午前10時のラブホテル…貴ノ浪の死因は腹上死

貴ノ浪…知ってますか?幕内勝利数は歴代11位…往年の名大関ですよ。その貴ノ浪こと音羽山親方が鬼籍に入ったのは2015年6月20日のことです。今から4年前ですからそれほど古い話ではありません。

角界のタブー!往年の名大関はラブホテルで腹上死…

貴ノ浪(音羽山親方)…享年43歳。しかし、命を落としたのが「午前10時のラブホテル」だったことは報じられていません。知る人ぞ知る程度であり、角界のタブーとなっているのです。

場所は大阪府豊中市走井(はしりい)伊丹空港から車で5分の距離にあります。当時の6月20日は、蒸し暑いうっすらと晴れた朝から始まりました。

時間は午前10時20分。この町に4軒あるラブホテルのうちの一つに姿を現した大男…それが元大関・貴ノ浪こと音羽山親方だったのです。

それから何が起こったのか…(ラブホテルですから目的は分かるのですが…)

その前に、青森県三沢市に住む貴ノ浪の母・京子さんによると

「貞博(貴ノ浪の本名)はその前日、奥さんに“友達5人と会ってくる”とだけ言って、大阪へ向かったそうです」

次に相撲担当記者の談です。

「親方一家は、2002年に結婚した6歳上の陽子夫人と、10歳になるひとり娘の3人家族。彼女らは名古屋で生活し、親方は東京へ単身赴任をしています」

ということは、明らかに密会(不倫)ということになるのですが…しかし、この時点で貴ノ浪にはヒタヒタと死に神が近づいていたのです。

大阪府警関係者の談です。

「ホテルの部屋は全部で53。取り立てて特徴のない一室で、親方は“大阪妻”とコトに及んどった。それが30分もせえへんうちに状態がワルなって、慌てた女が受付へ連絡を寄こしたんです」

さらに続きます。

「で、ホテルからの119番通報を受け、救急隊4人が向かったものの、時すでに遅しやな。死因は急性心不全やけど、いわゆる腹上死。貴ノ浪は有名人やし、去年から話題の連続青酸不審死事件のこともあって、司法解剖へ回したうえで、薬物検査もした。けど、死因に不審な点はなかったんですわ」

そもそも腹上死ってどんな状況?

腹上死というのはどういった状況なのでしょうか。

これには、在職中500件以上の腹上死に立ち会ったという、元東京都監察医務院長の上野正彦氏にシミュレートしたもらいました。

「心室が痙攣した結果、胸を握りつぶされるような激痛が走り、“うぅ”とうめくことしかできない。呼吸困難ゆえに胸や喉を掻き毟ったり、口から血の混じった泡がこぼれることもある。それが30秒弱続いた時点で意識を失い、2~3分したら心停止へ。これ以前に電気ショックを与えられれば、蘇生の可能性があるのですが」

電気ショックを与えることのできるAEDなどの装置を、休憩3時間で4,000円といったラブホテルに臨むべくもありません。

大阪妻との逢瀬で桃源郷のまっただ中にいたであろう、次の瞬間に苦痛に身もだえするはめになるとは…まさに急転直下ということですね。

腹上死…これはまさに行為の真っ最中に起こるものなのです。

当時、程なく報告を受けた日本相撲協会は、事実をいくぶん糊塗して発表しました。それを素直に受け取った新聞各紙は、こう伝えています。

〈20日午前10時55分、急性心不全のため滞在先の大阪市内のホテルで死去〉

もちろん、ホテル名も伏せられました。

しかし、人の口に戸は立てられず…真相は果たして、関係者の口伝えにドンドン拡散していったのです。

貴ノ浪の突然死から2日後のこと…

名古屋市内で営まれた告別式に集った300人の列席者からは、

「“まだ若いのに残念”などといった声があるなかで、“フクジョウシだってさ”という物騒な単語が飛んでいました」

協会関係者の談です。すでに多くの人の知るところとなっていたのは間違いありません。

力士は怪我と病気のデパート

貴ノ浪の死は誰しも「まさか」といったほどの災難でした。それでも、ベテラン記者によると次のように言っています。

「そもそも彼は心臓に大きな爆弾を抱えてきた。04年夏場所中の引退は、心臓が止まりかけての“ドクターストップ”によるもの。その2年後には、急性呼吸不全や心房細動などを併発してICUに入りました。この時は心臓が止まり、緊急手術を受けているのです」

これを聞くと、愛人とのラブホテルは、自殺行為とも言えます。また、有名人なのだから、3時間4千円のラブホテルではなく、市内のホテルを利用することはできなかったのかという疑念もあります(密会だから仕方なかったのか…)。

43歳という若さでの急性心不全はなかなかない…医師の言葉が続きます。

「親方は高血圧症や高脂血症などの持病を抱えていたということですから、心臓には常に負担がかかっていたわけです。そのうえ、不倫相手とラブホテルでの逢瀬となると、精神的興奮度が高まり、これまた心臓に悪い。ただ、薬を飲んで病気をコントロールしていれば、彼の若さで急性心不全になることはまずない。本人は“体調は悪くない”と高を括っていたのでしょう」

いずれにしても、陽気な性格で若さもあって、親方衆の中でも「宴会部長」としての役割を果たしていたということです。仕事ぶりも「女好き」以外は、協会内でも高く評価されていたということです。

当時の関係者の談では、

「これからの出世は間違いなかった。それというのも、理事長の北の湖がそろそろ退任し、その椅子が八角、そして貴乃花へと引き継がれる流れが固まりつつありますから」

貴乃花が角界を去っていますから、一門を貴ノ浪が継いでいたのは間違いないでしょう。協会や貴乃花一門にとっては大きな損失であったのは間違いありません。

遺族にとっての痛みや悲しみは計り知れず、そして今際の際に一緒にいたのが愛人だったということが、死因を口にはできない角界のタブーとなってしまったのです。

ネットの反応

「有名人なんだから逢瀬ももっとちゃんとしたところにすればよかったのに…」

「貴乃花一門にとって貴ノ浪を失ったのは痛手だった」

「明るくて大好きだったけどね」

亡くなって早4年…冥福を祈らずにはいられません。

おすすめの記事