家計に優しいハイブリッド車…実はそれほど貢献していない??

家計にメリットがないハイブリッド車! 噂されるEV優遇の「補助金」が電動化車両の普及に有効じゃないワケ

11月24日に新型日産ノートが発表されました。

今回発表された2代目はe-POWERユニット搭載車のみのラインアップということが注目されています。

しかし、メーカーを問わずハイブリッドユニット搭載車には、トヨタのアクアやプリウスのような専用車種もありますが、だいたいガソリンエンジン車もラインアップしているのです。

ハイブリッドの価格差をガソリン代で元を取るのは難しい

あくまで試算ですが、ひとつの数字をお見せします。

トヨタ ヤリスのハイブリッドZのメーカー希望小売価格は229.5万円、

一方ガソリンエンジンを搭載するZのメーカー希望小売価格は192.6万円となり、その価格差は36.9万円となっています。

そしてWLTCモードによる燃費では、ハイブリッドZが35.4km/L、ガソリンZが21.6km。

いまどきの下取り査定における、年間標準走行距離は1万kmを割り込むものとされているようですが、ここでは年間1万km走るとします。

すると、年間消費ガソリン量はハイブリッドZが約282リットル、ガソリンZが約462リットルとなり、

年間でハイブリッドが180リットルほどガソリンをセーブできることになるのです。

1リットルあたりのガソリン価格を130円とすると、セーブできるガソリン代は年間で2万3400円。

つまり、ハイブリッドの36.9万円高という価格差を取り返すには約16年かかることになります。

15年以上おなじクルマに乗り続けるひとはかなり少ないでしょう。

事実上ハイブリッドの価格アップ分をガソリン代で“元を取る”ことはできないことになります。

エコロジーはともかくエコノミーでオススメできない

現場のセールスマンは、

「いまどきはガソリン車の燃費もかなり良くなっております。以前から言われていますが、“エコロジー”の観点でハイブリッドのご購入を検討されているお客さまには何も言いませんが、“エコノミー”という観点で検討なさっているお客さまには、普段のおクルマの使い方をお聞きし、頻繁に遠隔地へクルマを使って出張するなど、走行距離がとくに多くなるような使われ方ではなければ、ガソリン車をおすすめするようにしております。だいたいの車種では、新型として登場したあとしばらくすると売れ筋はガソリン車になります」

とのことでした。

このセールスマンは、ガソリン代セーブなど、“エコノミー”の観点でハイブリッド車の購入を考える人が多く見受けられるとも話してくれました。

EV購入補助金を手厚くしても買える車種が豊富にない!

日本は電動化の分野でも諸外国に出遅れてしまいそうです。

アメリカや中国では、年間平均走行距離が4万kmほどになると聞いたことがあります。

一方の日本では、全体でみるとアメリカや中国ほど“距離を伸ばす”人は少なく、

諸外国から見れば、“ならし運転レベル”の走行距離で下取りや売却されることが多いため、それが海外で中古車として人気も高まっているのです。

ハイブリッド車を購入しても十分な経済的メリットを受けられる人は限られているのが現状であり、

販売現場では、そのようなひとたちにガソリンエンジンだけでなく、モーターまで載っているハイブリッド車は不要と判断するケースが多いようです。

EV補助を厚く

政府は2021年度から、BEV(純電気自動車)の購入補助金を最大80万円に引き上げる方針を決めたとの報道が流れています。

諸外国のようにFCV(燃料電池車)や、PHEV(プラグインハイブリッド車)も優遇が手厚くなる可能性も高いのです。

ただ一気にこれらの新エネルギー車への転換を図るには、日本よりはるかに手厚い購入補助を設け、

車種ラインアップも豊富となっている中国ですら思うような普及が進んでいないので難しいでしょう。

まずはHEV(ハイブリッド車)の普及をさらに進め、“とりあえずモーターのついたクルマに乗ってもらう”ということで、

HEVの購入補助を手厚くしないと、前述したように、“迷っているお客にはガソリン車を勧める”という現場の状況では、

車両電動化(HEV以外)の分野でも、日本は諸外国にますます出遅れることになりそうです。

さらに、そもそも論になるが“BEVに乗れ”と政府が音頭をとっても、

日系ブランドで満足に購入できるBEVが日産リーフしかないという現状をまずは早急に変えないといけないでしょう。

補助金を手厚くしても、HONDA e(現状では常時買えるわけではない)や海外ブランド車ではBEVはあるものの、

実質“リーフ購入補助金”になるだけです。

普及促進という側面では、あまり意味がないようにも感じます。

ネットの声

「借りてる駐車場で車通勤してる私としてはいつ充電するの?が課題。職場じゃ無理(会社から怒られる)、「自宅で」としても借りてる駐車場内に充電スポットある訳でもないので物理的に無理。どうすればいいの?
出勤途中で充電してたら何時間前に自宅出なければならないの?帰宅時なんて早く帰りたいんだから嫌だよ。どうすればいいの?休日に充電の為に充電スポット行くの?嫌だよ。」

「まあ、なんというか 本気でそう思っているのならば「アホ」としかいいようがない。電動車両が普及しない理由は補助金があっても車種が少ないから買えないとかじゃあ、なぜ車種が少ないのかそこまで言わないのは、言えないのか思いつかないのか。電気自動車にかわることによってデメリットだらけだから買わない。消費者は馬鹿じゃないのでデメリットだらけなのを理解している。急速充電30分で150kmくらいの距離が充電される。給油だと3分で750km(ハイブリッド)時間効率にして1/50しかない。 長期連休前や連休中とか給油渋滞ができるけど充電だとどうするの? 充電待ち2時間とかざらになるよ」

「ハイブリッド車はエンジンがあり、その余熱を車内の暖房やフロントガラスに付着する氷雪の融雪に使えるが、純EV電動車両はこれらの熱源をバッテリーからの電力に頼ることになる。北海道、東北、日本海側の地域では、車内暖房と融雪熱源にバッテリーからの電力を使う分、一充電による走行距離は少なくなるということになるという認識で良いのか?メイカー側からの回答をお願いしたい。」

進んでいる日本の技術であるハイブリッドをもっと突き詰めるという方法もありそうですが。

おすすめの記事