男運のなさは芸能界ナンバーワン!?飯島直子の夫の不貞疑惑!

飯島直子、夫の「路チュー不貞」相手の“勤務先はガールズバー!?”に漂う違和感は何??

夫の不貞相手の勤務先はガールズバー

女優・飯島直子の夫と、相手の女性は舞台女優

夫の不貞疑惑を10月29日発売の「週刊女性」が報じています。

記事によると、飯島は2001年、TUBEの前田亘輝と離婚

離婚の原因は、前田の夜遊びと見られていました。

飯島直子は、05年には東京・歌舞伎町にある接客店の従業員と交際が発覚

新車のベンツなど総額3億円を貢いだといわれています。

しかし、その相手とも07年に破局

その後、12年に現在の夫である不動産会社を経営する1歳年上のO氏と再婚したのです。

結婚生活は順調かに見えました。

しかし、1年ほど前からO氏は毎晩のように飲み歩くようになったのです。

そして、ガールズバーで働く舞台女優の平塚真由と出会いました。


O氏は積極的にアプローチ。

まもなく親密な関係になるのです。

誌面では2人の路チュー現場や、ぴったりと寄り添って歩く姿の写真が掲載され、恋人同士にしか見えません。

ことごとく男に裏切られてきた印象がある飯島直子…。

今回の夫の不貞相手は、ガールズバーで働く舞台女優。

ジャンルは違えど、不貞相手が飯島直子と同じ女優であったことにも驚かされます。

そして、それ以上に違和感を覚えたのは、平塚真由の年齢とガールズバー勤務ということです。

「ガールズバーは、女性バーテンダーらによるショットバーです。クラブのように客の隣に座ることはなく、カウンター越しに接客します。ただし、〝ガールズ〟と呼ばれているように、スタッフは若い女性が中心。ほとんどのガールズバーのバーテンダーは20代からせいぜい30代前半です。しかし『週刊女性』の報道によると、平塚は39歳。アラフォーのガールズバーの店員はかなり珍しいのではないでしょうか」(男性娯楽誌ライター)

40歳手前でも周囲の“ガールズ”に負けずに見初められるくらい、平塚が若々しく魅力的ということでしょう。

不貞現場の一部始終

10月下旬のある日の夕方、手をつないで都内の川沿いを歩く男女の姿がありました。

しばらくすると、高級中華料理店に入っていく二人。

年は離れていますが、普通の仲むつまじいカップルに見えます。

ただ、男は飯島直子の夫で、連れているのは飯島ではないのです。

このふたりが、ただならぬ関係だということは、すれ違う人たちも誰も気づいていないでしょう。

飯島直子は'88年に『11PM』(日本テレビ系)のカバーガールとしてデビュー。

缶コーヒー『ジョージア』のCMで大ブレイクしました。

『人生は上々だ』(TBS系)など多数のドラマに出演し、“癒し系女優”として人気となったのです。

順調に芸能界のキャリアを築いていった飯島直子ですが、プライベートは順調とは言い難いものがありました。

「'97年にTUBEの前田亘輝さんと結婚。ハワイで盛大な式を挙げましたが、4年後の'01年に離婚します。前田さんと離婚したのは価値観の違いからすれ違いができたと言っていましたが、実際には前田さんの夜遊びが離婚の原因だったという話です。毎日のように仲間と飲み歩いてほとんど家に帰ってこない夫を、飯島さんは手料理を作ってひと晩中、待ち続けていたそうですよ」(スポーツ紙記者)

離婚後もさらに苦難は続きます。

前述した'05年には歌舞伎町のとあるホストと交際がスタートしたのです。

「飯島さんはしっかりしてそうに見えますが、けっこう寂しがり屋なところがあるみたいで、当時は心底ホストの彼に惚れ込んでしまっていました。2億円以上の高級マンションや新車のベンツなどを買い与えたりして、貢いだ総額は3億円とも言われています。周囲が心配し、親友の小泉今日子さんの説得などもあって、'07年に破局しました」(同・スポーツ紙記者)

それ以降、長らく“報われない”体質だった飯島直子が'09年に出会った男性こそ、現在の夫であるO氏だったのです。

「不動産会社を経営する1歳年上のO氏とは、都内のバーで知り合い、3年間の交際を経て'12年の12月に再婚しました。芸人の山口智充さんに似た優しそうな感じの方ですよ」(芸能プロ関係者)

2度目の結婚生活は順調でした。

飯島直子は仕事をセーブして、夫婦生活を優先。

テレビドラマでは、'12年と14年の『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)で主要キャストを演じ、'13年に『いつか陽のあたる場所で』(NHK)で上戸彩とダブル主演を務めたのが目立つくらいでした。

「'16年に放送されたフジ系のバラエティー番組『ウチくる!?』で、飯島さんは夫との関係について話していました。“ラブラブとかそういうのはない”と言っていましたが、O氏から寄せられたコメントで、どんなに忙しくても“いってらっしゃいのキス”と“おやすみのキス”を(飯島から)3回させられていることが発覚。飯島さんは恥ずかしがっていましたが、コスプレ姿の写真が紹介されるなど、仲のよさが伝わってきました。豪華なタワーマンションの自宅を公開したこともあり、幸せな結婚生活をアピールしていましたね」(前出・スポーツ紙記者)

しかし、結婚から7年。相思相愛だったはずなのに、彼の心は飯島から離れていたのです。

「舞台女優としても活動している平塚真由さんという女性と、親密な関係になったんです。1年くらい前から、彼は毎晩のように飲み歩くようになり、そこで出会ったのが彼女でした」(Oさんの知人)

渋谷区内にあるガールズバーで働いている平塚。

O氏の積極的なアプローチには周囲も目を疑ったということです。

「Oさんは平塚さんの仕事が終わった後に飲みに行ったり、一緒にゴルフをプレーしたりするように。間もなく男女の関係になり、彼女の自宅マンションで過ごすことも多くなっていきました。平塚さんはOさんが結婚していることに後になって気がついたようですが、彼は“離婚する”と話していたそうです。彼女もOさんにゾッコンでしたから、いつかは自分と再婚してくれると思っていたんでしょうね」(同・Oさんの知人)

平塚のことはともかく、飯島は夫がガールズバーに通っていることは知っていたというのです。

「昨年末、Oさんが酔いつぶれていたところに飯島さんが迎えにきて連れ帰ったことがありました。店に出ていた平塚さんは一部始終を見ていて、ちょっと気持ちが冷めてしまったといいます。それで関係が崩れかけたそうですが、結局、別れることはありませんでしたね」(同・Oさんの知人)

「否定も肯定もしません」

冒頭の手つなぎデート当日も、ふたりは朝から平塚のマンションで過ごしていました。

午後6時前にそろって外出すると、歩いて10分ほどの中華料理店に入る…。

ビールやウイスキーを飲みながらフカヒレスープや国産牛ロースの野菜唐辛子煮などを楽しんだのです。

会話は平塚が働くガールズバーの話題などが中心。


O氏が平塚に料理をサーブするなどして恋人同士のように見えます。

店内は禁煙なので、ふたりはたびたび外に出て灰皿のある喫煙スペースへ。

タバコを吸い終わると、平塚が慣れた様子でO氏の頬に唇を寄せてキスをする場面も。

大胆“路チュー”と“恋人つなぎ”で夜の街を行く飯島直子の夫・O氏と平塚真由…。

午後8時過ぎに会計をすませ、店から出てきたふたりを直撃した。声をかけると立ち止まったのですが、記者だと名乗ると苦笑しながら歩き始めます。

「素人にもこういうことするんだ?」

とO氏がつぶやいたので、

「不倫相手の方が女優で、奥さまが飯島直子さんですから」

と説明すると、納得したような顔に。

─平塚さんとは、1年以上、不倫関係にありますよね?

「否定も肯定もしません」

─平塚さんは結婚したいようですが、飯島さんと離婚されるおつもりですか?

「…………」

その後は、何を聞いても苦笑するばかり。その間、平塚は少し離れたところからこちらを見ていたのです。

特に驚いたそぶりもありませんでしたが、O氏と目を合わせるとそのままどこかへ歩いていってしまった平塚真由。

O氏も笑みを浮かべながら、タクシーに乗って去っていきました。

では、当の平塚はどのように思っているのだろうか。O氏への直撃から3日後、彼女の自宅マンションを訪ねた。

─平塚真由さんですね?

再直撃を受けた平塚も明言はせず、逃げるようにその場を去った。

玄関から出てきたところを呼びかけると、気まずそうに小走りになったのです。

「ふたりの関係は?」
「あれからOさんと連絡はとりましたか?」
「奥さんが飯島直子さんということは知っていますか?」

と問いかけるが、耳にイヤホンを押し込みながら聞こえないフリをする平塚真由。

─この件に関しては、ノーコメントということですか?

最後の質問に黙ってうなずき、足早に去っていきました。

飯島の所属事務所にも、O氏の不倫について問い合わせたのですが、期日までに返答はなかったということです。

夫に裏切られてしまった飯島は、'20年1月に公開される映画『太陽の家』で、長渕剛が演じる大工の棟梁の妻を演じています

「テーマは“優しさ”で、“大切な人”や“家族” への愛を描く感動作です。長渕さんの役は、やんちゃだけれど人情に厚い男。飯島さんは、不器用な彼を支えるしっかり者の女房という役どころですね」(映画ライター)

映画では彼女の努力が報われるようですが、現実の夫婦生活はハッピーエンドを迎えられるのでしょうか…。

ネットの反応

「飯島直子みたいないい女と結婚してても浮気するもんですかね。不思議でしょうがない気がする。いい機会だしこんな男とは別れて欲しいと思う。」

「飯島直子さんあまり男運ないのかなぁ。きっとこの記者さんも飯島直子さんのファンのような気がします。追いかけすぎですが、不倫する人達にはそれくらいしてもいいと思います。飯島直子さん幸せになって欲しいです。」

「こういう人って浮気されるとわかっていても遊び人を好きになってしまうんだよね。浮気しないような真面目な人は好きにならない」

確かに、こういうタイプの男性を好きになるのが、飯島直子の性分のような気がしますね。

おすすめの記事