複数の借り入れがあって、新規の審査に通らないときはどうしたらいいでしょうか。
借りないで済むならそれでいいのですが、返済のための禁断の新規借り入れ…今を何とか乗り切り…そんなときもあります。

複数の借り入れがある場合に気をつけたいこと

お金は天下の回りものと言います。
お金を借りてそれを返済するというのも、一連の流れとみていいでしょう。
それが滞納したとなると、その流れをせきとめてしまう形となります。

滞納というと、うっかりミスで銀行にお金を入れておくのを忘れたなんてこともあるでしょう。
実際にはそのようなことも多いのではないでしょうか。
うっかりミスでも、滞納は滞納としてカウントされるので十分に注意したいところです。

また、お金が用意できなくて滞納した場合、その旨をすぐに銀行なり消費者金融会社に連絡して、お金を期日までに入れておくと事なきを得る場合もあります。
もっとも、滞納をしたという事実は消えません。
すぐに支払いを済ませた場合では、ブラック状態になることはないでしょう。

実際にブラックになるということは、滞納から返済不能になって、さらに連絡も取れなくなって簡易裁判所に訴訟を起こされることです。
この場合、銀行や消費者金融会社が訴訟を起こすということです。

返済できないと思ったら

滞納をするのは、まずいということはよくわかると思います。
お金の貸し借りは契約に則って行われるものです。
そこには、はっきりと滞納についても書かれていることでしょう。

遅延損害金を、支払うからいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、支払期日までに支払うという約束で契約を結ぶのですから、遅延損害金はある意味罰則ということです。
遅延損害金を支払うことで、それ以降もお金の貸し借りができればいいのですが、度重なる滞納ということになると、カードローンの場合はローンカードの利用停止となってしまいます。
その場合は、ローンカードでお金を借りることはできず、ひたすら返済していくしかありません。

その返済も滞ってしまうと訴訟沙汰ということになってしまうのです。
ですから、滞納は社会人としてやってはいけない行為ということです。
それでも、お金がないときはどうしたらいいのでしょうか。

多くの人はその場合、他の金融機関のカードローンを申し込んでお金を借りてそれを返済に充てるのです。
あまり良い方法とはいえませんが、返済するお金がなければ、そこでギブアップするのではなくまずはお金が工面できないかを考えます。
その工面の方法が他社からの借り入れなのです。

ちなみにギブアップというのは、お金が返せないからと弁護士などに相談し、裁判所に仲介に入ってもらって、それ以降の返済計画を金融機関の担当者と話し合うものです。
その場合、金利などが低く設定されて、返済しやすくなるメリットが債務者にはあります。
しかし、債務整理ということになりますから、債務者はそれ以降クレジットカードの作成や、新たなお金の借り入れができないなど、社会的制裁を受けることになるのです。

それでも債務整理はある意味、借りたお金はしっかりと返済するということですから、自分自身には借金を帳消しにしたという意識はないでしょう。
契約時の金利などを破棄した形になるので、債権者側の金融機関にとってみれば、契約不履行の何者でもないということになるのです。
それでも、債務者のほうで返済できないということになれば、自己破産という選択をする場合もあります。

この場合、家財一式が差し押さえになります。
持ち家があるようでしたら、それも差し押さえ物件となるのです。
そのくらいの社会的制裁を受けることになるので、債務整理などできちんと返済して行く道を考えたほうがいいでしょう。

他社借り入れのケース

お金がない、返済に窮してしまったとなったらどうしたらいいでしょうか。
ない袖を振ることはできません。
しかし、滞納もしたくないとなると、後は他からお金を借りてくるしかありません。

それが、借り入れの2件目ということでしたら、すんなりとお金を借りることもできるでしょう。
1件から2件目の借り入れというのでしたら、多重債務というわけでもなく、通常複数の金融機関からの借り入れというのはよくあることだからです。
ただし、借り入れの理由が、返済のための借金というのでしたら、事情も変わってきます。

もっとも、返済のための借金というのを借り入れの理由に挙げる人はいないでしょう。
それが理由であったら、金融機関もなかなかお金を貸してくれないと思います。
唯一の例外はおまとめローンです。

この場合、複数の借入件数を一本化して返済をスムーズにするものです。
多重債務の解消ですから、おまとめローンは借りやすい借金ということが言えるでしょう。
しかし、後述しますが多重債務とはいっても、借入件数が多くなると、おまとめローンの申込みをしても借り入れができないことがあるのです。

要するに、審査にパスしないということです。
通常他社借り入れも3件までというのが通説となっています。
これが本当なら、4件目の借り入れができないということになります。

しかし、2件目を借りたら3件目もあるのが借金の世界です。
そうなると、さらに次の借り入れをしないと首が回らないという人も出てくることでしょう。

借金の返済のために借金をするというのは連、鎖してしまいます。
言うなれば、坂道を転げ落ちるかのように傷口が広がってしまうということですね。

そもそも3社借り入れまで審査は通るの?

消費者金融会社のカードローンが何社なら多重債務状態になるのかというと、概ね3社程度となっているようです。
ですから、3社まではなんとか借り入れができるかもしれないということになりますが、世間的には3社程度でも借りすぎとなるのではないでしょうか。

それでも目的のあるローンでしたら、それも許容範囲となるかもしれません。
住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどでもこれらは必要経費とでも言えそうなローンですから、3つともOKというわけではありませんが、許容範囲とでも言えるでしょう。
銀行カードローンなどは、使途自由のフリーローンと呼べるものですが、このような類いのローンとなると、やはり何件も借入れするのは自分の属性を不利にすることになるでしょう。

住宅ローンなどは、性質的にもカードローンなどのフリーローンと同列に考えない風潮があります。
カードローンの申込み書に他社借り入れやローン件数、さらには債務総額などの記述欄があるのですが、それには「住宅ローンを除く」と書いてある事が多いのです。

複数の借入れで審査は通るのか

気になるのがすでに債務がある状態です。
カードローンを利用していてさらに同じような性質のカードローンを組むことができるのかということですね。
基本的には組めます。

というよりも、他社借り入れも2件あるいは3件までは問題なく借入れをすることができるようです。
これは、何件まで借り入れOKなのかという明確な基準はありませんし、銀行は消費者金融会社などもそういったことを公表していません。
ですから、世間一般的なことと、銀行や消費者金融会社のOBなどから、漏れ伝わった情報から推察しているのです。

おおかた間違ってはいない情報と言えるでしょう。
そして、3件のカードローンを利用していると、債務金額にもよりますが毎月の返済も大変になってくることでしょう。
そういった場合は、おまとめローンを利用するとよいでしょう。

「まとめ」という名前そのままに複数の債務を一本化するものです。
最近よく聞かれるローンの一つの形なのですが、消費者金融系カードローンの借入件数が多くなってくると、毎月の支払金額も多くなってきます。
支払いも大変ですが、支払日もまちまちですから、その月を乗り切るのがだんだんと大変になってくるのです。

そのようなおまとめローンも多重債務の一本化といいながら、借入件数が多くなると審査に通ることもできないでしょう。
そういった、借入件数などの情報も信用情報機関に照会することで、すぐにわかってしまいます。
また、銀行系のカードローンは、総量規制の対象外ですが、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となります。

よく聞く総量規制ですが、収入の3分の1までしか借り入れができないというものです。
同じ金融機関でも消費者金融会社のカードローンに総量規制がかかるのも、金利の高さなどが影響しているのは間違いないでしょう。
銀行系ローンでもみずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどは特に人気があります。

借入件数が多くなっている人は、最初の1件は銀行系ローンが多いのですが、2件目以降は大手消費者金融会社のカードローンが多くなっている傾向にあります。
2件目以降も銀行系カードローンに申込みをして利用したいのですが、審査に通る可能性も低くなるので、消費者金融会社のカードローンに申し込むという形になるようですね。
いずれにしても複数の借入れがあると、返済に窮してくるのは間違いありません。

いずれのカードローンも返済のための借入れで限度額一杯まで使ってしまうのです。
借入額の総額も、信用情報機関にはわかってしまうので、人によっては新たな融資を受けることはできなくなるのです。
銀行系カードローンのほうが金利が低くておすすめなのですが、いかんせん審査が厳しいです。

仮に審査に通っても、借入限度額を極端に少なく設定される場合があります。
年収なども審査に加味されるようですが、年収よりも安定的に収入を得ているのかが問題となります。

もっと借入れをしたいのだけど審査に通らない

通常3社借入れとなると、ギリギリ多重債務とは見なされない場合が多いのですが、それでもその借入れの内容が悪いと、新たなカードローンの審査に通らない場合もあるでしょう。
内容というのは借入先です。
3社とも消費者金融会社のカードローンということでしたら、心証も悪くなるのです。

借金が多いということの引け目もあることでしょう。
3つも消費者金融会社から借入れをしていると、月々の返済額も大変な額になることが容易に想像できます。
さらに、借入金額も相当な金額となっていることでしょう。

いずれは、返済不能になって事故情報として信用情報機関に登録されることになるかもしれません。
そういった状況が容易に想像できる人に融資をする金融機関はないと思ってもいいでしょう。
カードローン申込みには、他社借入れ件数や借入れ金額などの記入が必要です。

融資を受けたいがために、他社借入れがあるのに「他社借入れなし」と記載したとします。
それも信用情報機関への照会ですぐにわかってしまうので、虚偽の記載は即刻審査落ちとなってしまうので正直に記載するようにしましょう。

3社借り入れがある場合で、新たな借り入れをしたい場合は、中小消費者金融会社に申し込むと審査に通る場合もあります。
ただし、金利が高くなるので支払額も多くなります。

また、他社借り入れがあるということで、希望融資額に届かない場合もあるでしょう。
複数の他社借り入れがあるとどうしても、多重債務者としてのレッテルと貼られることになります。
そのため、3社借り入れがある場合は、生活を犠牲にするとまではいきませんが、支出を極力すくなくして1社でも、負債を完済するように努めたほうがいいです。

カードローン利用者は、えてしてお金の使い方が荒い人が多いです。
そのため、貸金業者に融資の申込みをするようになるのですが、基本的に普通の会社に勤めていれば、借金をすることなく生活をすることが可能です。
どこかに支出が大きくなる部分があるため、お金が足りなくなってカードローンを利用するようになるのです。

そのあたりを一度立ち止まってみて、十分に精査する必要があるでしょう。
3社借り入れがある申込者にとって、申込みフォームに記入する他社借り入れの数はわかると思いますが、他社借り入れ額の送金額などの記述に困るような人も少なくないです。
これは、自分の現在の借金総額がわかっていないということですから、そういった人が新たな借金の申込みをすること自体に問題があるといえるでしょう。

お金を借りるということは、申込者の信用が第一です。
複数の借り入れがある場合は、借り入れ金額も相当なものになっていることでしょう。
金利も気になるという人も多いのですが、複数の借り入れがある場合が銀行のカードローンの融資を受けるのも難しいでしょう。

金利が気になるという人もいるけれど

消費者金融会社のカードローンの金利が気になるという人もいることでしょう。
利息制限法や貸金業法などで上限金利は20%までとなっています。

これ以上の金利を設定するのは、ヤミ金くらいしかありませんから気をつけましょう。
そして20%の金利というのもかなり高い印象です。
もっともこれはその消費者金融会社が設定する最小融資額の金利です。

ですから、たいていの場合は50万円までの融資がこの20%の金利になると考えていいでしょう。
融資額が大きくなるほど金利は下がっていきます。
とはいっても、50万円を1年間で返済した場合10万円の利息がつくのですから、これはやはり高金利と言えますね。

3社借り入れでさらに借り入れできるとことを探している人へ

3社から借り入れをしている人で、さらに借り入れ先を探している人は、多重債務者の道をまっしぐらということになります。
また、金融機関によっては3社借り入れですでに多重債務者とみなしているところもあります。

いずれにしても、あらたな融資をお願いするにはおまとめローンのほうがいいでしょう。
消費者金融会社でも、おまとめローンの場合は総量規制の対象外となりますから、借り入れ金額の総額を借りることもできるのです。

もっもと、その消費者金融会社のカードローンの融資限度額が、借り入れ金額の総額以上でないと債務の一本化ができません。
審査に確実に通りたいと思えば、中小の消費者金融会社のカードローンに申し込めばいいのですが、中小の消費者金融会社の融資限度額は、少額な場合が多くおまとめローンとして活用するには心許ない場合が多いのです。

滞納さえしていなければなんとかなるかも

新たな借り入れができないと、たちまち返済に窮してしまってあげくには債務整理の道へ、という人もいるかもしれません。
貸金業者から見ても、常に融資限度額一杯の借り入れとなっている人は要注意人物なのです。
借り入れをして、その返済に借り入れ分を充てるという自転車操業となっている借入者は、特に注意されているのです。

カードローン借入れの申込みをする際も、信用情報機関への照会で入出金情報もわかりますから、そのような常に利用限度額一杯まで利用している人に審査は通りにくくなっているといってもいいでしょう。
それでも、滞納がなく形はどうあれきちんと返済をしているのでしたら、審査に通る道も少なからずあると言えるでしょう。
借入れ状況は常にチェックされていると考えていいです。

そのため、カードローン借入れで審査に通りやすくするためにも、現在の借入れの返済に対して滞納はしないというのが原則です。
借入れに慣れている人や、一度ならず借金で失敗した人は、滞納した場合の影響をよく知っている人ですから、滞納は絶対にしないというモチベーションの高さがあるのです。
そのあたりは見習いたいところですね。

おすすめ消費者金融系カードローンといのはないのですが、できれば中小消費者金融会社のカードローンよりも、大手消費者金融会社のカードローンのほうがいいです。
きちんと利用していれば、おまとめローンなどの道も残されていますし、とにかく大手消費者金融会社からの信用は大事にしたいものです。

申し込み時にローンの試し診断などもあるのが嬉しいですね。
審査に通りやすい通りにくいというのが客観的に判断できるので、是非とも利用したいものです。

新たな借り入れ以外にもう一つの手があるのです

カードローンの申し込みを金融業者にお願いしても、多重債務者ということで、審査に通らない人も多い事でしょう。
申し込みばかりしていると、申し込みブラックになってしまい、さらに借入れが難しくなります。
できるだけ、大手消費者金融会社である、アイフルやアコム、プロミスといった金融業者から借入れをしたいのですが、それがかなわない場合は中小消費者金融会社への申し込みということになるでしょう。

しかし、中小消費者金融会社のカードローンは借入れ可能額が少額な場合が多く、心許ないというのが正直なところです。
また、属性が低く、借入れ希望額が100万円に対して、30万円の融資しかできないという回答をもらう場合もあります。
いずれにしても、カードローン審査というのはシビアに行われるものであり、常に申込者の返済能力が問われていると考えていいでしょう。

融資限度額の増枠を申し出る

新たな借り入れが難しいのであれば、現在借りている消費者金融会社のカードローンを利用しましょう。
限度額一杯まで借りているので、どうしようもないという声が聞こえてきそうですが、その限度額を増枠することができるのです。
たとえば、100万円の限度額を200万円に増枠することも可能です。

当然ですが増枠申請をすることになります。
これも通常の新規カードローンの申し込みと同様に審査があります。
もっとも、それまで滞納なくきちんと返済していたのであれば、審査にパスする可能性はグンと高くなるでしょう。

ですから、新たな借り入れ先を探すのではなく、現在利用しているカードローンの借入れ限度額を現在よりも増額するようにしましょう。
審査も新規の申し込みよりも若干は緩いはずですから、審査にパスする確率は、新規申し込みよりも格段にアップするということですね。
他社の借入れについて滞納状態にあるという人は審査に通らないかもしれません。

やってみないと分からない部分もあるのですが、新規ではなく、既存会員ですから優遇されることもあるでしょう。
新規の申し込みよりも増額申請が現在のトレンドと言えるかもしれませんね。
増額申請も明らかに新たな借金を作ることになるのは間違いありません。

すぐに限度額一杯まで借りてしまって、他のカードローンも増額申請をしようかということになりがちです。
審査に通りやすいといっても、総量規制の壁もありますから、常に年収と借入総額というのは頭に入れておかなければいけないのは言うまでもありません。

ネットの声

「どうしてもお金が必要で借りたかったのですが、会社はゴールデンウイーク完全休業で在籍確認が取れないという状況でした。そんな時、在籍確認の電話が不要というアイフルを見つけてオペレーターの方に相談すると、保険証を撮影して送るように言われました。結果は通過。休み明けまで待てない状況だったので非常に助かりました。オペレーターの方も親切でよかったです。」

「今まで、銀行のカードローンや他のキャッシングなどいろいろ使ってきてアイフルが断トツで審査が早かったです。ネットで申し込める今の世の中、ただ即日で使えるかだけでなく、何時間で使えるのかも意識することは大切だと思います。すぐ借りたい方にはいいキャッシングなんじゃないでしょうか。」

「18時を回ったタイミングで急にお金が必要という事態になりました。プロミスだけでなく、知っているキャッシングの契約機がなくてその日に借りることは諦めていました。でも三井住友銀行の中にあるローン契約機でプロミスを申し込め、その日のうちに10万円借りられました!」

なんとかしたいなら大手がいいのですが、いかんせん審査が厳しいときがありますからね。

おすすめの記事