辞退続出の中で藤森は「聖火ランナーやらせていただきます」

オリラジ藤森慎吾 「聖火ランナーやらせていただきます」「普通に考えて光栄です」に称賛の声。

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(37)が2月28日、自身のツイッターを更新し、「地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」とつづりました。

芸能人の辞退者続出

2月27日までに福島県内を走る予定だった俳優の斎藤工(39)と沖縄県内で予定していた女優の玉城ティナ(23)がランナーを辞退。

石川県内で予定していた常盤貴子(48)、大分県内で予定していたシンガー・ソングライターの阿部真央(31)も日程上の理由で辞退したことが明らかになっていて、著名人の“辞退ドミノ”が発生しています。

聖火ランナーやらせていただきます

藤森は「藤森、地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」と宣言。

「五輪のランナーって普通に考えて光栄です」と思いをつづり、「あと、美代子(母)さんと94歳のおばあちゃんが喜んでくれそうなので、走ります!!」とキッパリ。

続けて「諏訪市の田んぼ道を走れるといいな!密は避けましょう。ネットで見て!」と呼びかけました。

ハッシュタグでも「聖火ランナー」「ただ走りたい」「ボコらないでねww」と添えています。

フォロワーも称賛

フォロワーから

「素晴らしいじゃないですかっ!」
「東京五輪を楽しみにしている一人として、この状況で声を上げていただいた勇気に感謝しかありません」
「辞退する方々が増えたのでもしかして…と思いましたが嬉しいです!」
「辞退する有名人が増えてきた中、藤森さんの決断に感動しました」
「聖火ランナー辞退が正義、みたいな取り上げ方をされていて違和感がありました」
「応援してます」
「見直しました。自分の道をまっすぐ走り抜けてください」

などと、称賛の声が多く寄せられています。

ネットの声

「走りたくない人がいれば、走りたい人がいて当然。特に藤森は地元愛も強そうだし、長野の聖火リレーを盛り上げたい気持ちが強いんじゃないのかな。辞退が続出して同調圧力になるのは日本の芸能界の悪い面が出てる気がするし、志願する人は応援したいね。」

「辞退することが正義って雰囲気が好きじゃなかったから、こうやって素直に光栄って言ってる人見ると安心する。みんなそれぞれ、自分の考えでいいよね。」

「どちらが正しいというものではない。「辞退すべきだ」あるいは「走るべきだ」と空気を作って、そうしない人を批判するようなことになってはいけない。聖火ランナーにモチベーションがあれば走るし、なければ辞める。本人の気持ちの問題だ。開催論者も中止論者も自分の考えに沿うか否かで批評しているのは外野の声に過ぎない。」

いろいろな意見があっていいと思いますが、オリンピックをやるなら一枚岩になりたいですね。



おすすめの記事