館では、入り口の外側で風雨をしのいでいただけでも移動するように言われています。

12日午後、上野駅付近や上野公園で、路上生活者の見回りや物資配布をしていた一般社団法人あじいるのメンバーの中村光男さんは

「災害とは生存をめぐる問題です。ある特定の人を排除し、区が差別をしているということは酷すぎます」

と話しています。

中村さんら、ボランティアのメンバーは12日午前、路上生活者に配る食材やタオル、着替えなどを準備。

午後に見回りと呼びかけに出発したということです。

気象庁は台風19号は甚大な被害が予想されるとして、「命を守る行動を最優先に」と呼びかけ、報道機関も繰り返し「最大級の台風がくる」「できる限りの対策を」と呼びかけていました

そのような中で路上生活者も「あまりに風雨がひどくなったら、避難所を利用するしかないんじゃないか」と心配。


中村さんたちは見回りから事務所に戻ったあと、再度、災害対策本部に電話で、警戒レベルが上がったり、避難指示が出た場合の対応を確認したということです。

すると「区で決定しているために、(台風や避難指示が)レベルアップしても決定が覆されない限り利用できない」との返答があったというのです。

首都直下型地震対策に大きな宿題

中村さんは長年、路上生活者の支援をしていて、以前台風が東京を直撃した際には、隅田川が氾濫寸前まで増水し、ブルーシートの小屋ごと流された人をボランティアらで救ったりしたこともあったということです。

しかし、その際にも都も区も助けてくれず「行政というのはこんなところ」という落胆と失望の思いが今でも残っているのです。

今回も「またか」という思いはありますが、「今回の問題は大きな宿題として残った」とも指摘します。

東京都が進めている首都直下型地震対策だ。

「台風は1日で過ぎますが、直下型地震となるとそうはいきません。避難者数も大量になりますし、考えなければならない問題」

海外では、災害の際には路上生活者に対しても駅や公共施設を避難先として解放し、ホームレスシェルターの設置を拡充させている国もたくさんあります。

そのような中で、東京都でこのような問題が起き、中村さんはこう語ります。

「命に対する社会のあり方が問われています」

ネットの反応

「今回台東区では、町名番地まで指定された土砂崩れの恐れがある一部区域の住人にのみ、避難準備を発令しました。今回問題になった忍岡小の避難所はそのための避難所で、区民一般向けの自主避難所とは分けた記載が区HPにもあります。ここを訪れたとされるホームレスは、避難準備対象エリアにいる人ではなく、少し離れた上野公園にいる人のようです。上野公園は避難対象エリア外です。当日は混乱の中、記事中の支援団体あじいるが土砂災害用の避難所に対象外エリアのホームレスを案内したようですね。いろいろと誤解、行き違いがあるように感じました。」

「区民のために設置した避難所であれば、区民が優先されるのは当たり前のことだが。」

「かわいそうだとは思うが路上生活者は公園から退去してほしいと言っても勝手に居座っている。社会から離れた生活をしている以上区民の為に使われるべき施設に入れるわけにはいかないのはわかる気がする。避難所には必要品が不足することも多く避難者の区民を守るためにあるのに他の人に配給すれば避難した区民が困る場合もある。賛否両論あるだろうが仕方ないと思う。」

今回の件でも目の当たりにした災害大国日本…ホームレスの避難の問題が解決できていないのは意外な気が…。

おすすめの記事