へずまりゅう氏が被害届…街頭演説を妨害されて

「逮捕じゃ!」参院補選出馬中のへずまりゅう氏が女性に絡まれ警察沙汰

参院山口選挙区補選(24日投開票)に「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)公認で立候補している元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう氏(30)が10月10日、山口・周南市のJR徳山駅前での街頭演説会を女性に妨害され、警察に通報する〝事件〟が起きたのです。

へずま氏がツイッター更新

へずま氏は「【大事件発生】選挙にて女にマイクを奪われて胸に強く当てられた!現在被害届を出して警察と事情聴取中!」とツイッターを更新しました。

へずま氏によれば、この日、午後1時から駅前の噴水広場で、街頭演説を行っていました。

マイクの調子が悪く、拡声器で事前に録音していた音声テープを流していたそう。

マイクを突きつけられた!?

すると女性が「なんでマイクで話さんのか」とへずま氏に突っかけ、押し問答に。

女性から「許可を取っているのか?」と難癖をつけられた揚げ句、マイクを奪われ、へずま氏の胸に突き付けられたのです。

「動画だと軽く見えるかもしれないが、強めにどしっときた」(へずま氏)。

体重130キロあるへずま氏は大きく後ろにのけぞったのです。そ

の後、へずま氏は「犯罪者だ! 逮捕じゃ!」とシャウトし、街頭演説会は中断を余儀なくされました。

公職選挙法に抵触も

候補者の集会、演説を妨害するなどした場合、公職選挙法に抵触する可能性があります。

事前に選挙妨害された場合の対処について、把握していたへずま氏は警察にすぐさま通報。

その後、女性と同行していた男性が警察に事情聴取されたということです。

へずま氏も交番で警察から事情を聴かれ、夜には被害届を提出する意向。

ネットの声

「今までここの党がやってきた手法そのままだね。マイクの調子ではなくまともに話せないから原稿読みを録音した音声を流す。聴衆を挑発して警察沙汰にする。地元の人はきちんと考えて投票先を決めて欲しい。」

「忘れられないために、とにかく忘れられないために、どんな小さなことでも騒ぎに仕立てて、なんとか注目を集めようとする。それしか能がない、かわいそうなひと。」

「自分が逮捕された経験と立花を味方にしたことで、ヘズマは何かあれば警察を自宅のセコムと同じ感覚で使うようになった。」



おすすめの記事