日本初の民間ロケットの打ち上げに成功。

和牛ビジネスのプロデュースも手がける堀江貴文氏。

肩書きは多彩で、実業家、著作家、投資家、タレント、YouTuberでもあるのだ。

そんな、堀江氏の『時間革命』を読んでみた。

スキマ時間に仕事をしている??

さまざまなイベントや、ゴルフなどの趣味に国内外を飛び回る堀江氏。

多忙なスケジュールのスキマ時間に触るスマホで仕事の指示を送っている。

「いかに時間を使わずに多くのものを生み出し、効率よく世の中に伝えるか」

を徹底する堀江氏の「時間術」とは?


堀江氏が何よりも大切にする「時間」だけをテーマにした初の著書『時間革命』

その中から感銘した部分を抜粋

ストレスって何?

以前の僕は「ストレスがたまる」という感覚がよくわからなかった

生きていれば、不愉快な人間には出くわすこともある。

そのときそのときで不快感を抱くのは当然だ。

勢い余って、面と向かってその人を罵倒することもある。

しかし、その場で発散してしまうので、ストレスが蓄積していくことはない

今後、関わるつもりがない人間はけっこういる。

ずっと恨んだり憎んだりするわけでもないので、悪い感情が腹の底にたまることもない。

すっきりしたものである。

ストレスから距離を置く

僕が人生で初めてストレスがたまるということを実感したのは、刑務所に収監されてからの日々だ。

このときは、ストレス発散の方法も限られていた。

なによりも自由を拘束されているわけだから、ストレスの原因から距離を取ることがそもそもできないのだ。

このときようやく僕は、「これが世の中の人がよく言う『ストレスがたまる』ってやつか……」と実感したのである。

それと同時に、やはりとても不思議に思えてきたことがある。

シャバにいる人たちは、いくらでもストレスの原因から逃げられるはずだ。

なのに、なぜいつまでも何も行動しないでじっとしているのだろう…と。

とくにみっともないのは、ストレスを感じているのに、不平を垂れ流しながら、現状に甘んじている人たちだ。

「会社の上司が無能すぎる!」
「あの職場って本当にクソなんです!」
「うちの夫はまったくダメで……!」

などといつも怒っている人は、一度頭の中で思い浮かべてみるといいだろう。

『あなたは川に浮かびながら、誰かが食い荒らした「残飯」を手にして、「こんなマズい食べ物はない!  なんだこれは!」と文句を言っている。だったら、そんなものは捨ててしまえばいいのに、それでもその「残飯」を後生大事に持っているのだ。』

そんな人が「相談」などと称して僕のところにやってくる

「堀江さん、この『残飯』ってすごくマズいんですよ。ひどくないですか?」

などと言うのだ。

力を抜いて水面に浮かんでいる僕には、そういう景色が見えている。

「ふざけるな!!  さっさと捨てろ!」

そんなふうに僕が怒鳴りたくなる気持ちを、少しはわかってもらえるだろうか。

牢獄に入っているのでもない限り、誰もあなたに「マズい残飯を食べろ!」なんて強制したりはしない。

あなたが勝手にマズいものばかりを食べて、ストレスを抱え込んでいるだけなのだ。

ストレスを生む時間を極力減らす

だから、ストレスを生む時間は、極力減らすべきだ。

そのときは「絶対時間」ではなく「体感時間」の長さを基準にする。

つまらないオッサンと会食をしても、時間はなかなか進まない。

しかし、かわいい女の子とするデートは一瞬で過ぎ去ってしまう。

長く感じる時間は、あなたにとってストレスの原因になると思ったほうがいい。

体感時間の長いものを人生から排除すると、あっという間に過ぎてしまうことばかりだ。

それをあなたのスケジュールに埋めていこう。

もう1つは、ストレスを与えてくる人間を徹底的に避ける

不快な人間がいたら、その人とは関係を絶ったほうがいい。

その場で怒鳴りつけてもいい。

しかし、わざわざ軌道修正してやる義理はないから、あとはスッパリ“切る”のがいちばんなのだ。

嫌いな人間について、ダラダラと愚痴を言うのはやめたほうがいい。

声を大にしていいたいがの、

『それが「腐った残飯」だと気づいているのに、いつまでそんなものを大事に持っているつもりなんだ?』

いますぐ投げ捨てればいいだけのことだ。

感想

刑務所シリーズは楽しかった。

それがあればこその有益な時間の使い方がわかってくる。

この本だけを読んでも「何を言ってるんだ??」なんて思う人もいるかもしれない。

読みやすい本なので「刑務所なう」などから読んでみると、「時間革命」の著者の言いたいことがわかってくるかも。
刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日 (文春e-book)

時間革命 1秒もムダに生きるな

『時間の質を上げることは人生の質を上げること』は、まさにその通りだと心に刺さった。

おすすめの記事