伊集院光が妻を見初めたきっかけ…プロポーズも絶賛!

伊集院光、妻を見初めたきっかけに反響「この人に責任取ってもらわないと」プロポーズにも絶賛の声があがっています。

『川柳居酒屋なつみ』に出演

タレントの伊集院光が25日深夜、『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)に出演し、妻との馴れ初めを語って反響を呼んでいます。

元アイドル歌手の篠岡美佳さんを妻に持つ伊集院光。

出会いのきっかけは、番組での共演だったと告白したのです。

伊集院は「勝手に好きだった」そうですが、共演者やスタッフが仲がいい番組だったため、「失敗した時、目も当てられない」と、想いを伝えずにいたそう。

ヘルニアから…

しかしある日、「デブをこじらせてすごいヘルニアになり、歩けなくなっちゃった」ことがあり、座薬を入れて痛みを抑えていたそうです。

そして、妻も含めてみんなで遊んでいた際、座薬の効果が切れてしまったというのです。

伊集院光は「ちょっと悪いけどみんな帰ってもらえないかな」と帰宅を促します。

しかし、妻だけが様子がおかしいと気づき、一度場を離れたものの、再び伊集院の元へ戻ったのです。

伊集院光は妻が戻ってきた時、「のたうち回りながら座薬を入れようとしていた」そうです。

それを見た妻が、伊集院の肛門に座薬を入れてくれたのです。

伊集院はそんな妻の行動に感激し、「この人に責任取ってもらわないと」という気持ちになったそうです。

”座薬事件”後、伊集院は告白をしようとしたのですが、その時、妻は「付き合っている人がいた」のです。

そこで、「もしフリーになったら連絡して欲しい」と懇願。

妻が恋人と別れた後は「色々と頑張って」交際に至りました。

何度かプロポーズをはぐらかされながらも

なお、プロポーズは「長野のホタルを養殖している池」にサプライズで妻を連れて行き、「これまでは一人でこの場所に来ていたが、これからは2人で見たい」と言ったそうです。

しかし、妻はホタルを指差し、「虫やでこいつら」とはぐらかします。

その後も何度かプロポーズをはぐらかされることが続いたのですが、最終的には結婚に至りました。

このエピソードを聞き、ネット上では

  • 「素敵すぎる」
  • 「伊集院の馴れ初め話なんか好き」
  • 「座薬を入れるって奥さんすごい」
  • 「奥さん面白い」

などの声が挙がっていました。

豊富な知識を生かしたトークで人々を楽しませる伊集院光だが、妻のエピソードでも視聴者らを楽しませたようです。

ネットの声

「伊集院信者歴30年近いオッサンですが、奥様は元アイドルですよ。度々トークで奥様の話題がでますが、良い意味でキャラクターの立ってる方です。伊集院さんら曰く、コミュニケーション能力が抜群。」

「奥さんすげー美人だったな。一般人だからメディアには滅多に登場しないが深夜の馬鹿力に出演した時は伊集院が終始デレデレだったなww仲いいんだろうな。」

「ここの夫婦は本当に仲睦まじそうでうらやましい。だいたい嫁の実家紹介する時に「台風中継でバックに映るようなところ」って行ってるの面白い。」

素敵なおしどり夫婦だと思います。

伊集院はラジオのトークで才能が発揮されてますね。

おすすめの記事