売れてないけど良いクルマはけっこうあるよ!敢えて不人気車を購入するメリット4つ

「売れてない=デキが悪い」じゃない! あえて「不人気車」を買うメリット4つ

毎年数多くの新型車が登場しているが、残念なことになかなか人気に火が付かずにマイナーな存在のままという、

いわゆる「人気薄モデル」というものが存在しています。

登場のタイミングが悪いだけで人気薄となってしまうモデルも

もちろん、各メーカーが満を持してリリースしたモデルだけにクルマ単体としてみれば決して悪いものではないのですが、

強力なライバル車が存在していたり、若干地味な雰囲気だったり、

主流のボディタイプでなかったりとさまざまな理由で人気車種となっていないという不遇なモデルです。

しかし、前述したように決してそんな人気薄モデルもクルマとしての魅力が薄いわけではありません。

そこで今回は、そんな人気薄モデルを選ぶメリットをいくつかピックアップしてご紹介します。

1)他人と被らない

人気薄モデルも最も美点と言えるのですが、他人と被る率が低いということです。

人気車種であれば一日に何十台とすれ違うことも少なくなく、ショッピングモールなどに行けば自分のクルマがどれなのか一瞬分からなくなるといったことも日常茶飯事です。

しかし、人気薄モデルであればそういったことも少なく、まさにオンリーワンの存在となることも夢ではないのです。

2)値引きが大きい

人気モデルであれば黙っていても売れていくため、値引きもシブいことが多いのですが、人気薄のモデルであれば値引き額が大きくなる傾向にあります。

特に販売店の在庫車であれば売る側も不良在庫としたくないため、いきなり大幅値引きが飛び出す可能性も大いにあり得るのです。

3)中古部品が安価で手に入りやすい

万が一トラブルが発生したとき、部品を安く手に入れる手段としてポピュラーな手段がネットオークションやフリマアプリなどが挙げられます。

しかし、人気車種の定番トラブル箇所ともなると引き合いも多く、競り合った結果、新品部品と大差ない価格になってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

一方、人気薄モデルであればそもそも競り合うライバルが少ないため、価格が競り上がる可能性も低く、うまくいけばスタート価格で落札も夢ではありません。

ただし、人気薄すぎてそもそもオークションなどに出品されないという可能性もあるのですが……。

4)もしかしたら価値が上がる可能性がある

新車時は不人気だったものの、気づけば希少車種となって中古車市場ではプレミア価格となっている元人気薄モデルも少なくありません。

そのため、大切に乗り続けていれば、最終的に手放すときに思いもよらない高値となる可能性も秘めているのです。

もちろんすべての人気薄モデルがそうなるわけではないが、どうせ人気薄モデルを選ぶのであれば、

あえてレアなグレードのレアなボディカラー、レアなオプションをチョイスするのもアリではないでしょうか。

ネットの声

「「他人と被らない」とか「値引きが大きい」ってのは理解できるけど、「中古部品が安価で手に入りやすい」は逆。
そもそも市場に部品がないから手に入らない。手に入れようと思ったら純正品をメーカーから取り寄せる必要があるけど、納期がかかるし廃番になってたりするから厄介。」

「人気車よりも自分のライフスタイルを中心に考える。自分が気に入れば全然良い。どこ見ても同じ車がいるのは個人的にはあまり好みではない。」

「自分の気に入った車がたまたま不人気車種だったのならともかく、あえて不人気車種を選ぶ理由は無いかと、、。私が今乗っている、初代のマツダスピードアクセラは、買う時の値引きは渋く、価格が上がる気配は無く、部品は探しにくいです、、。現在、要交換の部品がメーカー等にも無く、その部品の終わりが車の終わりになりそうで困ってます。」

考えに考え抜いて購入したクルマは正解です。

おすすめの記事