モトコンポの姉妹バイク?かつてホンダが販売していたスカッシュというミニバイク

ハンドルを畳むとクルマに積めるタイプも!

10万円で買えたホンダの50ccスクーター「スカッシュ」

様々なバイクが生まれた80年代は、スクーターにも個性あふれるモデルが続々と誕生しました。

1981年10月22日よりホンダから発売された50ccスクーター、「スカッシュ」の特徴はちっちゃいこと。

全長1280mmで46kg。ハンドルがたためクルマに積めるタイプも

スカッシュの全長は1280mm、シート高は653mmと超コンパクト。

しかも乾燥重量は46kg(セル付は48kg)だったのです。

そして、スタンダードのハンドル折りたたみ式は、頑張ればクルマにも積める……ことがウリでした。

車体こそ小さかったけれど、大型シートやゆったりしたフロアスペースを持ち、空冷2サイクル49ccエンジンは3.0PS/6000rpmを発揮。

大柄なスクーターに負けない走りをもたらしました。

車両価格はいくらだった?

  • スタンダードが8万8000円
  • スタンダード(ハンドル折りたたみ式)が9万円
  • デラックス(セル付)が9万8000円

テレビCMはタモリが出演

スカッシュのテレビCMには、やはりお笑い界の大物タモリさん(1945年~)が登場しています。

同時期に発売されたモトコンポと同様に、折りたたみ式ハンドルを採用したタイプもあり、

軽い車体(車両重量49kg)などと相まってクルマにも積載可能であることもセールスポイントでした。

また、街乗りはもちろん、クルマに積んでアウトドアでも気軽に乗れることから、『僕らのスニーカー。おもしろスクーター・スカッシュ。』というキャッチコピーを使っていたのです。

ネットの声

「オフクロが乗ってました。小さい車体ながらも小気味良く走るバイクでした。何度もマフラーが詰まってガスコンロで焼いたなぁ。」

「コンパクトで可愛らしいけどパワフルさに欠けるので、道を選ばないといつも坂道の途中で止まってたなぁ。」

「私は登場した翌日に購入!ワンオーナー車  約6年乗りましたよ(笑)」

1980年代はまさにバイクの黄金時代でしたね。

おすすめの記事