知ってる人もいるけど…ホンダ車特有の三角マーク

ホンダの「三角マーク」を知ってますか ほかにもある隠しマークの正体と意味

ホンダ車のフロントガラスに付けられている、小さな三角形のマークをご存知でしょうか。

ドライバーの視線より少し上の高さに、左右が向かい合うようにつけられており、2010年以降に発売されたほとんどのホンダ車にあります。

この三角マークは単なるデザインではなく、ある重要な狙いがあって装着されているのです。

視線の動きを矯正する役割がある

2008年に発売された「フリード」に初採用されて以降、順次他のホンダ車にも採用が始まった、フロントガラスの三角マーク。

もちろん、先日発表となった、新型ヴェゼルにも装着されています。

この三角マーク、一辺が4~5ミリの二等辺三角形をしており、フロントウィンドウの縁にある黒部分と同じく、セラミック製です。

言われないと気が付かないほどの小ぶりなサイズですが、大きな役割を担っているのです。

ホンダは、車 1台がやっと通れる幅 3メートルの道路を車で左折する際、運転手の視線がどのように動くか 1,000件以上のデータを集めて分析しました。

その結果、上手なドライバーは視線の水平移動が多く、未熟なドライバーは視線が上下左右に乱れていることを発見。

そこから、無意識のうちに視線の動きを補正させるアイテムとして、「三角マーク」を考案したのです。

接触事故を大幅に減らす効果が

ホンダによると、年齢も性別も体格も異なる社員 30人を動員し、道幅 3メートルの狭い左折路を軽自動車で 1人 12周してもらったそう。

出口側から見たフロントバンパーと壁の距離を測ったところ、三角マーク無しだと 壁までのバラつきが多かったのですが、マークを入れたらバラつきが 120ミリ以上減少したそうです。

ホンダは、この三角マークがあると、視線の乱れ(視線の縦方向の乱高下)が抑えられ、車幅が把握しやすくなり、結果、狭い路地などでの接触事故を大幅に減らす効果があるとしています。

海外も含めたすべてのホンダ車に、三角マークをつけることにしているようです。

意識しなければ、一生気がつかないかもしれないアイテムですが、無意識のうちにも効果が出ているとは、なんとも驚きです。

ホンダ車にある「隠れマーク」

実は、一部のホンダ車には、ほかにも「マーク」が隠されています。

ホンダのNシリーズの一部には、某テーマパークの「隠れ○ッキー」ならぬ、「隠れN(エヌ)」が、クルマのあちこちにつけられているのです。

「ホンダ車に乗ってくれるオーナーに少しでも楽しんでもらいたい」と願うホンダの想いからきている「遊び」だそう。

場所は詳しく明かせませんが、黒セラ(フロントウィンドウ縁についている黒い部分)に隠されていることが多いそうです。

ちなみにN-WGNには 4つ、N-ONEには 8つもあるそう。

ハイテクデバイスに頼らないところがすごい

今や、コーナーセンサーやアラウンドビューモニターなど、ハイテク機器が当たり前になってきましたが、そうしたデバイスに頼ることなく考案された三角マークは、ホンダエンジニアたちの知恵の結晶。

この三角マークがついていることに気が付いていなかったホンダ車ユーザー、ぜひご自身のクルマにあるか、確認してみてほしいところです。

「そういえば以前よりも道幅が狭い所での運転がしやすくなったかも」ということがもしあれば、それは「ホンダ車だからこその恩恵」かもしれません。

ネットの声

「ヘッドライトのNはともかく、三角マークにそんな意味が隠されていたとは。こういう無意識下に事故防止につながるものなら大歓迎です。他のメーカーもあるのかもしれませんが、ないのなら取り入れてほしい。」

「どれほど効果があるか分からないが、もっとアピールしても良いのでは?他のメーカーもこのちょっとした気配り表示していれば、購入時の参考になるな」

「存在には気付いていたけど、ナビのアンテナを設置する目安とかメーカー側の都合だと思ってた。。」

おすすめの記事