素朴な疑問として風俗嬢もお金を借りることができるのでしょうか。借りることができるとしたらどこから??

お金を借りるならカードローン

お金を借りるなら、カードローンがもっとも使い勝手がいいでしょう。
利用可能限度額内であれば何度でも借りることができるのも大きなメリットといえます。

しかし、利用可能限度額内だからといって、返済してその利用可能額が増えるとまた借りるというのではいつまで経ってもローンの返済はできません。
そういった意味では借りたら返すのみという昔ながらのローンも捨てがたくなります。

使い勝手の良いカードローンを取るか、一方通行のローンを取るかということになりますが、これは利用目的などに左右されるでしょう。
お金が必要なときにいつでも借りることができるローンがあれば…というのでしたらカードローンがいいでしょう。
漠然とした使い道や、急な出費が必要なときに大きな力となってくれます。


一方の従来のローンでしたら、目的がはっきりしているほうがいいです。
車の購入に使いたいとか、子供の学費に充てたいといったところでしょうか。
ですから、目的があるかないか、さらにその目的が流動的なものであるかどうかでカードローンにしたらいいかどうかが決まってきます。

もっとも、カードローンのほうが大は小を兼ねるでなんでも応用が利くといったメリットは捨てがたいですが、前述したように借りすぎてしまうと、いつまで経っても完済できなくなります。
さらに返済期間が長くなると手持ち資金も枯渇してきて、さらなるカードローンを申し込むかカードローンの増枠申請をするかといったことで、借金がどんどん増えてしまうことにもなりかねないのです。
その点には十分に気をつけなくてはいけません。

利用価値が高く、さらには使い勝手も良いですから、ついつい使いすぎてしまうのがカードローンのデメリットと言えるのですが、そこをうまくコントロールできれば、借りっぱなしになるローンよりもカードローンのほうがメリットが大きいと言えます。
キャッシングにはクレジットカードも含めて様々な形がありますが、急な出費というときに頼りになるのがカードローンですね。

銀行と消費者金融会社はどちらがいい?

お金を借りるには、銀行と消費者金融会社はどちらがいいのでしょうか。
これは多くの人は、銀行で借りるほうがいいと結論づけるでしょう。

確かにそうなのですが、お金に困っている人、すでに他社借入れがある人などは銀行から借りるには少しハードルが高いかもしれません。
どうしても、消費者金融会社で借りると世間体が悪いのは今も昔も変わらないでしょう。
ですから、できるだけ銀行で借りたいのですが、お金に困っている人は総じて属性が低い場合が多いです。

また、そういった場合は他社借入れをしていることが多いので、属性が低い場合でしたら銀行も簡単にはお金を貸してくれないのです。
属性というのは信用という言葉に置き換えてもいいでしょう。
パートアルバイトといった収入が安定していない人や、他社からの借入れがある人は銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。

ですから、世間体が悪いといってもお金が必要なら、消費者金融会社のカードローンに申し込みをせざるを得なくなるのです。
銀行カードローンのほうが良いのは、世間体ばかりではなく、金利が低いのも大きな要因です。
というよりも、金利が全てといってもいいかもしれません。

返済金額が少なくなるのですから、それはある意味当然といえるでしょう。
消費者金融会社のカードローンと比較すると、銀行カードローンの金利のほうが低いのです。
それが数%の違いであっても、返済総額が数万円あるいは数十万円違うことになるのですから、金利をバカにはできません。

住宅ローンでしたら、数千万円のローンとなり1%金利が違うだけでも、数百万円の利息差が出ることになるのですから、金利は1%単位ではなく0.1%単位で考えたいものなのです。
それでも、銀行カードローンに申し込みをしても審査落ちばかりしているのでしたら、銀行からお金を借りるのはあきらめたほうがいいでしょう。

最近では銀行のほうが借りやすいという話もありますが、総量規制対象外となっているだけで金額だけが大きくなっているからです。
反対に総量規制があるおかげで、消費者金融会社のカードローンの借りすぎということがなくなっているのも、最近の自己破産件数の減少に一役かっているのは間違いないでしょう。

風俗嬢がお金を借りるには

銀行でお金を借りることができなければ、消費者金融会社のカードローンになるでしょう。
別に風俗店で働いているということは言う必要はありませんし、たいていの風俗店ではアリバイ偽造会社なるものを儲けているのが一般的です。
アリバイ会社というと何か悪いことをしているようですが、母体となる会社名が風俗店の名前とはまったく違ったものになっているのです。


ですから、所属先や勤務先をそのアリバイ会社名にしたらいいということですね。
もちろん、きちんと登記してある会社ですから問題ありません。
在籍確認の電話にもきちんと対応してもらえるので、そちらのほうの心配も無用です。

風俗店にもお金を借りたことを知られたくないという場合は、無職あるいは副業先なりの勤務先を利用しての申し込みとなるでしょう。
風俗業を専業にしていない場合は、そちらを利用したらいいでしょう。
しかし、風俗嬢を副業としている人でしたら、お金に困っていることも考えられるので、他社借入れなどもあれば銀行から借りるのはやはり難しいかもしれません。

すぐにでもキャッシングが必要でしたら、やはり消費者金融業者などのフリーローンを利用したほうがいいでしょう。
銀行に比べて消費者金融会社などのカードローン会社のほうが審査は緩めです。
但し、消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社となると、銀行ほどではないにしても、消費者金融会社の中ではキャッシング審査は厳しめになるので注意したほうがいいです。

カードローンを金融商品として取り扱っているのは大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社のみですので、カードローンを利用したいという場合は、選択肢は消費者金融会社の中でも限られてきます。
すでに、消費者金融会社のカードローンを利用しているのでしたら、利用可能額の増枠申請の申し込みをしたほうが、審査に通りやすいかもしれません。
但し、ネットのキャッシング体験談でもあるように、ブラック状態にある人でしたら、カードローンの申し込み申請を通ることは難しいと思ったほうがいいでしょう。

どうしても借りたい

数日中にお金がどうしても必要だというときは、WEBで消費者金融会社に申し込むよりも、直接店舗に出向いての申し込みをしたほうがいいでしょう。
大手消費者金融会社でしたら、無人契約機などがありますが、やはり面談形式での申し込みのほうが審査に通りやすい場合が多いのです。
大手消費者金融会社の多くはレディースローンを用意しています。

女性専用のローンなのですが、金利で優遇されるというものではなく、担当者が女性になるので相談しやすいというメリットがあります。
また、申し込みの際には収入証明書が必要になるので、事前に用意しておいたほうがいいでしょう。
銀行などの金融機関よりも融通が利くので、借りやすいのは間違いありません。

仮に100万円の融資の申し込みをしても通らない場合は、消費者金融会社のほうから、50万円までなら用立てできるなどといった救済策を講じてくれる場合もあるので助かります。
どの消費者金融会社でも、在籍確認電話はあると思いますが、そのときはアリバイ偽造会社の電話番号を教えるようにしましょう。
アリバイ偽造会社はそのためにあるようなものですから、臨機応変に対応してくれるでしょう。

消費者金融会社も申込者が女性の場合は、すぐに女性担当者が対応してくれると思います。
消費者金融会社などのキャッシング業者のほうが、このあたりは対応がすごく丁寧だと思います。
カードローン審査も店舗では、WEBと違ってかなり早く行ってくれます。

早ければ数分程度で審査が終わるでしょう。
過去に利用履歴のある利用者だった場合は、実績もあるので審査に通る確率はかなり上がると思います。
もちろん面談での申し込みが苦手というのでしたら、自動契約機を利用するといいでしょう。

それでも、対応はオペレータになるので自動契約機のメリットは、24時間365日いつでも対応してくれることです。
無人契約機あるいは自動契約機を設置しているのは、大手消費者金融会社だけですので、場所などはアイフル公式HPやアコム公式HP、プロミス公式HPなどで場所を確認するようにしてください。

総量規制に引っかかった場合

すでに消費者金融会社で借入れがある場合は、年収の3分の1以上借入れができないという総量規制にひっかかる場合があります。
風俗嬢だからたくさん借りることができると思いますが、多く借りる人はその限度額まですぐに借りてしまうものです。
また、風俗嬢の収入は高いと思いますが、安定収入と見られない場合もあるので、それほどたくさんのお金を借りるのは難しいかもしれません。

融資OKとなっても、希望額の半分までしか借りることができないということはざらにあります。
水商売の場合は、特に融資には厳しくなる場合があるので、収入証明書の提出は必須と考えたほうがいいでしょう。
また、総量規制にひっかかる場合は、銀行系カードローンなら総量規制対象外となるのですが、銀行系のほうが審査が厳しいので難しい面もあります。

他社借入件数が少なければいいのですが、4社以上から借入れをしている場合は難しいと考えたほうがいいでしょう。
3社あるいは4社から多重債務者とされているので、そうなると銀行からの借入れはほぼ不可能と考えていいです。
また、大手消費者金融会社からお金を借りることができない場合は、多重債務になっていることが多く,総量規制にも引っかかっている可能性が大きいです。

そのときは、通常のカードローンではなく、おまとめローンに申し込みをするようにしましょう。
これは総量規制対象外ですから、複数の借入れがあるときは、新しくカードローンの申し込みをするよりもおまとめローンで債務の一本化をするべきです。

返済が楽になるというよりも、返済窓口が一本化できるところが大きなメリットとなります。
さらに債務が一本になるので、銀行からの借入れもしやすくなるのがさらに大きなメリットと言えるかもしれませんね。

ネットの声

「法外な利息を取るような悪徳業者に借りるではなく、大手の消費者金融会社や大手都市銀行系の消費者金融が増えている今、借りる所さえきちんと選べばそれほど危険なものではなく、キャッシングはとても便利なものだと思います。」

「過去に問題も無く、書類のミスもなく、借りる金額にも問題が無いのに審査に落ちている場合は、おそらく本人属性が低いと思われます。申込んだ、ローン会社や消費者金融よりも審査が緩いところを探しましょう。」

「プライドで生きてるみたいな男性が一番見栄を張りたい相手である"彼女"にお金を借りるという状況は、親兄弟や消費者金融なんかではもう既に借りられなくなってる場合がほとんどだからね。要するに、そいつはとっくに借金まみれって事であなたにお金は返ってこないし、金の切れ目で終わる縁だよ、それ」

確かに、彼女にお金を借りる男は詰んでいると思います。

おすすめの記事