そういえば最近見ないな…ふなっしーのテレビ出演が激減した理由

ふなっしー テレビ出演が激減した理由…きっかけはメキシコロケ 熱中症翌日に…「体力がついていけない」

千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」が5日に放送されたテレビ朝日「伯山カレンの反省だ!!」(土曜深夜0・05)に出演。

テレビ出演が激減した理由について赤裸々に明かしました。

テンション高く登場も

体を激しく揺らしながら「ヒャッハー!ふなっしーなっしー!よろしくお願いしますなっしー!」とテンション高く登場するふなっしー。

しかし、番組MCを務める講談師の神田伯山(37)から「前の方がキレあった気がする」とツッコまれ「そんなことないなっしー!」と一応否定したふなっしー。

https://twitter.com/tv_asahi_PR/status/1335162000687550464

なおも「最近見てないから、ふなっしーはもう終わったのかなと思ってた」と続けた神田が「いくつなんですか?」と年齢を聞くと

「設定どうだったかな」と禁断のコメントまで発し、神田と同じくMCを務めるタレントの滝沢カレン(28)の2人をまずは苦笑いさせたのです。

スタッフの要求に耐えきれず

2011年に誕生した梨の妖精、ふなっしー。

しゃべって動けるご当地キャラとして大人気となり、一時はテレビで見ない日はないほどの人気を誇ったのです。

しかし、ここ数年はほとんどテレビで見かける機会が少なくなりました。

最近の活動について「テレビは控えてて。イベントばっかりです、ここ何年か」と打ち明けました。

神田に「『テツandトモ』と同じやり方してるんですね」とツッコまれる中、テレビ出演が激減した理由については

「無茶ぶりが多くて。きっかけっていうとあれなんだけど、メキシコに行って熱中症になったなしよ」と告白。

「でも、次の日に湖に沈められるっていう…」とどんどん激しくなるテレビ局スタッフの要求に耐え切れなかったと明かしたのです。

加藤浩次に感謝

「テレビの方にはすごく感謝しているんだけど、ふなっしーの体力がついていけないなっていうのを痛感した事件ですね」とし、

「『中身の人、出てください』とか」と対応に苦慮する依頼にも悩まされたというのです。

そういう時は「キャラクターのイメージがあるのでお断りさせていただいている」というふなっしー。

自身がブレークする一番のターニングポイントは朝の情報番組で「MCの人と相撲を取って投げられた時」とお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)に投げ飛ばされた伝説のシーンを挙げました。

「いたら必ず頭を下げにいく。恩人です」と加藤には今でも深く感謝していると話していたのです。

ネットの声

「中身の人出てください、は一番言っちゃいけないよ。子供の夢じゃなくて、大人だって見たくない。そんなオファーは断って正解。一時期はふなっしーを出しとけば視聴率が取れる風潮があって、より過激なことをさせようって競争があったように感じてた。」

「自分の命を守る事が出来て良かった。テレビの世界は無茶振りをするから、怪我や事故が多いんだよね。
見てる人を楽しませる事は解るけど、度は過ぎたら行けないと思う。」

「ふなっしーの凄いとこは、あの【アドリブトーク】あそこまで回転早く場を盛り上げるしゃべりは芸人以上に面白かった。そういう愛されキャラに対して内容の薄い体当たり演技をゴリ押ししたテレビ局は罪深い。
あとにも先にもふなっしーを超えるキャラは出てこないと思う。」

中身はどうでもいいので体の許す限り緩く出演してほしいですね。

おすすめの記事