ヒロミ “コロナ離婚”の心配なし!

「『毎日、朝から晩まで一緒にいられる』と、ママは喜んでる」

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。

毎週木曜日は、文筆家の古谷経衡さんとお届けしています。

4月23日(木)の放送では、タレントのヒロミが生電話でゲスト出演し、コロナ禍での家族との過ごし方などについて話しました。

芸能界にも大きな影響

芸能界にも大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。

ヒロミは「仕事は、9割方お休み。週に1、2回の生放送くらい。僕は1人で遊ぶ環境もあるので、有意義に過ごしています」と現状を伝えています。

緊急事態宣言の発令によって、多くの人がこれまで以上に家族で過ごす時間が増えています。

結果、一部では家庭内暴力(DV)の増加や「コロナ離婚」が報じられていますが、ヒロミ家では「うちは何もない。(外出自粛生活を)楽しんでいる」と言います。

一緒にいられるのが幸せ

「普段、家族が全員揃うこともあまりないので、『毎日、朝から晩まで一緒にいられる』と、うちのママ(タレントの松本伊代さん)は喜んでいる。盛り上がっています」と笑うヒロミ。

家庭円満の秘訣は「ありがとう」「すごいね」など、普段伝えられない感謝を口に出すことだそうです。

「『夫婦ごっこ』みたいだけど、相手も嫌な気持ちじゃないから、盛り上がるんだよね。うちのママの料理は安定感がないけど(笑)、それでも『うわ、これうまいね!』 とか普段言っていないと、最初は『何言ってんの!?』とかなるけど、『今日のご飯はこれまでで一番うまいわ』とか毎日言っていると、楽しめる」と話します。

ヒロミチャンネルではプレゼント大作戦も…

この投稿をInstagramで見る

 

パパのYouTubeに お手伝いで、 でてまーす。 https://youtu.be/b69g24DP24M #ヒロミファクトリーチャンネル #YouTube #楽しかった

松本伊代(@iyo14_official)がシェアした投稿 -

家族でゲームも

また、20歳を超えた子どもらを含め、家族で卓を囲みゲームに興じることもあるとか。

高橋みなみは「子どもたちが大きくなったからこそできる、コミュニケーションの時間もありますね」と、ヒロミさんの前向きな姿勢をたたえていました。

また、番組では「#stayhome #staytuned」と題してアーティストへ生電話をつなぐ時間も。

この日は、4ピースバンド「緑黄色社会」のギターボーカル・長屋晴子さんが今の声を届けていました。

最近、ハマっているのは筋トレだそう。

学生時代は文化部で「運動らしい運動をしてこなかった。人に会わない今だから、体をかっこよくしておこうかな、って」と笑います。

バンドメンバーとはオンラインでつながりネットに動画を投稿するなど、会えない時間もバンド活動は欠かしません。

「家にいるみんなに楽しんでもらえたら」とファンへの気遣いが垣間見えました。

ネットの反応

「朝から晩まで一緒にいられるのが嬉しいなんて、なんて幸せなご家庭でしょうか。そんな気持ちになるなんて本当に羨ましい。
うちは真逆で本当にずっと家にいられるのがストレスでしかないです。」

「だってヒロミ、めちゃくちゃ嫁思いだもん。リフォーム番組出てる時も「ママが ママが」ってずっと言ってるし、本当に嫁のこと大事にしてると思う。あんだけ愛されてたら、そりゃずっと一緒にいたくなるよ」

「うちは休めない業種だからいつもと同じだけど、今年はゴールデンウィークは休みになるようなので、一緒にずっと居られるのが嬉しいです。お家焼肉しよう!とか産まれる赤ちゃんのお部屋の準備しよう!と家に居られる時間を楽しみたいと思ってます。」

伊代の悪妻(天然)ぶりがすごいと評判ですが、仲が良いのはヒロミが寛容だからなのは間違いなさそうです。

おすすめの記事