400Xに乗っとけ!ミドルクラスのアドベンチャーツアラーバイク…ホンダの回答

ホンダ400XはCBR400Rとエンジン、フレームなどを共有する兄弟モデル。

2019年のモデルチェンジでフロントホイールをギャップなどでの走破性が高い19インチとしました。

さらに、リアショックを長いストロークのものに換装。

外装もアドベンチャーツアラーらしいものとなったのです。

アドベンチャーツアラー向きの特性をファンは待ってた

大きく見える車格の割に、車重は196kgとさして重くありません。

パワーは46馬力と控えめの設定ですが、粘りとトルクの立ち上がりによる加速を得意としています。

これはまさにアドベンチャーツアラー向きの特性といっていいでしょう。

決して非力ではなく、気楽なスロットル操作を走りに活かせるのです。

400Xはオフ適性を強化しています。

そのため、色々な道を快適に踏破できるオールラウンドなツーリングスポーツとなりました。

400ccということで、大型ツアラーの取り回しに悩むライダーにマッチするのは間違いありません。

そして、オフ系デュアルパーパスだと長距離が辛い…と感じていたライダーにもいい選択肢となるでしょう。

ホンダ「400X」ライディングポジション・足つき性

シート高:800mm

ライダーの身長・体重:176cm・68kg

アップライトなハンドルは丈夫な上に振動を低減させるテーパーバー。

スタンディングも自然にこなせます。

大型のツアラーモデルや同クラスのデュアルパーパスモデルよりずっと足着きがいいのが魅力。

400X注目のポイント

高さを2段階調節でき、空気の流れを整えるダクトも設けた大型スクリーンが特徴。

ヘッドライトと前後ウインカーにはLEDを採用しています。

399㏄水冷並列2気筒エンジンは低・中速域のトルク特性重視で粘りのある力強い走りが可能。

アシストスリッパークラッチも装備しています。

フロントに19インチホイールが装着されています。

これによって、高速走行時でも安心な安定感の高さを発揮。

正立フォークにはプリロード調整機構も備えています。

ブレーキは前後ともウェーブディスクを採用。

異型断面ショートマフラーは低中回転域でのトルク感を向上させつつ、歯切れ良いサウンドももたらします。

速度計、回転計や距離計などの基本機能に加え、

燃料計や時計、燃費、ギアポジションなど多彩な情報を分かりやすく表示する液晶メーターが魅力。

ホンダ「400X」主なスペックと価格

全長×全幅×全高 2140×825×1145mm
ホイールベース 1380mm
最低地上高 150mm
シート高 800mm
車両重量 196kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 399cc
ボア×ストローク 67.0×56.6mm
圧縮比 11
最高出力 34kW(46PS)/9000rpm
最大トルク 38N・m(3.9kgf・m)/7500rpm
燃料タンク容量 17L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 27°30'
トレール量 108mm
タイヤサイズ(前・後) 110/80 R19/M/C 59/H・160/60 R17M/C 69H
ブレーキ形式(前・後) シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格 税込82万6100円

ネットの声

「いいね。ソロキャンプの相棒になりそう。GoPro付けてYouTubeに上げたら視聴率稼げそうだわ。」

「400では希少なモデル。250のモデルは選択肢が増えたが、400は空白地帯で、ガラパゴスですね。免許を排気量区分ではなく出力区分にして普通二輪(中型二輪)で600クラスも乗れるようにすればいいと思ってます。世界の三大バイクメーカーのある国とは思えない二輪車の法規制。」

「昨年大型の免許を取得し…このバイクを購入しました。まだ2000キロしか走ってませんが、かなり気に入ってます。旅したい」

待望のホンダ400ツアラーです。

CB400SFがあまりにも偉大なため、ホンダで他の400が育たない中にあって400Xは飛躍してほしいですね。

おすすめの記事