テレビで見ない日はないフワちゃん人気…この現象はいつまで続く??

“勘違い芸人”フワちゃんをありがたがるテレビ局に喝!SNS人気は視聴率の下支えにはならない。

フワちゃんというのはどこが面白いのか、さっぱりわかりません。

ユーチューバー芸人を自称しながら、とくに芸があるわけでもなく、ワイドショーで気の利いたコメントをするでもないのです。

ただただ、傍若無人で下品な振る舞いが顰蹙を買って、それがウケていると勘違いしているだけなのです。

それでも今年上半期のテレビ出演は112本と出ずっぱりで、汗臭そうな格好を毎日見せられるのは、もうウンザリ…という人も多いでしょう。

ゲテモノを重宝がってる制作現場も

情けないのは、そんなゲテモノを、視聴率が取れそうだと重宝がっている制作現場でしょう。

たしかに、フワちゃんのユーチューブ個人チャンネル登録者70万人超が、みんな一斉に番組を見てくれれば、平均視聴人数を大きく押し上げるでしょう。

しかし、そもそも登録しているのはテレビ離れしている若者たちだから、視聴率に直結しないのです。

フワちゃんもレギュラー出演し、ツイッターのフォロワー300万以上というロンブーの田村淳をメインコメンテーターに起用したTBS系朝のワイドショー「グッとラック!」。

これが少しも視聴率が上向いてないのです。

そこを見れば、SNS人気はテレビの下支えにならないことがわかります。

“放し飼い”状態もそろそろ限界か

それでもバラエティー番組がフワちゃんを使うのはなぜなのか…。

「放送コードに引っ掛かることを平気で口にするので、制作スタッフは嫌がるのですが、MCのタレントが『番組がにぎやかになるから』と指名するんです。とくに、新型コロナウイルスでスタジオ収録が難しくなってからは、色とりどりのヘアピンにスポーツブラの彼女は、リモート出演の四角い枠の中にいても目立ちますからね。番組中に2、3回バカなことを言ってくれれば、それでいいんです」(番組制作会社ディレクター)

リモート出演は、本人にとっても好都合だったようです。

遅刻の常習犯で、生番組に穴をあけそうになることがしょっちゅうだったのですが、

自宅からの出演ならその心配も減るから、オファーが増えたのです。

しかし、“放し飼い”状態もそろそろ限界でしょう。

黒柳徹子のような大先輩を呼び捨てでイジっても、ここで怒ったら大人げないと、笑ってやり過ごしてもらっていましたが、

大御所の誰かが「いい加減にしろ!」と一喝したら、その瞬間にテレビ界から消えるのは間違いありません。

それでなくても、そろそろ飽きられているのではないでしょうか。

年末年始がピーク

「年末年始の特番にはあちこちに出演するでしょうが、それがピークでしょうね。ああいうキャラは1、2回使ったらおしまい。単品ではもう使い切ってしまっているので、お笑い芸人と組ませるとか、キャラが立った出演者にかませないと苦しくなっています」(前出のディレクター)

「マツコ会議」(日本テレビ系、7日放送)ではマツコ・デラックスと、

「まつもtoなかい~マッチングな夜~」(フジテレビ系、21日放送)ではローラと“対決”するのも、

相手を怒らせたフワちゃんが、ハハハハッと笑ってごまかすところを見せるという企画だったのでしょう。

もっとも、マツコあたりになると、そんな仕掛けには乗らず、逆にほめ殺しにしてしまいます。

どちらもキテレツが売りだけれど、年季が違うのです。

ネットの声

「こういう奇抜で下品な言動で大人には嫌われても、子供には好かれているなんてキャラはいましたが、フワちゃんが好きだという子供もほとんど見た事がない。
YouTubeでは人気あるということは、ほんの一部の支持者がいるのだろうけど、目上の人を平気で呼び捨てし、下品なふるまいは本当に生理的に受け付けない。
視聴者の想いをほとんど同意できる内容で代弁してくれて、すごくスッキリした記事でした。」

「ほんとに、どこが面白いのかさっぱりわからない。見た目も言動も、見ていて不快感しかない。
よく、テレビ関係者が好んで起用するタレントっているみたいだけどなんでこの人?と思うことも多くて見る側の感覚と、作る側の感覚に、乖離を感じるよね。」

「フワちゃんというのはどこが面白いのか、さっぱりわからない。ユーチューバー芸人を自称しながら、とくに芸があるわけでもなく、ワイドショーで気の利いたコメントをするでもない。ただただ、傍若無人で下品な振る舞いが顰蹙を買って、それがウケていると勘違いしているだけである。
全く同感で、この人を使っている限りテレビの未来は無いですね。」

キャラ的にフワちゃんを大好きという人もいれば、見るのも嫌いという好き嫌いがはっきりしますね。

おすすめの記事